やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

生姜緑茶の作り方。氷にして作り置き!ダイエット等の効果効能も解説。

投稿日:2019年2月9日 更新日:

生姜緑茶の作り方と、その効果をご紹介します。

生姜研究の第一人者、医学博士の平柳要さんが考案した「しょうが緑茶」。
TBSテレビの「サタデープラス」で話題になりました。

生姜と緑茶は最強のコンビ

平柳さんによると、生姜と緑茶は最強のコンビ。
副作用が無くて、万人に良い飲み物なんだそうです。

平柳さんによると、「しょうが緑茶」の効果は多彩です。
冷え症の改善や、高血圧・糖尿病の予防など、挙げればきりがないほど盛りだくさん。

生姜に含まれる「ジンゲロール」と緑茶に含まれる「カテキン」にはもともと殺菌作用がありますが、その2つを合わせた「しょうが緑茶」は、殺菌作用がさらにアップするそうです。

肥満予防効果も期待できる

平柳さんは現在67歳。
20年以上病気になっていないうえに、40代の体型を今でもキープしているそうです。
平柳さんは、食事の時はもちろん、仕事中にも頻繁に「しょうが緑茶」を飲んでいるんだとか。
肥満予防にも効果があるそうですよ。

ちなみに、平柳さんは、「しょうが緑茶健康法」という本を執筆されています。
同著は、中国語版も発売されるほどの人気です。

(一部情報元:TBSテレビ「サタデープラス」2019年2月9日、TBSテレビ「この差って何ですか」2019年3月12日放映)

しょうが緑茶の効果

「しょうが緑茶」には、様々な健康効果が期待できます。
平柳さんによると、効果は次のとおりです。

  • インフルエンザ予防
  • 冷え性改善
  • 動脈硬化の予防
  • 高血圧の予防
  • 糖尿病の予防
  • 高血糖の予防
  • 肥満の予防
  • 肌や髪のツヤ改善

他にも、血液をサラサラにしたり、悪玉コレステロールを減らすといった作用もあるため、「しょうが緑茶」は生活習慣病を遠ざけるとも言われているそうです。

しょうが緑茶の作り方

それでは、平柳さんが考案した「しょうが緑茶」のレシピをご紹介します。

用意する調理器具は、すりおろし器、湯呑み、急須、計量カップ&スプーンです。

材料【1人分:調理時間3分】
生姜 5g(小さじ1)
緑茶の茶葉 3g(小さじ2)
150ml
作り方
  1. 生姜を皮ごとすりおろし、緑茶の茶葉を急須に入れる。
  2. 湯を沸かし、沸騰したら火を止め、そのまま15秒くらい冷ましてから(湯の温度を80度まで下げてから)、急須に注ぐ。
    茶葉のエキスを抽出し、湯呑みに入れる。
  3. すりおろしたしょうがを混ぜたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1】
まず、生姜(5g:小さじ1)を皮ごとすりおろし、緑茶の茶葉(3g:小さじ2)を急須に入れます。

【調理のポイント】
生姜を皮ごとすりおろすと、栄養がムダなく摂れます。


【工程2】
次に、湯(150ml)を沸かし、沸騰したら火を止め、80度くらいになるまで冷まします。

上の写真では温度計を使っていますが、わざわざ測らなくてもよいそうです。
ポットで沸かした場合は、15秒くらいおけば、80度くらいに下がるとのことです。

【調理のポイント】
湯を80度まで冷まして使うと、緑茶の栄養がムダなく摂れます。


湯が冷めたら、急須に注ぎます。



そしてフタをして、いつも通り、茶葉のエキスを抽出します。



湯呑みに注ぎ、おろしたしょうがを混ぜたら完成です。

緑茶の風味が加わることで生姜の刺激が和らぐので、かなり飲みやすいです。


ここで、「しょうが緑茶」の調理のポイントをまとめます。
ポイントは2つあります。

生姜は皮ごとすりおろす

1つめは、生姜を皮ごとすりおろすこと。
皮ごとでないとダメなんだそうです。

生姜の皮のあたりには、「ジンゲロール」という健康成分が入っていて、細菌やウイルスを駆除する殺菌作用があるのだそうです。
この成分は、インフルエンザ予防にも効果があるそうです。

すりおろした生姜は、タッパーに入れて冷蔵するだけで、1週間保存が可能。
1週間だったら、栄養面の変化もほとんどないそうです。


80度の湯を使う

2つめは、沸かした湯を少し冷ましてから注ぐこと。
緑茶に含まれる「カテキン」は、80度ちょうどで抽出した時に最も出やすいそうです。
逆に80度を超えると、「カテキン」が壊れてしまうんだとか。

