やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

横浜中華街で人気の肉まん、「江戸清のブタまん」を食べました。

投稿日:2014年5月26日 更新日:

江戸清のブタまん
横浜中華街で一番人気のある肉まんは、たぶん「江戸清のブタまん」じゃないかな。
お店の前にできる行列を見る度に、いつもそう思います。久しぶりに「江戸清のブタまん」を食べました。

江戸清のブタまん
「江戸清本店」は、横浜中華街で最も賑やかな通り「中華街大通り」沿いにあります。
私が伺ったのは夕方遅くだったので、さすがに混んではいませんでした。

江戸清のブタまん
店頭では、7種類の肉まん・あんまんが販売されていました。

一番左にあるサンプルが、人気の「ブタまん」。そのとなりが「フカヒレ焼餅」、そして「エビマヨまん」・「ホイコーローまん」・「エビチリまん」・「チャーシュー包」・「クルミ入り黒ゴマあんまん」と続きます。

どれも美味しそう。私はこれまで「ブタまん」しか食べたことがないのですが、結局またいつものものを注文しました。

江戸清のブタまん
お店の中には腰を掛けて食べられる場所もあります。

江戸清のブタまん
こちらでは、アツアツのブタまんをビニールの袋に入れてくれます。
袋から取り出す時に、ツヤツヤとした表面の皮がちょっとむけてしまいましたが、これが江戸清のブタまん。

大きいですよ。直径11センチ、高さは7センチ。重さは250gもあるそうです。私はこの日、連れと2人で半分ずつ食べましたが、一人だったら食事1食分です。

江戸清のブタまん
全体の大きさだけでなく、具材も多いのが「江戸清」のブタまんの特徴です。
中には、豚肉・カニ・エビ・タケノコ・キャベツ・ネギ・ショウガ・ザーサイなどの具材が入っています。程よく肉汁も含んでいてジューシーです。
皮はふんわりとやわらか。

江戸清のブタまん
ブタまんは1個500円。
コンビニ肉まんとくらべたら、大きさは3倍くらい。味は10倍以上美味しいです(笑)。
横浜中華街に行ったら、是非食べてみてください。

おすすめ記事

横浜駅の花屋11軒!常連客が教える徒歩5分以内の花屋さんまとめ。

横浜駅の近くにある花屋さんをご紹介します。駅から500メートル(徒歩5…

超激安の花屋さん「ワールドフラワー」。川崎・横浜・大和・鎌倉にお店があります。

「ワールドフラワー」は、私が日頃よく利用する、おすすめの花屋さん。現在…

横浜のシーバスのヘビーユーザーです。観光船からの眺めを豊富な写真で紹介。

横浜の観光船「シーバス」には通算でもう20回以上乗っています。わりとヘ…

横浜・喜久屋の「ラムボール」が美味しい!横浜の使える手土産No.1。

横浜の喜久屋のラムボールが美味しいのでご紹介します。元町に店を構える老…

横浜の超人気ピザ店「シシリヤ」。なかなか予約が取れませんが、最高に美味しいピザがいただけます。

横浜の関内にあるイタリア料理店「シシリヤ」でピザを食べました。こちらの…

横浜中華街で本格インド料理。「シタール」で、ゆったりとランチ。

昨日、横浜中華街に遊びに行きました。いやぁ、すごく混んでいました。お花…

横浜の「山手234番館」。関東大震災後の復興事業の一環として建てられた、外国人向けの共同住宅

横浜・山手地区の洋館が点在するエリアの、ちょうど真ん中あたりに位置する…

横浜・山手の西洋館「エリスマン邸」。山手洋館に関する資料館があります。

横浜・山手にある洋館の1つ「エリスマン邸」は、同地区最大の洋館「ベーリ…

横浜中華街の「関帝廟」は、商売繁盛のご利益あり。華やかなガラス細工の屋根飾りは必見です。

今日は、横浜中華街の中にあるお参りスポット、「関帝廟(かんていびょう)…

横浜の山手111番館。「藤の花」と「真っ赤な紅葉」を同時に楽しめる、新緑の季節の洋館をご紹介します。

横浜の山手地区には、7つの洋館があります。今日は、その中でもとりわけ可…

山手の西洋館「ベーリックホール」。昭和初期に建てられた大邸宅。

今日は、横浜の山手にある「ベーリックホール」という西洋館をご紹介します…