やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

発酵あんこのレシピ。砂糖なしでも甘いあんこの作り方と健康効果。

投稿日:2019年2月1日 更新日:

砂糖を一切使わない、ヘルシーな「発酵あんこ」のレシピをご紹介します。

発酵あんこはノンシュガーだけど甘い

「発酵あんこ」は、砂糖を一切使わず、米麹を発酵させることで甘みを出すのでとてもヘルシー。
糖質が気になる方でも、比較的安心して食べられます。
ダイエット中のスイーツとしてもおすすめですよ。

ちなみに、ごく普通のあんことくらべると、カロリーは13%オフ、糖質は30%オフすることができます。
詳しくは下の表をご覧ください。

お味の方は、十分な甘みがあってとても美味しいです。

発酵あんこの効果

ではまず、「発酵あんこ」の主原料、小豆と米麹の効能についてご紹介します。

管理栄養士の赤石定典さんによると、「発酵あんこ」は、腸の健康や美肌や冷え性にとても良いようです。

小豆

  • ポリフェノールが活性酸素を抑える
  • 食物繊維が腸内環境を整える
  • 鉄分が冷え性や貧血を改善する

まず特質すべきなのは、小豆には、活性酸素をおさえてくれる「ポリフェノール」が豊富に含まれていること。
ポリフェノールには酸化を防ぐ働きがあり、女性には嬉しいシミやシワを抑えてくれる効果が期待できます。

また小豆には、体の毒素を排出したり腸内環境を整えたりする食物繊維が豊富で、その量はごぼうの3倍にもなるそうです。

さらに、冷え性や貧血を改善する鉄分も豊富。
その量は、野菜の中でも多いとされるほうれん草の2.7倍にもなるとか。

米麹

  • ビタミンB群が美肌に効く
  • オリゴ糖が腸内環境を改善する

米麹も、小豆に負けないくらい肌や腸にいい食材です。

米麹に含まれるビタミンB群は、肌の再生やコラーゲンの生成など美肌効果が期待できるそうです。
さらにオリゴ糖は、腸内環境を改善してくれるとのことです。

小豆(乾燥)100g分
糖質(g) カロリー(kcl)
普通のあんこ※ 140.2 723
発酵あんこ 98.7 625
※小豆と同量の上白糖を使ったあんこを比較。

また、すでにお伝えした通り、「発酵あんこ」は砂糖を一切使わないので、カロリーや糖質が比較的低く抑えられます。
ごく一般的なあんこと比べると、カロリーは13%オフ、糖質に至っては30%オフすることができます。
ですからダイエット中のおやつにもおすすめですよ。

発酵あんこのレシピ

それでは「発酵あんこ」のレシピをご紹介します。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【作りやすい分量:調理時間9時間】
小豆 100g
米麹 100g
300ml
作り方
  1. 小豆と小豆が浸る程度の水(分量外)を鍋に入れ、沸騰したら弱火で5分煮る。
    ザルに上げて水気を切る。
  2. 小豆を鍋に戻し、水(300ml)を加え、弱火で1時間煮る。
  3. 少し冷ました小豆(60度以下)と米麹を炊飯器に入れ、よく混ぜる。
    炊飯器を保温モードにして、フタを開けたまま濡れ布巾をかぶせ、8時間置いたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

発酵あんこの作り方


「発酵あんこ」の材料は、小豆と米麹だけです。

ちなみに米麹には、板状タイプ(上の写真)と乾燥タイプ(粒状タイプ)の2種類がありますが、どちらを使っても作れます。



【工程1】
まず、小豆(100g)と小豆が浸る程度の水(分量外)を鍋に入れ、火にかけます。



そして沸騰したら、弱火で5分ほど煮ます。



5分経ったら、ザルに上げて水気を切ります。

ザルの下に残った湯は捨てます。

【調理のポイント】
小豆をあらかじめ茹でこぼす(サッと茹でて、その湯は捨てる)と、渋みが抜けて食べやすくなり、舌触りがなめらかなあんこができます。


【工程2】
次に、小豆を鍋に戻し、水(300ml)を加え、弱火で1時間ほど煮ます。

この間は、お好みでフタをしてください。
そして、水気がなくなって焦げそうになったら、水を少し足してください。
たまに様子を見ながら煮るといいですよ。



1時間煮ると、小豆が完全に柔らかくなります。



【工程3】
小豆を煮終えたら、米麹(100g)と一緒に炊飯器に入れます。

小豆は少し冷ましてから米麹を混ぜる

ここで注意点が1つ。

米麹は、小豆を少し冷ましてから混ぜてください。
米麹に含まれる発酵微生物「麹カビ(麹菌)」は、生き物なので、アツアツの小豆に混ぜると死んでしまいます。
発酵あんこを甘い味に仕上げるには、この「麹カビ」の働きが必要不可欠です。

小豆の温度は、60〜65度くらいにすれば安心です。
麹カビは、これくらいの温度で最も活発に働きます。

ちなみに、これから炊飯器を保温モードにして、フタを開けたまま濡れ布巾をかぶせ、8時間ほど置きますが、この状態にすると、内釜の中を60〜65度くらいに保つことができます。



