干し芋のアレンジレシピ2選。おしゃれな洋風料理に簡単リメイク。

投稿日:

干し芋のアレンジレシピ

干し芋の美味しいアレンジレシピを2品ご紹介します。

料理研究家の青木敦子さんが考案した「干しいもとアスパラの生ハム巻」と「干しいもとエビのオリーブオイル煮」です。

どちらも、干し芋のリメイク料理とは思えない、本格的な洋風おかずに仕上がります。
パンとワインがよく合いますよ。

「干しいもとアスパラの生ハム巻」は、干し芋とアスパラを生ハムで巻き、さっと焼いて、マリネソースをかけていただきます。
甘みと酸味のコントラストを効かせた味付けで、飽きの来ない美味しさです。
生ハムの塩気とソースの爽やかな酸味で、干し芋の自然な甘みがぐっと引き立ちます。

一方の「干しいもとエビのオリーブオイル煮」は、まろやかで優しい味が特徴です。
にんにくの風味がじんわり染みたオイル煮で、干し芋の穏やかな甘みがしっくり合います。

(一部情報元:NHK「あさイチ」2018年11月12日放映)

干しいもとアスパラの生ハム巻オススメ!

干し芋のアレンジレシピ

まずご紹介するのは「干しいもとアスパラの生ハム巻」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4人分:調理時間15分】
アスパラガス 8本
干し芋(平干し) 4枚
生ハム 8枚
オリーブオイル 大さじ2
マリネソース
パプリカ(赤・黄) 各1/8個
玉ねぎのすりおろし 大さじ2(20g)
オリーブオイル 大さじ4
ワインビネガー 大さじ2
マスタード 小さじ2
小さじ1
はちみつ 小さじ1
作り方
  1. アスパラガスの下半分の皮をピーラーでむき、半分に切る。
    生ハムを縦半分に切り、干し芋をアスパラと同じくらいの大きさに細長く切る。
  2. アスパラと干し芋を生ハムで巻く。
  3. フライパンにオリーブオイルを入れ、2を並べ、2分ほど焼く。
    焼き色が付いたらひっくり返し、フタをして弱火にし、4〜5分ほど蒸し焼きにする。
  4. 【マリネソースを作る】パプリカ以外のマリネソースの材料をボールに入れ、少しとろみが付くまで混ぜる。みじん切りにしたパプリカを混ぜる。
  5. 3に4をかけたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

干し芋のアレンジレシピ
【工程1】
まず、アスパラガス(8本)の下半分の皮をピーラーでむき、半分に切ります。

そして、生ハム(8枚)を縦半分に切り、干し芋(4枚)をアスパラと同じくらいの大きさに、細長く切ります。

ちなみに生ハムが小さい場合は、半分に切らずに、倍量(16枚)を使うとちょうど良いです。


干し芋のアレンジレシピ
【工程2】
次に、アスパラと干し芋を生ハムで巻きます。

生ハム(1切れ)の上に、アスパラと干し芋(各1切れ)をのせ、くるっと巻きます。


干し芋のアレンジレシピ
【工程3】
続いて、フライパンにオリーブオイル(大さじ2)を入れ、生ハム巻きを並べ、2分ほど焼きます。


干し芋のアレンジレシピ
2分ほど経ち、片面に焼き色が付いたら、ひっくり返します。


干し芋のアレンジレシピ
そしてフタをして、弱火に落とし、4〜5分ほど蒸し焼きにします。


干し芋のアレンジレシピ
【工程4】
次に、マリネソースを作ります。

まず、玉ねぎのすりおろし(大さじ2)・オリーブオイル(大さじ4)・ワインビネガー(大さじ2)・マスタード(小さじ2)・塩(小さじ1)・はちみつ(小さじ1)をボールに入れ、少しとろみが付くまで混ぜます。

そして、みじん切りにしたパプリカを加え、よく混ぜます。

これでマリネソースができました。


干し芋のアレンジレシピ
【工程5】
最後に、生ハム巻きにマリネソースをかけたら完成です。

このお料理は、酸味を少し効かせたマリネソースと生ハムの塩気が、干し芋とアスパラの自然な甘みとすごく良く合います。
とても美味しいです。

彩りもきれいなので、パーティーのお料理としてもおすすめです。

干しいもとエビのオイル煮優しい味!

干し芋のアレンジレシピ

次にご紹介するのは「干しいもとエビのオリーブオイル煮」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4人分:調理時間16分】
エビ 12尾
パプリカ(赤・黄) 各1/2個
マッシュルーム 8個
干し芋(平干し) 4枚
にんにく 3片
塩・こしょう 適量
オリーブオイル 150〜200ml
ローズマリー 2枝
作り方
  1. エビの背わたを取り、背中の部分に少し切り込みを入れる。
    パプリカ・干し芋を一口大に切り、にんにくを薄切りにする。
  2. エビ・パプリカ・マッシュルーム・干し芋に、塩・こしょうを振る。
  3. 2・にんにく・オリーブオイル・ローズマリーをフライパンに入れ、10〜12分ほど強火で煮たらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

干し芋のアレンジレシピ
【工程1】
まず、エビ(12尾)の背わたを取り、背中の部分に少し切り込みを入れます。

エビの背わたの取り方は、リンク先を参考にしてください。
エビの背中には、上の写真のように、軽く包丁を入れます。そうすると、火の通りが早くなり、味染みが良くなります。

そして、パプリカ(赤黄各1/2個)・干し芋(4枚)を一口大に切り、にんにく(3片)を薄切りにします。


干し芋のアレンジレシピ
【工程2】
次に、エビ・パプリカ・マッシュルーム(8個)・干し芋をボールに入れ、塩・こしょう(各適量)を振ります。


干し芋のアレンジレシピ
【工程3】
続いて、ボールの中身・にんにく・オリーブオイル(150〜200ml)・ローズマリー(2枝)をフライパンに入れます。


干し芋のアレンジレシピ
そして、強火で10〜12分ほど煮たら完成です。

オリーブオイルの量は控えめなので、たまに全体を混ぜながら火を入れるといいですよ。

【調理のポイント】
干し芋は煮崩れしにくいので、煮込みにも向いています。

干し芋のアレンジレシピ
干し芋の優しい甘みがしっとり馴染んだオイル煮ができます。

このお料理は、パンと合わせていただくのがおすすめです。


干し芋のアレンジレシピ
しばらく置くと、味がより馴染んで美味しくなるので、作り置きするのもいいですよ。

オリーブオイル煮の日持ち

日持ちは、冷蔵保存で3日くらいと考えると良いと思います。

関連レシピ