この「カテキン」にも殺菌作用があり、インフルエンザ予防に効果的なんだそうです。

また、生姜に熱湯を注ぐことで、冷え性改善効果がアップするそうです。

生姜を加熱すると、ジンゲロールが「ショウガオール」という成分に変化。
そして、この「ショウガオール」が、血行を促進して、体を芯から温めてくれるそうです。

ペットボトルの緑茶&生姜チューブを使う

ところで「しょうが緑茶」は、ペットボトルのお茶と生姜チューブでも作れるそうです。

ペットボトルの緑茶は、カテキンの含有量が少ないのであまりおすすめしないそうですが、トクホの緑茶だったら比較的良いそうです。

また、生姜チューブを使う場合は、余計な成分も含まれているので、量を1.5倍くらい(7.5g)にして使うと良いとのことです。

しょうが緑茶を飲む量

平柳さんによれば、「しょうが緑茶」は1日に6杯飲むのがおすすめだそうです。
食前と食後に1杯ずつで、合計6杯。

とは言え、1日6杯って、かなりの量ですよね。
でも大丈夫です。
1杯の量は、少なくても良いとのこと。
大事なのは、「しょうが緑茶」をこまめに飲み、常にのどが潤っていることなんだそうです。

「しょうが緑茶」を食事の前に飲むと、血糖値の上昇を抑えることができるそうです。
ですから、糖尿病の予防に効果的。

また、食事の後に飲むと、殺菌作用が働き、虫歯や歯周病、口臭の予防、インフルエンザの予防に効果的なんだそうです。

続いて、「しょうが緑茶氷」の作り方をご紹介します。

しょうが緑茶氷の作り方

平柳さんによると、「しょうが緑茶」は作り置きもできるそうです。

おろし生姜と粉抹茶を製氷皿に入れて冷凍。
気軽に飲めるので大変便利です。

材料【製氷皿1皿分:調理時間20分】
生姜 適量
粉抹茶 適量
適量
作り方
  1. 生姜をすりおろし、5g(小さじ1)ずつ製氷皿に入れる。
  2. 粉抹茶を0.75g(小さじ1/4)ずつ加え、水(適量)を注ぎ、軽く混ぜる。
    冷凍保存すると、1ヶ月日持ちする。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1・2】
まず、すりおろした生姜を5g(小さじ1)ずつ製氷皿に入れ、粉抹茶を0.75g(小さじ1/4)ずつ加えます。



そして、水(適量)を注ぎ、軽く混ぜます。

これを冷凍庫に入れ、凍らせたら完成です。



これが、出来上がった「しょうが緑茶氷」です。

冷凍保存すると1ヶ月日持ちします。



この氷をもとに「しょうが緑茶」を作る方法は、とても簡単です。

まず、「しょうが緑茶氷」を湯呑みに入れます。

そして、沸騰した湯を注ぎます。



100度の湯を氷に加えると、ちょうど80度くらいになります。

この方法だったら、先に紹介した、いちから作る方法よりも簡単。
しかも栄養も香りも、ほぼ変わらないそうです。
冷凍することで栄養成分を閉じ込めるので、1ヶ月以内だったら栄養価も落ちないとのことです。

しょうが緑茶の活用法

「しょうが緑茶」は、そのまま飲むだけでなく、いろいろな料理にも使えるそうです。

たとえば、いつものうどんに加えると、「しょうが緑茶うどん」の完成。
お茶漬けに加えると「しょうが緑茶 茶漬け」になります。
味噌汁に加えても良いそうです。
美味しくて体に良いのでおすすめだそうです。

生姜パウダーと粉末茶を携帯

蒸し生姜

ところで、平柳さんは、外出する時にいつも持ち歩いているものがあるそうです。

それは、生姜パウダーと粉末茶。
それらを血糖値が上がりやすい料理にかけて食べると、食後の血糖値を抑えられるそうです。

平柳さんが持ち歩いている生姜パウダーは、もしかしたら「ウルトラ蒸しショウガ」(上の写真)を砕いたものかもしれません。

平柳さんによると「ウルトラ蒸しショウガ」は、身体を温めるのに最適な生姜の食べ方で、ショウガオールを最大限に引き出すレシピになっています。

生姜を蒸してから乾燥させて、砕いて料理に使います。
詳しい作り方は、リンク先をご覧ください。

作り方を見る

冷え性改善効果をアップ

最後にご紹介するのは、冷え性の効果をパワーアップさせた「しょうが茶」のレシピ。
TBSテレビの「この差って何ですか」で話題になりました。
考案したのは、冒頭のレシピと同じく、平柳要さんです。

