なす味噌炒めのレシピ。大人気!伝説の家政婦 志麻さんのなすと納豆おかず。

投稿日:2019年3月1日 更新日:

志麻さんのなすレシピ

なす味噌炒めの簡単レシピをご紹介します。

伝説の家政婦こと、家事代行サービスタスカジの人気スタッフ、タサン志麻さんが考案した「ナスと納豆の甘みそ炒め」。
日本テレビの「沸騰ワード10」で話題になったレシピです。

ひき肉の代わりに納豆を使う

このなす味噌炒めは、ひき肉の代わりに納豆を使うのが特徴です。

お肉は一切使いませんが、味付けに甘みとコクがありますし、納豆の旨味もしっかり感じられるので、食べ応え十分です。

大葉のさっぱりとした風味もよく合いますよ。

(一部情報元:日本テレビ「沸騰ワード10」2019年3月1日放映)

なす味噌炒めのレシピ

「ナスと納豆の甘みそ炒め」のレシピです。

材料

2人分:調理時間10分
なす 2本
納豆 2パック
しょうが 少々
にんにく 1片
大葉 3枚
サラダ油 適量
ごま油 適量
味噌 大さじ1
みりん ひとまわし
砂糖 ひとつまみ

なす味噌炒めの作り方

なすとしょうがとニンニクを切る
まず、なす(2本)のヘタを取り、乱切りにします。
ちなみに、「乱切り」とは、なすを回しながら斜めに包丁を入れ、同じ大きさに分ける切り方です。

次に、しょうが(少々)とにんにく(1片)をみじん切りにして、大葉(3枚)を細切りにします。


フライパンにサラダ油を入れる
続いて、サラダ油(適量)をフライパンに入れます。

サラダ油の量は、焼く時よりも少し多めです。


なすを揚げ焼きにする
そして、なすを加え、たまに返しながら6分ほど揚げ焼きにします。


揚げ焼きにしたなすの油を切る
6分経って、なすに少し焼き色が付いたら、いったんザルに上げて油を切ります。


フライパンにごま油を入れる
次に、空いたフライパンの表面をキッチンペーパーなどできれいに拭き取り、ごま油を入れます。


納豆を炒める
そして、しょうが・にんにく・納豆(2パック)を加え、納豆をほぐしながら、フライパンのフチあたりで軽く炒めます。

納豆は、加熱し過ぎると栄養が壊れるので、短時間でさっと炒めるのがポイントだそうです。


納豆に味付けをする
続いて、味噌(大さじ1)・みりん(ひとまわし)・砂糖(ひとつまみ)を加え、混ぜながら軽く炒めます。

みりんは「ひとまわし」ということでザックリした分量になっています。
お好みで量を調整してください。

ちなみに、辛い味付けがお好みなら、豆板醬を加えても美味しいそうです。


納豆になすを加える
全体が馴染んだら、なすを加えます。


なすと納豆に大葉を加える
さらに大葉を加え、軽く炒め合わせたら完成です。


なす味噌炒め
ほど良い甘みが加わった味噌と納豆の旨味が溶け合って、味わい深く仕上がります。
とろっとしたなすが良く合います。

納豆の臭みがほとんど分からなくなるので、納豆を食べ慣れない方でも、美味しくいただけると思いますよ。


ところで、当サイトでは、志麻さんのレシピを他にもたくさん紹介しています。

それらのレシピは、「伝説の家政婦 タサン志麻さんの人気レシピまとめ」で、ランキング形式で分かりやすく解説しています。
合わせて是非ご覧ください。

なすと味噌のレシピあと3品

最後に、なす&味噌を使ったおすすめレシピをあと3品ご紹介します。

なすのシソ味噌がけ

ナイスなシソ味噌

1品めは、タレントのマツコ・デラックスさんが大絶賛したお料理。

なすとピーマンを素揚げにし、こってりとした甘みとコクのあるシソ味噌をかけたお料理です。

ご飯が進むシンプルなおかずです。

料理愛好家の平野レミさんのレシピ

10分
ナスピーマン白ゴマシソ味噌砂糖みりん

作り方を見る

なす味噌田楽

炒めナスのみそ田楽

2品めは、なすを使った味噌田楽のレシピ。

ごく一般的な味噌田楽は、グリルや網を使ってなすを焼きますが、この味噌田楽は、フライパンで揚げ焼きにするのが特徴です。

少し多めのごま油でこんがりと焼いたなすはとろっとした食感で、肉料理のような食べ応えがあります。
コクのある味噌だれと、薬味の爽やかな風味が絶妙にマッチします。

料理家の栗原心平さんのレシピ
10分
ナスしょうがみょうが白髪ねぎごま油赤味噌みりん砂糖

作り方を見る

なすと味噌のレシピ

夏野菜のみそ麻婆

3品めは、なすとトマトをたっぷり使った、さっぱりとした麻婆茄子のレシピ。
味噌ベースのタレで味付けします。

トマトの酸味をほど良く効いた優しい味つけで、小さな子供でも食べやすいと思います。

タレントの北斗晶さんのレシピ
ナストマト長ネギサラダ油豚ひき肉味噌醤油片栗粉おろしショウガ豆板醤

作り方を見る

関連レシピ