ニュージャーマンの、かまくらカスター。鈴木保奈美さんの青春の味。

公開: 更新:2016/08/26

かまくらカスター

ニュージャーマンの「かまくらカスター」。
言わずと知れた、鎌倉で人気の洋菓子です。

スポンサーリンク

今日、何気なく見ていたテレビ番組(フジテレビ「ノンストップ!」)で、「かまくらカスター」が取り上げられていました。

その中でとても面白かったのは、「かまくらカスター」の誕生秘話。
「かまくらカスター」が発売されたのは、今から32年も前のこと。当時人気だったシュークリームとショートケーキを合わせたようなお菓子をつくるというコンセプトがあったそうです。
カスタードクリームとスポンジ生地の組み合わせは、今では決して珍しくはありませんが、当時は斬新だったのかな。

かまくらカスターは、鈴木保奈美さんにとっての「青春の味」

かまくらカスター

ところで、同番組には鈴木保奈美さんが出演していました。

かまくらカスターが発売された当時、保奈美さんは高校生。鎌倉に住む友人に教えてもらい「かまくらカスター」を知ったそうです。
保奈美さんにとって「かまくらカスター」は、高校時代のあこがれのスイーツ。そして、大人になった今でも、たまに食べたくなる青春の味だそうです。

かまくらカスター
さて、久しぶりにかまくらカスターを買って食べました。

かまくらカスターには、いくつか種類があります。
私がお店にうかがった日には、5種類が販売されていました。
定番のカスタードとチョコレート。そして、季節限定のストロベリーと抹茶、オレンジカマンベールです。

写真に写っているのは、一番人気のカスタード。
外側のスポンジ生地はふわふわ。クリームはトロッとしてとても美味しいです。

かまくらカスター
こちらは、オレンジカマンベール。
こちらもふわふわ。とっても優しい食感です。
スポンジ生地は、ほんのりとオレンジの風味。オレンジの果肉が入ったクリームは、酸味の効いたチーズの味がほのかにします。

かまくらカスター
お店は、JR鎌倉駅東口を出てすぐ目の前。とても分かりやすいですよ。

かまくらカスター
クッキーなどの焼き菓子やケーキもあります。

スポンサーリンク
斬新な昭和初期の家庭料理。「胡瓜のコロッケ」「干魚のポテト詰め」「牛乳いかもどき」をご紹介。

けさ放映されたテレビ番組で、「温故知新で食べてみた」という一風変わった料理本が紹介されていました。この本には今となっては珍しい昭和初期につく...

no image
千利休とマルセル・デュシャンと田中功起

杉本博司さんと千宗屋さんのトークセッションを聞いてきました。タイトルは「千利休とマルセル・デュシャン/ 観念の錬金術」。利休とデュシャンは考...

凍らせると美味しい食べ物 ベスト10。冷凍食品の達人のおすすめです。

冷凍フードの達人、東京海洋大学教授の鈴木徹さんが選んだ、「凍らせて食べると美味しい食べ物 ベスト10」をご紹介します。鈴木さんは、食品の冷凍...

葉加瀬太郎さんのチャーハン。「料理は音楽より少し上手」

バイオリニストの葉加瀬太郎さんが考案した、チャーハンのレシピをご紹介します。「葉加瀬太郎 特製チャーハン」です。世界を股にかけて活躍される超...

水島弘史シェフの、ハンバーグソースのレシピ。バルサミコ酢の酸味をしっかり飛ばすのがポイント。

フレンチのシェフ・水島弘史さんが考案した、ハンバーグソースのレシピをご紹介します。(ハンバーグのレシピは、コチラをご覧ください。)水島さんは...