やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

「ダイエットごぼう鍋」のレシピ。栄養学のプロが考えた、ごぼうの賢い調理法。

投稿日:

ごぼう

「すき焼き」や「牛肉のゴボウ巻き」そして「豚汁」といった料理には、肉と一緒にゴボウが使われることが多いですよね。
実はこの「肉とゴボウ」という食べ合わせは、とても体に良いそうです。

管理栄養士の岸村康代さんによると、ゴボウは体内の余分な脂質を排出し、腸内環境を整える働きがあります。そのためダイエットにはぴったりの食材だとか。

ちなみに岸村さんは、野菜の賢い食べ方を調べて実践することで13Kgのダイエットに成功した経験をお持ちです。その体験をもとに、ダイエットに関する本「岸村式 食べちゃダメなものはない! ダイエット 焼肉、ケーキだってOK!」も執筆されています。

岸村さんは、ご自身のダイエットを成功させるため、ゴボウを賢く食事に取り入れたそうです。

今日はそんな岸村さんがすすめる、賢いゴボウの食べ方と「ダイエットごぼう鍋」のレシピをご紹介します。

(一部情報元:「林修の今でしょ!講座」2014年11月18日放映)

ゴボウの食物繊維

ゴボウは食物繊維が豊富で、便秘に効果があるとよく言われますよね。

岸村さんによると、ゴボウには2種類の食物繊維が含まれています。水に溶ける性質がある「水溶性食物繊維」と、水に溶けない「不溶性食物繊維」。
「水溶性食物繊維」はスライムのようにネバネバとしており、腸内で脂肪を吸着し、一方の「不溶性食物繊維」は、腸の蠕動運動を促し、便の排出をスムーズにしてくれるそうです。

このように体内の脂肪を排出し、さらに腸の中をきれいにしてくれるゴボウは、ダイエットに効果的な食材であると岸村さんはおっしゃっています。

賢いゴボウの食べ方

ただせっかくゴボウを食べても、場合によってはその効果が著しく減ってしまうこともあるようです。

岸村さんによると、ゴボウのダイエット効果を取り入れるためには、調理法にちょっとした注意が必要です。
そのポイントは次の2点です。

  1. 水にさらさない。
  2. 皮をむきすぎない。

ゴボウを水にさらすと、ポリフェノールがどんどん流出してしまうそうです。
ポリフェノールといえば、生活習慣病の予防や、肌を若々しく保つのに効果を発揮する成分。水に5分さらしただけでも、ポリフェノールはかなり減ってしまうようですから注意が必要です。
またポリフェノールと一緒にゴボウの旨み成分も溶け出してしまうようです。モッタイナイですね。

ちなみに岸村さんはゴボウを料理する際、水には一切さらさないそうです。
ただゴボウをそのまま料理に使うと、どうしても出来上がりが黒っぽくなってしまいます。ですからおせち料理など見た目を美しく仕上げたい場合だけは、例外として水にさらすとよいようです。

またゴボウの皮にはポリフェノールや食物繊維がたっぷり含まれているようですから、アルミホイルで擦ったりして、ごく薄く皮をむくとよいそうです。

ちなみに私はタワシでゴシゴシと洗うだけで、皮をむいていません。ちなみに水にさらすこともしていません。だいぶ前にマクロビオティックという食事法を学んで以来、そうするようになりました。全然問題ないですよ。

ダイエットごぼう鍋

鍋

さて最後に、岸村さんの考案した「ダイエットごぼう鍋」をご紹介します。

「ダイエットごぼう鍋」は、次の5つの食材を使ってつくります。

ゴボウ
エノキ
玉ネギ
ブリ
味噌

それぞれの食材が持つダイエット効果と調理法を簡単にご説明します。

ゴボウはあまり細かく切りすぎてしまうと、鍋に入れるまでに酸化が進むそうです。そのためちょっと厚めにカットし、すぐに鍋に入れて加熱するのがポイントです。
ちなみに情報元のテレビ番組で披露された「ダイエットごぼう鍋」には、厚さ2センチほどの斜め切りにしたゴボウが入っていました。

エノキは細かく刻んで加えます。
エノキに含まれる栄養成分は、細かく切ることで外に出やすくなるようです。

また玉ネギにはオリゴ糖が含まれており、ゴボウと同じく腸内環境を整える働きがあるそうです。
ちなみに玉ネギは、切って15~30分置いてから鍋に加えるとよいようです。その理由は以前書いた記事をご覧ください。

またブリに含まれるEPAは、中性脂肪の減少させる効果があるとのこと。

さらに味つけには味噌を使います。味噌は腸内環境を整える発酵食品です。

以上。「ダイエットごぼう鍋」には腸内環境を整える食材がたっぷり使われていることが分かります。ダイエットを制するには、腸の調子に注目するとよいようです。

気になるお味の方は、ゴボウは厚めに切られていますから歯ごたえがバッチリ。かなり食べごたえがあるようです。また玉ねぎは1個を縦に4等分したものが2個も入っていましたから、玉ネギの優しい甘みも堪能できるお鍋みたいですよ。

とても美味しそうな鍋料理なので、食事を十分楽しみつつダイエットができそうですね。

岸村さんによると、ゴボウはこのように鍋に加える以外にも、炒めたり、味噌汁に入れたり、炊き込みご飯やパスタの具材にしてもよいそうです。

画像引用元:burdock root by fitkitchenAnglerfish NABE (Nakaminato, Ibaraki, Japan) by t-mizo

関連記事

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。112日分メニューまとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを112パターンご紹介します。112品すべてが、テレビで話題の人気料理をベースにしたお弁当。名店のシェフやレシピ本の…

セロリの栄養と効能。カリウムや香り成分がポイント!血圧低下や精神安定に

セロリに含まれる栄養と健康効果を解説します。セロリには、高血圧予防に効果的なカリウムが豊富に含まれており、また、セロリの香り成分には、精神の…

チャイの作り方。インドのスパイスミルクティー(マサラチャイ)のレシピ

チャイ(Chai)の作り方を、本場インドで撮影した動画とともにご紹介します。チャイとは、インドでよく飲まれているミルクティーのこと。たっぷり…

りんごは皮ごと食べると栄養豊富!健康効果・洗い方・切り方等を解説。

りんごは、皮ごと食べるのが断然オススメです。りんごは皮を剥いて食べるのが一般的ですが、りんごの皮には、私たちが健康を保つために大切な、ポリフ…

大麦の炊き方。もち麦・押し麦・スーパー大麦ダイエット。

4種類の大麦(押し麦・丸麦・もち麦・スーパー大麦)に含まれる栄養とそれらの基本の炊き方をご紹介します。大麦は食物繊維が大変豊富で、穀物の中で…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

菜の花の胡麻和え。すりごまの香ばしい風味が好相性!簡単5分レシピ。

菜の花の胡麻和えのレシピをご紹介します。王道のごま和えレシピになってい…

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…

菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。

菜の花の人気料理と言えば、やはり、辛子和えは外せません。菜の花の少しほ…