冷製スープの簡単レシピ。水切りヨーグルトを使った冷たいスープ。

投稿日:2015年12月12日 更新日:

冷製スープ

水切りヨーグルトを使った冷製スープのレシピをご紹介します。

料理研究家の林幸子さんが考案した「水切り塩ヨーグルト」と「夏野菜の冷製スープ」のレシピです。

「水切り塩ヨーグルト」は、水切りヨーグルトに塩を加えたものです。
普通の水切りヨーグルトとくらべると、保存性が高く、作り置きしておくと、サラダやスープといった料理に手軽にいかせて便利です。

また「夏野菜の冷製スープ」は、水切り塩ヨーグルトを使ってわずか2分で作れます。
細かく刻んだ野菜を加えた、夏にぴったりの涼しげな冷製スープですよ。

ちなみに林さんは「魔法の水切り塩ヨーグルトレシピ」というヨーグルトの料理本を執筆しています。

(一部情報元:日本テレビ「every.」2014年7月7日放映)

水切り塩ヨーグルトの作り方

水切り塩ヨーグルト

まずは「水切り塩ヨーグルト」のレシピをご紹介します。

材料【調理時間1分/水切り時間除く】
プレーンヨーグルト 1パック(450g)
小さじ1/2
作り方
  1. ヨーグルトをコーヒーペーパーの中に入れ、一晩水切りする。(上の写真)
  2. 塩を加えてよく混ぜたらできあがり。

工程2で塩を加えて「水切り塩ヨーグルト」にすると、塩気をいかした料理に使いやすいですし、塩を加えずにただの「水切りヨーグルト」のままにしておくと、日持ちはしませんがデザートなどにも使えます。

ちなみに「水切りヨーグルト」を使ったデザートのレシピだったら「フローズンヨーグルト」がおすすめです。

次に「水切り塩ヨーグルト」を使った冷製スープのレシピをご紹介します。

水切りヨーグルトを使った夏野菜の冷製スープ

冷製スープ

次に林さんが考案した「夏野菜の冷製スープ」のレシピをご紹介します。

「水切り塩ヨーグルト」を使って作ります。

材料【調理時間2分】
トマトやきゅうりなどの夏野菜 適量
水切り塩ヨーグルト 適量
冷たいコンソメスープ 適量
少々
作り方
  1. 野菜をみじん切りにして塩で揉み、水気を切る。
  2. 1に水切り塩ヨーグルトとコンソメスープを混ぜたらできあがり。

分量はすべて適量ですが、野菜の種類を変えるだけで、幅広いバリエーションが楽しめます。

ちなみに私は、このレシピをもとにシンプルなスープを作ってみました。
キュウリ(50g)とトマト(60g)をみじん切りにし、塩(少々)で揉み、水切り塩ヨーグルト(80g)と冷たいコンソメスープ(100cc)を加えました。

ヨーグルトのほのかな酸味をいかした、夏に嬉しいさっぱりとした冷製スープが出来ますよ。
お好みの量で試してみてください。

関連レシピ