やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

たらことゴマの万能ふりかけレシピ。カルシウム&亜鉛で骨を丈夫に!

投稿日:2019年2月6日 更新日:

たらことゴマの簡単ふりかけレシピをご紹介します。

料理の具材としても使える、便利な作り置きレシピ。
家庭料理研究家の奥薗壽子さんが考案した「たらことゴマの万能ふりかけ」です。
テレビ朝日の「たけしの家庭の医学」で話題になりました。

このふりかけの材料は、たらことゴマ、そしてたっぷりの青ネギ。
混ぜ合わせてレンジでチンするだけで完成の、お手軽レシピです。

青ネギを加えることで、食感と風味が増して美味しくなります。
ご飯のお供にするだけでなく、パンと合わせたり、オムレツの具材にするのもおすすめです。

骨に良いふりかけ

奥薗さんによると、このふりかけには、亜鉛とカルシウムがたっぷり含まれています。
これらをしっかり摂ると、骨を丈夫に保つのに役立つそうです。

このふりかけ全量で、亜鉛とカルシウムの1日の摂取量がほぼカバーできるようになっています。

(一部情報元:テレビ朝日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」2019年2月5日放映)

たらことゴマのふりかけのレシピ

「たらことゴマの万能ふりかけ」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【3食分:調理時間5分】
たらこ 1腹(約100g)
青ねぎ(小口切り) 1束(約80g)
ごま 大さじ2
柚子の皮 好みで適量
作り方
  1. たらこを耐熱容器に入れ、キッチンバサミで切ってペースト状にする。
    ごまを指でひねって加え、青ねぎも加えて混ぜる。
  2. 1にラップをかけ、電子レンジ(600W)で3分加熱する。
  3. お好みで柚子の皮のすりおろしを混ぜたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

たらことゴマのふりかけの作り方


【工程1】
まず、たらこ(1腹:100g)を耐熱容器に入れ、キッチンバサミで切ってペースト状にします。

【調理のポイント】
キッチンバサミを使うと時短になります。


次に、ごま(大さじ2)を指でひねり潰して加えます。

【調理のポイント】
ごまをひねり潰すと、香りが良くなり、消化吸収が良くなります。


続いて、小口切りにした青ねぎ(1束:80g)を加え、よく混ぜます。



【工程2】
そして、耐熱容器にラップをかけ、電子レンジ(600W)で3分加熱します。

ここでポイントが1つ。
奥薗さんによると、ラップはふんわりかぶせるのではなく、具材にぴったり密着させるようにすると、熱効率が良いそうです。



【工程3】
レンジで3分チンしたら、お好みで柚子の皮(適量)のすりおろします。

そして、よく混ぜたら完成です。



このふりかけは、たらこと青ネギが好相性です。

たらこを加熱すると口の中でボソボソとしがちですが、青ネギのシャキシャキ感が加わることで、食感がアップ。
食べやすくなりますし、ネギの風味が加わることで、より美味しくいただけます。

さらに、すりおろした柚子を加えると、風味がとても豊かになり、上品な味になります。

たらことゴマのふりかけの保存

このふりかけは、作り置きにも向いています。

日持ちは、冷蔵保存で3日くらいと考えると良いと思います。


骨を丈夫にするカルシウムと亜鉛の摂取量

ところで、同番組によると、骨を丈夫に保つためには、亜鉛とカルシウムを摂るのがとても大事だそうです。

亜鉛の1日の理想的な摂取量は4mg。
これは、小さなステーキ1枚(牛もも肉:100g)分に含まれる亜鉛の量に相当するそうです。

またカルシウムの1日の理想的な摂取量は220mg。
こちらは、牛乳コップ1杯分のカルシウムと同じくらいだそうです。

「たらことゴマの万能ふりかけ」に含まれる亜鉛とカルシウムの量は、次の表のとおりです。

亜鉛 カルシウム
たらこ1腹(100g) 3.1mg
ゴマ 0.8mg 192mg

合計すると、亜鉛が3.9mgで、カルシウムが192mg。
どちらも理想的な摂取量よりやや少ないですけど、ほぼクリアーできます。

ちなみに、このふりかけに使う青ねぎには、ビタミンCが豊富に含まれており、ビタミンCは、亜鉛の吸収を助ける働きがあるそうです。
そうした点でも、このお料理は、骨にとても良いそうですよ。