平柳さんによると、しょうがを100度くらいの温度で30分加熱すると、「ショウガオール」という成分が持続的に働くようになるので、冷え性にとても良いそうです。

材料
ショウガ 35g
1リットル
お茶 適量
作り方
  1. ショウガを薄切りにする。
  2. 1リットルの湯が入った電気ポットに1を入れ、フタをして30分ほど保温する。
  3. 2のショウガ湯でお茶を入れたらできあがり。

このレシピは、電気ポットにショウガを入れて保温することで加熱しますが、電気ポットが無い場合は、普通の鍋などで30分ほど煮ても良いと思います。

冷え性の方は是非こちらもお試しください。

関連記事

生姜の上手な保存方法。冷凍・冷蔵・常温保存。保存食も紹介。

生姜の上手な保存方法をご紹介します。生姜の冷凍方法、冷蔵の方法、生で常温保存する方法、乾燥させる方法の合計4パターンです。それぞれ…

生姜の皮むき!包丁・スプーン・アルミホイルを使った簡単な剥き方。

生姜の皮をむく方法を、動画でご紹介します。包丁を使った基本の皮むきと、スプーンやアルミホイルを使った簡単な皮むきなど合計3パターン…

ピリッとコク旨!生姜の味噌汁レシピ。ダイエットや冷え性にもおすすめ。

生姜を使った、美味しくてヘルシーな味噌汁のレシピをご紹介します。生姜は、ダイエットや冷え対策にぴったりの食材です。ただし、生ではな…

うなぎ蒲焼きのあたため方。緑茶で煮るとふわふわになります。

安くて硬いウナギの蒲焼きを簡単に美味しくする裏ワザをご紹介します。緑茶で煮るだけで、ふわふわの食感になります。ちなみに緑茶の味は残…

甘酒の効能。麹と酒粕の健康効果の違い。

甘酒の健康効果を分かりやすくお伝えします。甘酒には大きく分けて2種類あります。ノンシュガーでノンアルコールの「米麹の甘酒」と、砂糖…

スーパー大麦バーリーマックスの食べ方と効果。ダイエットレシピも。

「スーパー大麦 バーリーマックス」のおすすめの食べ方と効果をご紹介します。「スーパー大麦 バーリーマックス」とは、オーストラリア連…

紅しょうがの作り方。塩気控えめで食べやすい!新生姜の梅酢漬けのレシピ

紅しょうがの作り方をご紹介します。塩気と辛みを抑えた、食べやすい紅しょうがのレシピです。紅生姜の漬け方のポイントは、3つあります。…

甘酒の保存方法と日持ち。冷凍と冷蔵の2パターン。

甘酒の保存方法と日持ちについてお伝えします。甘酒の保存は、冷凍が一番おすすめです。市販品にしても手作りにしても、出来たての質を一番…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

白菜の上手な茹で方について解説します。白菜は、芯の部分と葉の部分では、火の通り具合がかなり違います。そのため、柔らかくするのに必要…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

アジの開き(干物)をフライパンで美味しく焼く方法を解説します。アジの開きをフライパンで焼くメリットは、何と言っても手軽なこと。アジ…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

白菜の保存について解説します。丸ごと1株の白菜はわりと長持ちしますが、切った途端に日持ちしにくくなります。丸ごとの白菜は常温で保存…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

白菜を冷凍すると日持ちが大幅にアップします。細かくカットした白菜でも、冷凍することで1ヶ月程度保存することが可能です。また、冷凍し…

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

アジの開き(干物)の上手な焼き方を解説します。アジの開きを焼くのなら、グリルを使うのが一番美味しいです。グリルだったら、オーブント…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

柚子の種を有効活用する方法をご紹介します。柚子の種を利用した、手作り化粧水のレシピです。柚子の種には、水溶性食物繊維の「ペクチン」…

最新記事

王道が旨い!筑前煮の絶品レシピ。福岡のがめ煮の簡単な作り方。

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

王道が旨い!筑前煮の絶品レシピ。福岡のがめ煮の簡単な作り方。

筑前煮の簡単で美味しい作り方をご紹介します。筑前煮とは、鶏肉やこんにゃくや里芋など、たくさんの種類の具材を甘辛く煮込んだ煮物のこと…

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

セリをたっぷりと使った、セリが主役のパスタレシピをご紹介します。セリにかつお節を合わせた、ペペロンチーノ風のパスタ。セリといえば爽…

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

白菜の旨味が濃く感じられる、美味しい白菜漬けのレシピをご紹介します。白菜の塩漬けを作る際には、余分な水分を取り除くことがとても大切…

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

たっぷりの白菜をモリモリ美味しく食べられる、白菜のお浸しレシピをご紹介します。白菜の味はとても優しくて淡いので、普通におひたしにす…

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

柚子の爽やかな風味をいかした、柚子味噌のレシピをご紹介します。柚子味噌を美味しく作るためのコツは2つあります。1つは、赤味噌を使う…