小豆と米麹を入れたら、よく混ぜます。



そして、炊飯器を保温モードにして、フタを開けたまま濡れ布巾をかぶせ、8時間置いたら完成です。

フタは開けたまま濡れ布巾をかぶせる

保温している間は、炊飯器のフタは閉めないでください。
閉めると内部の温度が上がり過ぎて、十分な甘みが出ないことがあります。

濡れ布巾をかぶせる理由は、中を乾燥させないためです。
布巾は常に湿っている状態にするといいです。

スプーンでたまに混ぜる

また、たまに清潔なスプーンでよく混ぜてください。
水気があまりにも少なく、パサパサしている場合は、水を少し加えて全体を馴染ませるといいですよ。

ちなみにこの炊飯器を使った調理法は、米麹の甘酒を作る時にもまったく同じように使えます。

小豆をお粥に代えれば、8時間後には、美味しい甘酒ができます。



できあがりはこんな感じ。
発酵すると、全体的に少ししっとりして、甘くなります。

発酵あんこの保存

完成した発酵あんこは、常温では保存が効かないので、冷蔵するか、冷凍します。

冷蔵した場合の日持ちは、2〜3日くらいと考えてください。

冷凍すれば、1ヶ月ほど日持ちします。
保存用袋に入れ、中の空気を抜いて、冷凍庫に入れます。


深い甘みのあんこ


米麹にはほとんどクセがないので、この発酵あんこもすっきりとした味に仕上がります。

また甘みも十分です。
米麹の深い甘みが食欲をそそります。
砂糖で作ったあんこのようなしつこさがないのがこのレシピの魅力。
ついつい食べ過ぎてしまう美味しさです。

ヨーグルトメーカー&魔法瓶でも作れる

ちなみに、炊飯器なしの場合は、ヨーグルトメーカーや魔法瓶でも作れます。

ポイントは、8時間ほどの間、小豆と米麹を60〜65度くらいの温度に保つことです。
これさえ抑えれば、炊飯器を使わなくても、発酵あんこは作れますよ。

発酵あんこの食べ方


ところで、発酵あんこは、そのまま、ごく普通のあんことまったく同じように食べられます。

また、管理栄養士の赤石さんによると、発酵あんこをトーストにのせて「小倉発酵トースト」にして食べるのもおすすめなんだそうです。
小豆に含まれる食物繊維は、糖の吸収を抑えてくれるので、糖質たっぷりのパンとは言え、比較的安心して食べられるそうです。

食パンをトーストし、発酵あんこをのせ、バターを少し落としたら完成。
発酵あんこの優しい甘みとバターの風味が相性ぴったりですよ。

また、他の食べ方としては、ヨーグルトに発酵あんこをのせ、お好みできな粉とはちみつをかけるのもおすすめです。

(一部情報元:テレビ東京「主治医が見つかる診療所」2019年1月31日放映)

関連記事

あんこの作り方。小豆の煮方を動画で紹介!美味しいつぶあんのレシピ。

あんこの作り方をご紹介します。小豆を鍋で煮て、つぶあんを作る方法です。小豆は、最初に茹でこぼして、それから煮ると、渋みやアクが抜け…

甘酒の保存方法と日持ち。冷凍と冷蔵の2パターン。

甘酒の保存方法と日持ちについてお伝えします。甘酒の保存は、冷凍が一番おすすめです。市販品にしても手作りにしても、出来たての質を一番…

あんこの美味しい食べ方。餅だけじゃない!人気のアレンジを紹介。

あんこのおすすめの食べ方をご紹介します。あんこはそのまま食べても美味しいものですが、餅やトーストなどと合わせることで、食べごたえが…

甘酒の効能。麹と酒粕の健康効果の違い。

甘酒の健康効果を分かりやすくお伝えします。甘酒には大きく分けて2種類あります。ノンシュガーでノンアルコールの「米麹の甘酒」と、砂糖…

さつまいもの栄養と効果。皮ごと食べると栄養アップ!食べ方も解説。

さつまいもの栄養についてお伝えします。さつまいもに含まれる栄養の健康効果と、さつまいもの上手な調理法についてです。

あんこの冷凍保存。賞味期限は約2ヶ月!あんこアイスとしてもおすすめ。

あんこは冷凍することができるので、大量に余ってしまったあんこは、冷凍庫で保存するのがおすすめです。保存期間の目安は2ヶ月ほど。市販…

あんこヨーグルトのレシピ。少量のあんこでも大満足!トッピングも紹介。

あんこヨーグルトのレシピをご紹介します。プレーンヨーグルトにあんこを加えて作る簡単スイーツ。ヨーグルトのほのかな酸味がプラスされる…

深い甘みでめちゃ旨!甘酒スムージーのレシピ。ヨーグルト×バナナが好相性

甘酒を使ったスムージーのおすすめレシピをご紹介します。甘酒と合わせるのは、バナナとヨーグルト。甘酒とバナナの甘みに、ヨーグルトのさ…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

かんたんで美味しい南蛮漬のレシピをご紹介します。「南蛮酢」とは、南蛮漬けに使われる甘酸っぱいタレのこと。市販品もありますが、自宅で…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

フライパンを使った、しいたけの上手な焼き方をご紹介します。しいたけを焼く方法としてはトースターやグリルなどもありますが、その中で、…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

最新記事

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

白菜の旨味が濃く感じられる、美味しい白菜漬けのレシピをご紹介します。白菜の塩漬けを作る際には、余分な水分を取り除くことがとても大切…

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

柚子の爽やかな風味をいかした、柚子味噌のレシピをご紹介します。柚子味噌を美味しく作るためのコツは2つあります。1つは、赤味噌を使う…

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

せり(芹)の風味と食感をいかした、ご飯によく合う炒め物の作り方をご紹介します。せりと豚肉を具材にした、味噌炒めのレシピです。スーパ…

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

柚子の砂糖漬けのレシピをご紹介します。生の柚子をそのまま食べると酸味と苦味が気になりますが、砂糖に漬けることで食べやすさが大幅にア…

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

菜の花を使った風味豊かなスープの作り方をご紹介します。菜花と焼き海苔を具材に使ったスープのレシピ。お好みで、柚子の皮か、生姜か、小…