肉っぽい食感!氷こんにゃくの作り方。冷凍して肉もどきを作る方法

投稿日:2014年10月29日 更新日:

氷こんにゃく

「氷こんにゃく」の作り方をご紹介します。

氷こんにゃくとは、冷凍したこんにゃくのことです。
こんにゃくを凍らせてから解凍すると、中の水分が抜けて、お肉のような食感になります。
お肉の代用品として、ステーキや唐揚げや生姜焼きなど幅広いお料理に使えるので、作り置きしておくと便利です。

また、こんにゃくは低カロリーで低糖質な食材なので、ダイエットにもおすすめです。

(一部情報元:フジテレビ「めざましテレビ」ヘルシーSEVEN 2014年10月29日、日本テレビ「ヒルナンデス」2019年9月3日放映)

氷こんにゃくのレシピ(唐揚げ)

「氷こんにゃく」の基本の作り方です。

ちなみに、上の写真は、氷こんにゃくを使った唐揚げです。
唐揚げのレシピは、後ほどご紹介します。

材料

調理時間10分:冷凍1日
コンニャク 適量

作り方

こんにゃくを冷凍する
まず、こんにゃくを適当な大きさに切り、保存容器に入れてフタをします。
バットを使う場合は、ラップをかぶせてください。
そして、24時間かけて冷凍します。(上の写真)

なお、こんにゃくの切り方は自由です。
上の写真のこんにゃくは、唐揚げにするので少し大きめの角切りにしていますが、生姜焼きにするのであれば薄切りに、また青椒肉絲にする場合は細切りにするなど、作りたい料理によって切り方を変えてください。


冷凍こんにゃくを解凍する
こんにゃくが凍ったら、今度は湯をかけて解凍します。
時間がある場合は、自然解凍でもOKです。

最後に、キッチンペーパーなどで水分をしっかり絞ったらできあがりです。

こんにゃくを冷凍して解凍することで、水分が抜けて、食感がきゅっと引き締まります。


氷こんにゃくの唐揚げ

こちらは、氷こんにゃくで作った「コンから(唐揚げ)」です。

鶏肉の唐揚げとくらべると食感がしっかりしていますが、味付けは唐揚げそのもので、とても美味しいですよ。
少量食べるだけでも満足感があるので、ダイエットにぴったりです。

氷こんにゃくをお肉に見立てれば、唐揚げだけでなく、生姜焼きやステーキなどの肉料理も簡単に作れます。

詳しいレシピはリンク先をご覧ください。

こんにゃく研究家の橋爪佐和子さんのレシピ
15分
氷コンニャク片栗粉揚げ油砂糖おろしニンニクおろしショウガ醤油

作り方を見る

関連レシピ