ゴーヤの苦みの取り方。かんたん苦味取り!塩揉みや茹でるのが効果的。

投稿日:2020年7月24日 更新日:

ゴーヤの苦みの取り方

ゴーヤの苦みをとる方法をご紹介します。
ゴーヤのアク抜きをして、苦味を消す方法です。

ゴーヤの苦味取りに効果的な方法

ゴーヤを生で食べる場合は、塩揉みするのがおすすめです。
ある程度加熱しても構わない場合は、茹でるとさらに効果的。

それ以外にも、炒めたり、味付けを工夫することでも、苦味は大幅に和らぎます。

それぞれについて、詳しく解説します。

ゴーヤが苦い理由

まず最初に、ゴーヤが苦い理由について説明します。

ゴーヤは、熟す前の「未熟果」を食べるのが一般的で、その状態のゴーヤには強い「アク」が含まれています。
そして、この「アク」が、ゴーヤの苦みのもとになっています。

ゴーヤの苦みは外見からも判断できる

ゴーヤの苦味には個体差があり、外見からもある程度判断可能です。

苦いゴーヤの見分け方

苦味「強」
苦味「弱」

写真左のゴーヤのように、表面のイボイボが小さく密になっているものは、苦味が強め。
一方で、写真右のように、イボイボが大きいものは、やや苦味が弱めです。

ゴーヤの苦み成分の栄養効果

ゴーヤの苦みは人によって好みが分かれるところですが、でも実は、ゴーヤの苦味には、体に良い栄養もたっぷり含まれているんです。

ゴーヤの苦味のもとになっているのは、「モモルデシン」という成分。
この成分には、次のような効能が期待できると言われています。

  • 胃液の分泌を促進して食欲を増進させる。
  • 肝機能を高める。
  • 血糖値を抑制する。
  • 疲労を回復する。
ゴーヤのワタは苦くない

ちなみに、ゴーヤの苦みが強い部分は、表面の緑色の部分だけです。

ゴーヤのワタの苦み 内側にあるワタやタネの部分には苦味はほぼなく、むしろ、ほんのりとした甘みがあって食べやすいです。

そのうえ、ゴーヤのワタの部分には、果肉部分の3倍ものビタミンCが含まれています。
ですから、食感がキライでなければ、ワタも一緒に調理するのがおすすめですよ。

ゴーヤの苦みの取り方

ゴーヤの苦味の取り方

さて、ここからは、ゴーヤの苦味を抑える方法をご紹介します。

ゴーヤの苦味を抜く方法としては、次の方法が効果的です。

  • 塩で揉む
  • 茹でる
  • 油で炒める
  • 味付けを工夫する

塩で揉む

ゴーヤの塩揉み
ゴーヤを生のまま手軽に食べたいのなら、塩で揉む方法がおすすめです。

ゴーヤを薄切りにしたうえで、塩(少々)で揉んで10分ほど放置。

塩揉みしたゴーヤの水気を絞る あとは、水気を絞るだけで、ゴーヤの苦味がかなりやわらぎます。

お好みで、塩少々に加えて、砂糖を少し足してもいいです。

水にさらすよりもオススメ

ちなみに、塩を使わずに、シンプルに水にさらすだけでも苦味はある程度抜けます。

ただ、苦味の抜けやすさで言えば、塩揉みした方がずっと上。
塩気を付けたくない場合には水にさらす方法も便利ですが、そうでなければ、塩揉みの方が効果的です。

塩で揉んだあとに、補助的に水洗いするのであれば、アリだとは思います。


茹でる

ゴーヤを茹でて苦味をとる

ゴーヤを加熱しても構わないのであれば、塩揉みするよりも、茹でた方がさらに苦味が抜けやすくなります。

食感はやや柔らかくなりますが、茹でたゴーヤは、ゴーヤ嫌いでも食べやすいと思います。

ゴーヤのゆで時間は、薄切りだったら1分くらい。
苦味取りにこだわる場合は、もう少し長めに2分ほど茹でると、食べやすさがさらにアップします。

ゴーヤの茹で方と茹で時間」については、別記事で詳しく紹介しているので、合わせて参考にしてください。

ゴーヤの苦くないレシピ

また、ゴーヤを茹でて苦味を和らげるレシピとしては、「ゴーヤのおひたし」がおすすめです。

ゴーヤの苦くないレシピ(おひたし) めんつゆの旨味がきいていて、美味しいですよ。

熱湯をかける方法について
切ったゴーヤに熱湯をかける ちなみに、切ったゴーヤや塩もみしたゴーヤに熱湯をかけるだけでも、苦味はそこそこ和らぎます。

ただ、茹でる方がよりしっかり苦味が取れます。


炒める・味付けを工夫する

続いては、調理法や味付けでゴーヤの苦みを抑える方法です。

ゴーヤチャンプル ゴーヤといえば、沖縄料理のゴーヤチャンプルがとても有名ですが、ゴーヤチャンプルはゴーヤを炒めて鰹だしの風味を効かせるのが特徴です。

ゴーヤは、少し多めの油で炒めてコーティングしたり、旨味を効かせたりすると、苦味を感じにくくなります。

ツナのマイルドな味をいかす

また、マイルドな味付けにするのもおすすめです。

ゴーヤの和え物 例えば、ゴーヤで和え物を作るのなら、ツナ缶やコーンなどと合わせると、苦みがわかりにくくなりますよ。

関連レシピ