やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

横浜中華街の行列ができる人気店「王府井」で、焼き小龍包を食べました。

投稿日:2014年5月21日 更新日:

焼き小龍包

横浜中華街で人気の食べ歩きフード「焼き小龍包」。
ブームの火付け役である「王府井(わんふーちん)」の焼き小龍包、「正宗生煎包(まさむねさんちぇんぱお)」を食べました。

焼き小龍包

私は以前このブログに、「横浜中華街の肉まん&小龍包店。行列の長さランキング ベスト5」という記事を書きました。
横浜中華街が最も賑やかになる休日のお昼時に、店の前にできた行列の長さで、私が勝手に「人気店ベスト5」を決めたのですが、その際1位だったのが「王府井」。

私は横浜中華街によく遊びに行きますが、「王府井」の前を通るといつも人がいっぱい。ガラガラなんてことは絶対にありません。

焼き小龍包
私がお店にうかがったのは、休日の15時近く。お昼をとっくに過ぎていましたが、20人くらいの行列ができていました。

焼き小龍包
待っている間にメニュー表が手渡されます。こちらがそのメニュー表。

焼き小龍包は3種類あります。一番人気の「正宗生煎包(まさむねさんちぇんぱお)」の他に、7種類の野菜が入った「ヒスイ生煎包」、そしてエビとフカヒレが入った「フカヒレ生煎包」。この3種に加えて蒸し小龍包も販売されています。

焼き小龍包
他にも、肉まんやかき氷、アイスクリーム、タピオカジュースなどがあります。

焼き小龍包
店頭はガラス張りになっていて実演販売されています。

焼き小龍包
まるで機械で作られたかのように均一な小龍包。お店のスタッフは、慣れた手つきで次々と皮で具材を包んでいきます。

焼き小龍包
これがお店の蒸し器。大きなセイロの上で、小さなセイロをいくつも使えるような作りになっています。

焼き小龍包
小龍包は出来たそばからどんどん売れていきます。

焼き小龍包
私は、一番人気の「正宗生煎包」を注文しました。4つ入りで480円。

焼き小龍包
小龍包には肉汁がたっぷり入っており、勢いよくかむと飛び出すことがあるため、注意が必要です。まずはおそるおそる、皮の端の方を破ってみました。

いやぁ。驚きました。本当に溢れんばかりの肉汁です。しかも、具材もぎっしり。

王府井のHPによると、同店の小龍包の最大のウリは、肉汁も具も満タンであること。
一般的な小龍包の製法だと、肉汁の量を増やすと具材の量が減ってしまうのだとか。王府井では、皮に使用する小麦の配合や具材と肉汁のバランスが見直され、この問題がクリアーされたそうです。

焼き小龍包
皮は、まったく異なる2つの食感が楽しめます。こんがりと焼かれた部分は、パリパリっとした歯ごたえがあります。一方、反対側の白い部分はモチモチとした食感。
また、皮にはけっこうな厚みがあります。たっぷりのスープを包み込むには、それなりのボリュームが必要なのでしょう。

具材は豚肉とネギ。シンプルです。味付けがちょっと甘めかな。そのため、素材の味が曇っていているような印象を受けました。その点はちょっと残念。
ちなみに一緒に食べた連れは、皮のかたさが気になったようです。「やっぱり小龍包は蒸しがいい」と言っていました。

味や食感には好みがあると思います。でもこちらの小龍包の肉汁の量はハンパないです。しかも、お土産として持ち帰り、自宅で焼いても同じクオリティーが楽しめるそうですから。スゴイ製造技術ですね。

おすすめ記事

横浜駅の花屋11軒!常連客が教える徒歩5分以内の花屋さんまとめ。

横浜駅の近くにある花屋さんをご紹介します。駅から500メートル(徒歩5…

超激安の花屋さん「ワールドフラワー」。川崎・横浜・大和・鎌倉にお店があります。

「ワールドフラワー」は、私が日頃よく利用する、おすすめの花屋さん。現在…

横浜のシーバスのヘビーユーザーです。観光船からの眺めを豊富な写真で紹介。

横浜の観光船「シーバス」には通算でもう20回以上乗っています。わりとヘ…

横浜・喜久屋の「ラムボール」が美味しい!横浜の使える手土産No.1。

横浜の喜久屋のラムボールが美味しいのでご紹介します。元町に店を構える老…

横浜の超人気ピザ店「シシリヤ」。なかなか予約が取れませんが、最高に美味しいピザがいただけます。

横浜の関内にあるイタリア料理店「シシリヤ」でピザを食べました。こちらの…

横浜中華街で本格インド料理。「シタール」で、ゆったりとランチ。

昨日、横浜中華街に遊びに行きました。いやぁ、すごく混んでいました。お花…

横浜の「山手234番館」。関東大震災後の復興事業の一環として建てられた、外国人向けの共同住宅

横浜・山手地区の洋館が点在するエリアの、ちょうど真ん中あたりに位置する…

横浜・山手の西洋館「エリスマン邸」。山手洋館に関する資料館があります。

横浜・山手にある洋館の1つ「エリスマン邸」は、同地区最大の洋館「ベーリ…

横浜中華街の「関帝廟」は、商売繁盛のご利益あり。華やかなガラス細工の屋根飾りは必見です。

今日は、横浜中華街の中にあるお参りスポット、「関帝廟(かんていびょう)…

横浜の山手111番館。「藤の花」と「真っ赤な紅葉」を同時に楽しめる、新緑の季節の洋館をご紹介します。

横浜の山手地区には、7つの洋館があります。今日は、その中でもとりわけ可…

山手の西洋館「ベーリックホール」。昭和初期に建てられた大邸宅。

今日は、横浜の山手にある「ベーリックホール」という西洋館をご紹介します…