やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

横濱媽祖廟(よこはままそびょう)。みなと横浜にふさわしい、航海を護る海の女神が祀られています。

投稿日:2014年4月24日 更新日:

横濱媽祖廟
横濱媽祖廟(よこはままそびょう)」は、横浜中華街にあるお参りスポットの1つ。

同じく中華街の中にある「関帝廟」とともにペアで紹介されることが多いのは、祀られている神様が、それぞれ男性と女性だからかもしれません。関帝廟には、三国志で有名な武将の関羽が、横濱媽祖廟には、媽祖(まそ)という女性が祀られています。

女神「媽祖」は、航海の安全を司り、自然災害や疫病などから人々を護ってくれると言われています。

横浜媽祖廟
同廟のHPによると、媽祖は、およそ千年前の北宋時代に実在した人物だそうです。不思議なパワーを持つ方だったようですよ。

幼少の頃から才知に長けた媽祖は、「神通力を駆使し、筵(ムシロ)を用いて海を渡り、雲に乗って島を巡回、札の力で悪や災いをしりぞけ、病を癒した」そうです。彼女の力はやがて多くの人に知られることとなり、「天妃」・「天后」・「天上聖母」と敬意を表して呼ばれるようになりました。


横濱媽祖廟の入口には、媽祖について現代風に語ったこんな詩が。

ちなみに作者の進藤彦興(しんどう・ひこおき)さんは、横浜中華街を中心に全国展開している「チャイハネ」というアジアン雑貨屋の経営母体、株式会社アミナコレクションの元社長(現在会長)さんです。

横浜媽祖廟
赤・緑・青などの原色をベースに、金色の細かい装飾が施されています。煌びやかな様子は関帝廟とそっくりですが、やはりこちらにはどこか、女性らしい繊細さがあります。

横浜媽祖廟
本殿中央には媽祖(天上聖母)が鎮座。その両サイドは、媽祖の守護神と言われている「順風耳」と「千里眼」が脇を固めています。

ちなみに「順風耳」は、遠くの声を聞く耳であらゆる人の声を聞き分け、また「千里眼」は、遠くを見る目であらゆるものを見分けて、それぞれが媽祖様に寄与しているそうです。


本殿に入って参拝する場合は、境内で「線香」と「金紙」を購入します。

参拝の仕方は次の通り。
まずは、外にある5台の香炉に、順番に従い各1本ずつ線香を立てて身を清めます。
本殿に入ったら、神様に「金紙」をお供えして願い事を。終わったら「金紙」は、外の金炉で燃やします。
詳しい参拝方法は、横濱媽祖廟HPを参考にしてください。

横浜媽祖廟

おすすめ記事

横浜駅の花屋11軒!常連客が教える徒歩5分以内の花屋さんまとめ。

横浜駅の近くにある花屋さんをご紹介します。駅から500メートル(徒歩5…

超激安の花屋さん「ワールドフラワー」。川崎・横浜・大和・鎌倉にお店があります。

「ワールドフラワー」は、私が日頃よく利用する、おすすめの花屋さん。現在…

横浜のシーバスのヘビーユーザーです。観光船からの眺めを豊富な写真で紹介。

横浜の観光船「シーバス」には通算でもう20回以上乗っています。わりとヘ…

横浜・喜久屋の「ラムボール」が美味しい!横浜の使える手土産No.1。

横浜の喜久屋のラムボールが美味しいのでご紹介します。元町に店を構える老…

横浜の超人気ピザ店「シシリヤ」。なかなか予約が取れませんが、最高に美味しいピザがいただけます。

横浜の関内にあるイタリア料理店「シシリヤ」でピザを食べました。こちらの…

横浜中華街で本格インド料理。「シタール」で、ゆったりとランチ。

昨日、横浜中華街に遊びに行きました。いやぁ、すごく混んでいました。お花…

横浜の「山手234番館」。関東大震災後の復興事業の一環として建てられた、外国人向けの共同住宅

横浜・山手地区の洋館が点在するエリアの、ちょうど真ん中あたりに位置する…

横浜・山手の西洋館「エリスマン邸」。山手洋館に関する資料館があります。

横浜・山手にある洋館の1つ「エリスマン邸」は、同地区最大の洋館「ベーリ…

横浜中華街の「関帝廟」は、商売繁盛のご利益あり。華やかなガラス細工の屋根飾りは必見です。

今日は、横浜中華街の中にあるお参りスポット、「関帝廟(かんていびょう)…

横浜の山手111番館。「藤の花」と「真っ赤な紅葉」を同時に楽しめる、新緑の季節の洋館をご紹介します。

横浜の山手地区には、7つの洋館があります。今日は、その中でもとりわけ可…

山手の西洋館「ベーリックホール」。昭和初期に建てられた大邸宅。

今日は、横浜の山手にある「ベーリックホール」という西洋館をご紹介します…