わかめ丼のレシピ。家事ヤロウで話題の橋本マナミさんの節約料理。

投稿日:2018年11月7日 更新日:

わかめ丼

わかめ丼のおすすめレシピをご紹介します。

タレントの橋本マナミさんが考案した「橋本家伝統の味 ワカメ丼」です。

このお料理は、橋本さんが17際で上京した頃、下積み時代によく食べていたそうです。
もともとは、橋本さんのお母様が考案したメニューだそうです。

特筆すべきは、材料費の安さ。
1食分がたったの6円で作れます。

しかも簡単で美味しい。
わかめは生でも食べられますが、ほんのひと手間かけてフライパンでさっと炒めると、美味しく仕上がります。

調理時間は8分です。

(一部情報元:テレビ朝日「家事ヤロウ!!!」2018年11月7日放映)

わかめ丼の作り方

わかめ丼

「橋本家伝統の味 ワカメ丼」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4人分:調理時間8分】
乾燥ワカメ ※1 15g
ごま油 ※2 1周半
醤油 2周半
白だし 適量
ご飯 茶碗4杯分
白ごま 好みで適量

※1 ワカメは水で戻して使用する。
※2 オリーブオイルで代用すると洋風になる。

作り方
  1. ワカメをフライパンで軽く炒め(油は引かない)、水気が無くなったら、ごま油を回し入れる。
    さらに醤油と白だしを加え、炒め合わせる。
  2. ご飯を茶碗に盛り、1をのせる。好みで白ごまを振ったらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

わかめ丼の作り方

わかめ丼の作り方
まず、乾燥ワカメ(15g)をあらかじめ水で戻し、水気を切っておきます。
乾燥ワカメは、ものにも寄りますが、だいたい5分くらいで戻ります。

乾燥わかめの戻し方


わかめ丼の作り方
【工程1】
次に、ワカメをフライパンで軽く炒めます。

フライパンに油は引きません。


わかめ丼の作り方
ワカメの水気が飛んだら、ごま油(1周半)を回し入れます。

ごま油は、フライパンに1周半を目安に、適量を使ってください。


わかめ丼の作り方
続いて、醤油(2周半)と白だし(適量)を加えます。

白だしの量は、風味付け程度にほんの少しでいいですよ。


わかめ丼の作り方
そして全体を炒め合わせます。

少し強めの火加減で、醤油をさっと焦がすような感じで炒めると、香ばしさが加わって美味しいです。


わかめ丼
【工程3】
最後にご飯(4杯分)を茶碗に盛り、炒めたワカメをのせます。

お好みで白ごま(適量)を振ったら完成です。

ワカメの優しい磯の香りに、ごま油と醤油が絶妙にマッチして、文句なしで美味しいですよ。

わかめ丼のレシピをもう1品

わかめ丼

最後に、わかめ丼のおすすめレシピをあともう1品紹介します。

料理研究家の小田真規子さんが考案した「わかめ豆腐明太子丼」です。

このわかめ丼は、わかめの他に、たっぷりの豆腐と明太子を使います。

冒頭でお伝えした橋本さんのレシピは、フライパンでわかめをさっと炒めますが、この小田さんのレシピは、火を一切使いません。
たったの3分で完成します。

ほっとするような優しい味わいの丼料理で、朝食におすすめです。

関連レシピ