ふりかけのアレンジレシピ

では次に、「たらことゴマの万能ふりかけ」のおすすめの食べ方をご紹介します。

このふりかけは、ほんのひと手間でいろいろな料理にアレンジできます。

奥薗さんが考案した、簡単アレンジ料理3品をご紹介します。


1品めは、「たらことゴマの卵焼き」。

ふりかけを卵焼きの具材にします。
上の写真は、オムレツにしてみました。

ふりかけを卵液にたっぷり混ぜ込むと、味付けは一切いりません。
冷めても美味しいので、お弁当にもぴったりのレシピです。


2品めは、「たらことゴマのポテトサラダ」

茹でたじゃがいもを潰し、ふりかけを混ぜたら完成。
和テイストのサラダができます。



3品めは、「たらことゴマのチーズトースト」。

食パンに、ふりかけとチーズをのせて焼いたら完成です。
たらこの塩気が、とろとろに溶けたチーズの美味しさをアップさせます。
熱々のうちにどうぞ。


たらこ&ごまのふりかけあと3品

最後に、当サイトおすすめの、たらこのふりかけ2品と、ゴマのふりかけ1品をご紹介します。

たらこのふりかけ

カブの葉とタラコのふりかけ

こちらのふりかけの具材は、たらことカブの葉。

捨ててしまいがちなカブの葉を有効活用するレシピになっています。

カブの葉には、ビタミンCや食物繊維やカルシウムなど美肌になる栄養がたっぷり含まれているので、捨ててしまうのはモッタイナイ。

電子レンジを使って、たったの5分で作れます。

ゆうこりんこと、タレントの小倉優子さんのレシピ
5分
カブの葉と茎タラコ

作り方を見る

たらこのふりかけ

卵とめんたいこのふりかけ

こちらのふりかけは、たらこではなく明太子を使います。

明太子と卵をあわせた、優しい味わいの卵そぼろ風のふりかけです。

調理にはフライパンを使います。

料理研究家の小田真規子さんのレシピ
6分
明太子長ねぎ

作り方を見る

ゴマのふりかけ

チーズカレーふりかけ

小田真規子さんのレシピをもう1品。

こちらはゴマを使ったふりかけ。

ゴマと粉チーズとカレー粉を使った、ほんのりスパイシーなふりかけです。

材料を混ぜるだけで完成します。

ご飯にのせて食べるだけでなく、お料理の味付けにも使えますよ。

料理研究家の小田真規子さんのレシピ
30秒
粉チーズ刻みゴマカレー粉白コショウ青のり

作り方を見る

骨を丈夫にする食材、たらことゴマを使ったふりかけ。
いろいろと試してみてください。

関連記事

キャベツの芯は栄養たっぷり!おすすめレシピや人気の使い道を紹介。

キャベツの芯は、葉の部分と同様に、栄養がとても豊富です。そのうえ、味にクセがないので、調理次第でいくらでも美味しく食べられます。キ…

ご飯に合う!小松菜じゃこ炒め。ふりかけ風ちりめんじゃこレシピ

小松菜とちりめんじゃこの美味しいおかずレシピをご紹介します。小松菜を細かく刻んで炒め、じゃこを混ぜ、いりごま・おろし生姜・醤油で味…

おにぎらずのお弁当レシピ。具のバリエーション21選。定番から簡単まで

おにぎらずの人気の具のバリエーションを21品ご紹介します。毎日のお弁当作りをはじめ、運動会やお花見などにも役立ちますよ。ちなみに、…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

乾麺うどんの茹で方。コシとモチモチ感がアップする専門家のレシピ。

乾麺うどんの上手な茹で方をご紹介します。うどんの専門家、工学院大学の山田昌治教授が考案した、2パターンのうどんの茹で方です。1パタ…

ほうれん草の栄養を解説!含まれる栄養成分と、栄養効果の高い食べ方。

ほうれん草は、野菜の中でも栄養価が抜群です。この記事では、ほうれん草の栄養効果と、栄養を逃さない効率の良い食べ方をご紹介します。ほ…

トマトのリコピンがムダなく摂れるレシピ。ダイエットや美肌におすすめ。

トマトの栄養と、その効能をいかしたレシピを6品ご紹介します。トマトに含まれる「リコピン」には、強い抗酸化作用があり、次のような効能…

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ギリシャサラダ(グリークサラダ)のレシピを、現地ギリシャの情報を交えて詳しくお伝えします。ギリシャサラダとは、ギリシャ産の「フェタ…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

かんたんで美味しい南蛮漬のレシピをご紹介します。「南蛮酢」とは、南蛮漬けに使われる甘酸っぱいタレのこと。市販品もありますが、自宅で…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

フライパンを使った、しいたけの上手な焼き方をご紹介します。しいたけを焼く方法としてはトースターやグリルなどもありますが、その中で、…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

最新記事

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

白菜の旨味が濃く感じられる、美味しい白菜漬けのレシピをご紹介します。白菜の塩漬けを作る際には、余分な水分を取り除くことがとても大切…

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

柚子の爽やかな風味をいかした、柚子味噌のレシピをご紹介します。柚子味噌を美味しく作るためのコツは2つあります。1つは、赤味噌を使う…

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

せり(芹)の風味と食感をいかした、ご飯によく合う炒め物の作り方をご紹介します。せりと豚肉を具材にした、味噌炒めのレシピです。スーパ…

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

柚子の砂糖漬けのレシピをご紹介します。生の柚子をそのまま食べると酸味と苦味が気になりますが、砂糖に漬けることで食べやすさが大幅にア…

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

菜の花を使った風味豊かなスープの作り方をご紹介します。菜花と焼き海苔を具材に使ったスープのレシピ。お好みで、柚子の皮か、生姜か、小…