むきえびとブロッコリーのサラダ。ゆうこりんのクリスマスサラダ。

投稿日:2018年12月6日 更新日:

むきえびとブロッコリーのサラダ

むきえびとブロッコリーを使った、おしゃれなサラダのレシピをご紹介します。

ゆうこりんこと、タレントの小倉優子さんが考案した「ミモザサラダ」です。
クリスマスにぴったりのサラダとして、日本テレビの「スッキリ」で話題になりました。

クリスマス向けのサラダですから、見た目も凝っています。
星型に切り抜いたチーズやパプリカが、料理に華を添えています。
ところどころに散りばめた炒り卵が、ミモザの花のように見えることから「ミモザサラダ」というメニュー名が付いています。

お味の方も美味しいです。
優しい味わいのオーロラソースで、たっぷりの野菜とエビが、最後まで美味しくいただけますよ。

(一部情報元:日本テレビ「スッキリ」2018年12月6日放映)

むきえびとブロッコリーのサラダのレシピ

むきえびとブロッコリーのサラダ

「ミモザサラダ」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4人分:調理時間13分】
むきエビ 8尾
ブロッコリー 1個
パプリカ 1/2個
チーズ 2枚
1個
適量
塩こしょう 少々
オーロラソース
ケチャップ 大さじ1
マヨネーズ 大さじ1
牛乳 20cc
オリーブオイル 小さじ1
作り方
  1. むきエビに酒・塩こしょうを揉み込む。ブロッコリーを小房に分ける。
    エビとブロッコリーを耐熱皿にのせ、ラップをして電子レンジ(600W)で3分加熱する。
  2. チーズとパプリカを星型にくり抜く。
  3. 【炒り卵を作る】卵を耐熱ボールに入れて溶く。ラップをせずに電子レンジ(600w)で50秒加熱し、泡立て器でよく混ぜる。
  4. オーロラソースの材料を混ぜる。
  5. 皿の中央に小さな器をのせ、その中にオーロラソースを入れる。
    周りにブロッコリーを置き、エビ・チーズ・赤パプリカ・炒り卵をのせたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

ミモザサラダの作り方

むきえびとブロッコリーのサラダ
【工程1】
まず、むきエビ(8尾)に酒(適量)・塩こしょう(少々)をかけ、揉み込みます。

そして、ブロッコリー(1株)を小房に分けます。
ブロッコリーを小房に分ける方法


むきえびとブロッコリーのサラダ
次に、エビとブロッコリーを耐熱皿にのせ、ラップをして、電子レンジ(600W)で3分加熱します。

加熱時間は、ブロッコリーとエビの大きさなどによって若干変わりますので、様子を見て、調整してください。

耐熱皿にのせる時は、皿の外側にエビを並べるといいですよ。
皿の内側よりも、外側の方が、火が入りやすいです。


むきえびとブロッコリーのサラダ
【工程2】
続いて、チーズ(2枚)とパプリカ(1/2個)を星型にくり抜きます。

ここでは、クリスマス向けに星型を使いますが、お好みで他の型を選んでも良いと思います。

ちなみにゆうこりんは、少し厚みのあるチーズ2枚を使っていましたが、上の写真は、スライスチーズを2枚重ねにして使っています。


むきえびとブロッコリーのサラダ
【工程3】
次に、炒り卵を作ります。

まず、卵(1個)を耐熱ボールに入れ、溶きます。

そしてラップをせずに、電子レンジ(600w)で50秒加熱します。


むきえびとブロッコリーのサラダ
チンし終えたら、泡立て器でよく混ぜます。

これで炒り卵ができました。
このレンジを使った炒り卵は、お弁当作りにも重宝します。
覚えておくと便利ですよ。


むきえびとブロッコリーのサラダ
【工程4】
続いてオーロラソースを作ります。

ケチャップ(大さじ1)・マヨネーズ(大さじ1)・牛乳(20cc)・オリーブオイル(小さじ1)を混ぜたらできあがり。


むきえびとブロッコリーのサラダ
【工程5】
最後に盛り付けです。

お皿の中央に小さな器をのせ、その中にオーロラソースを入れます。
そして、その周りにブロッコリーを置き、エビ・チーズ・赤パプリカ・炒り卵をのせたら完成です。


むきえびとブロッコリーのサラダ
オーロラソースは、ほのかに酸味のある甘めの味付け。
子供でも食べやすいです。

そして、このサラダの一番の目玉は、やっぱりエビ。
酒と塩こしょうだけのシンプルな味付けですが、旨味が強く感じられて美味しいです。
先ほどのソースともよく合います。

見た目も華やかなので、パーティ料理にはもってこいのサラダです。


むきえびとブロッコリーのサラダ
ところで当サイトでは、ゆうこりんのクリスマス料理をあと5品紹介しています。

今回ご紹介したサラダと合わせて合計6品で、4人分の豪華なクリスマスディナーが完成します。
調理時間は、6品合わせて1時間。
ゆうこりんによると、6品を45分で作り、残りの15分でテーブルコーディネートができるそうです。

どれもとても簡単で、子供も大人も揃って楽しめるお料理です。
合わせて是非ご覧ください。

関連レシピ