やまでら くみこ のレシピ

テレビで話題の人気レシピをメインに紹介しています。

横浜中華街の「関帝廟」は、商売繁盛のご利益あり。華やかなガラス細工の屋根飾りは必見です。

投稿日:2014年4月23日 更新日:

関帝廟
今日は、横浜中華街の中にあるお参りスポット、「関帝廟(かんていびょう)」をご紹介します。煌びやかな廟堂は、一見の価値がありますよ。


関帝廟
横浜中華街の「地久門」の近くにある「関帝廟」。目の前の通りは「関帝廟通り」と呼ばれています。

関帝廟
ここに祀られている神様は、三国志で有名な武将関羽。
関羽は、信義や義侠心に厚い武将として名高い方だそうです。

関帝廟
こちらの廟堂にお参りをすると、商売繁盛のご利益があると言われています。

でも、商売繁盛と主神の武将関羽、どういう繋がりがあるのだろう?
ふと疑問に思い調べてみました。

ウィキペディアによると、「関羽は塩の密売に関わっていたという民間伝承があり、義に厚いとされる事から、商売の神として祭られた」そうです。
「義に厚いこと」が、商売を成功させる秘訣だと考えられているんですね。勉強になります。

関帝廟
ところで、現在の関帝廟は、1990年につくられたもので、四代目に建てられた廟堂だそうです。
ちなみに一代目は、1971年に完成するも関東大震災で崩壊。二代目は戦災で、三代目は不審火で焼失したそうです。

関帝廟
本殿に入って参拝する場合は、境内で「線香」と「金紙」を購入します。

参拝の仕方は次の通り。
まずは、外にある5台の香炉に、順番に従い各1本ずつ線香を立てて身を清めます。
本殿に入ったら、神様に「金紙」をお供えして願い事を。終わったら「金紙」は、外の金炉で燃やします。
詳しい参拝方法は、関帝廟HPを参考にしてください。

関帝廟
写真右に見えるのが「金炉」。中では金紙が燃えています。

関帝廟
煌びやかな屋根飾りは、ガラス細工でできているそうですよ。これは必見です。

おすすめ記事

横浜駅の花屋11軒!常連客が教える徒歩5分以内の花屋さんまとめ。

横浜駅の近くにある花屋さんをご紹介します。 駅から500メートル(徒歩…

超激安の花屋さん「ワールドフラワー」。川崎・横浜・大和・鎌倉にお店があります。

「ワールドフラワー」は、私が日頃よく利用する、おすすめの花屋さん。 現…

横浜のシーバスのヘビーユーザーです。観光船からの眺めを豊富な写真で紹介。

横浜の観光船「シーバス」には通算でもう20回以上乗っています。 わりと…

横浜・喜久屋の「ラムボール」が美味しい!横浜の使える手土産No.1。

横浜の喜久屋のラムボールが美味しいのでご紹介します。 元町に店を構える…

横浜の超人気ピザ店「シシリヤ」。なかなか予約が取れませんが、最高に美味しいピザがいただけます。

横浜の関内にあるイタリア料理店「シシリヤ」でピザを食べました。 こちら…

横浜中華街で本格インド料理。「シタール」で、ゆったりとランチ。

昨日、横浜中華街に遊びに行きました。 いやぁ、すごく混んでいました。お…

横浜の「山手234番館」。関東大震災後の復興事業の一環として建てられた、外国人向けの共同住宅

横浜・山手地区の洋館が点在するエリアの、ちょうど真ん中あたりに位置する…

横浜・山手の西洋館「エリスマン邸」。山手洋館に関する資料館があります。

横浜・山手にある洋館の1つ「エリスマン邸」は、同地区最大の洋館「ベーリ…

横浜中華街の「関帝廟」は、商売繁盛のご利益あり。華やかなガラス細工の屋根飾りは必見です。

今日は、横浜中華街の中にあるお参りスポット、「関帝廟(かんていびょう)…

横浜の山手111番館。「藤の花」と「真っ赤な紅葉」を同時に楽しめる、新緑の季節の洋館をご紹介します。

横浜の山手地区には、7つの洋館があります。 今日は、その中でもとりわけ…

横浜の観光スポット。山手の西洋館「ベーリックホール」が、おすすめです。

今日は、横浜の山手にある「ベーリックホール」という西洋館をご紹介します…