やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

横浜山手・えの木ていの「チェリーサンド」。お土産にする場合は、要冷蔵ですから気をつけて。

投稿日:2014年4月20日 更新日:

「横浜山手 えの木てい」のチェリーサンド
横浜の山手地区にある「えの木てい」の看板商品、「チェリーサンド」をご紹介します。

「横浜山手 えの木てい」のチェリーサンド
「えの木てい」は、昭和2年に建築されたイギリス様式の洋館カフェ。
みなとみらい線「元町・中華街」駅から徒歩8分。洋館が点在する山手らしい雰囲気のあるエリアにお店はあります。

店内は1階がカフェ、2階がテイクアウト用のコーナーになっています。

「横浜山手 えの木てい」のチェリーサンド
チェリーサンドは、「えの木てい」の人気ナンバーワン商品。旅行ガイドでも決まって紹介される、地元横浜の有名なお菓子です。

「横浜山手 えの木てい」のチェリーサンド
お店では1個から買えます。248円。
厚さは2センチくらい。かなりボリュームがありますよ。

「横浜山手 えの木てい」のチェリーサンド
サクサクとしたクッキー生地にサンドされているのは、フレッシュバタークリームとダークチェリージャム。

甘さは全体的にかなり控えめです。
クッキー生地・クリーム・ジャムをそれぞれ別々に味見してみたところ、意外なことに、まわりのクッキー生地が一番甘かった。バタークリームとチェリージャムは、こう言ってはなんですが驚くほど甘みがない。
それらを一緒に口に入れると、とてもバランスが良くて美味しいんです。

また、クッキー生地とクリームの味のコントラストは、甘さだけでなくバターの風味にもはっきりとあらわれています。
クッキー生地はバターの風味がゆたか。その代わり、中のバタークリームはバターの風味に気づかないくらいあっさりとしています。これがまたいいんでしょうね。バタークリームが苦手な方でも、これだったら美味しくいただけますよ。
ただ、チェリージャムは、個人的にもう少し甘さと風味が欲しいと感じます。

ところで、この「チェリーサンド」、旅行ガイドではお土産としてよくすすめられる商品ですが、実は要冷蔵品です。
ですから、長時間持ち歩く場合には、お土産に向きません。カフェで食べて帰りましょう。
えの木ていのオンラインショップで購入することもできますよ。

おすすめ記事

横浜駅の花屋11軒!常連客が教える徒歩5分以内の花屋さんまとめ。

横浜駅の近くにある花屋さんをご紹介します。駅から500メートル(徒歩5…

超激安の花屋さん「ワールドフラワー」。川崎・横浜・大和・鎌倉にお店があります。

「ワールドフラワー」は、私が日頃よく利用する、おすすめの花屋さん。現在…

横浜のシーバスのヘビーユーザーです。観光船からの眺めを豊富な写真で紹介。

横浜の観光船「シーバス」には通算でもう20回以上乗っています。わりとヘ…

横浜・喜久屋の「ラムボール」が美味しい!横浜の使える手土産No.1。

横浜の喜久屋のラムボールが美味しいのでご紹介します。元町に店を構える老…

横浜の超人気ピザ店「シシリヤ」。なかなか予約が取れませんが、最高に美味しいピザがいただけます。

横浜の関内にあるイタリア料理店「シシリヤ」でピザを食べました。こちらの…

横浜中華街で本格インド料理。「シタール」で、ゆったりとランチ。

昨日、横浜中華街に遊びに行きました。いやぁ、すごく混んでいました。お花…

横浜の「山手234番館」。関東大震災後の復興事業の一環として建てられた、外国人向けの共同住宅

横浜・山手地区の洋館が点在するエリアの、ちょうど真ん中あたりに位置する…

横浜・山手の西洋館「エリスマン邸」。山手洋館に関する資料館があります。

横浜・山手にある洋館の1つ「エリスマン邸」は、同地区最大の洋館「ベーリ…

横浜中華街の「関帝廟」は、商売繁盛のご利益あり。華やかなガラス細工の屋根飾りは必見です。

今日は、横浜中華街の中にあるお参りスポット、「関帝廟(かんていびょう)…

横浜の山手111番館。「藤の花」と「真っ赤な紅葉」を同時に楽しめる、新緑の季節の洋館をご紹介します。

横浜の山手地区には、7つの洋館があります。今日は、その中でもとりわけ可…

山手の西洋館「ベーリックホール」。昭和初期に建てられた大邸宅。

今日は、横浜の山手にある「ベーリックホール」という西洋館をご紹介します…