冷凍で食感UP!氷こんにゃくの唐揚げレシピ。ダイエットにおすすめ。

投稿日:2014年11月20日 更新日:

氷こんにゃくの唐揚げ

こんにゃくを使った唐揚げのレシピをご紹介します。

こんにゃく研究家の橋爪佐和子さんが考案した、氷こんにゃくで作る「コンから」です。

氷こんにゃくとは、冷凍したこんにゃくのこと。
こんにゃくを凍らせてから解凍すると、お肉のような食感になります。
こんにゃくは低カロリーで低糖質なので、ダイエットにもおすすめです。

ちなみに、橋爪さんは「氷コンニャク超美味レシピ」というレシピ本も執筆しています。

(一部情報元:テレビ朝日「グッド!モーニング」2014年11月20日放映)

冷凍こんにゃくの唐揚げ

氷こんにゃくを使った「コンから」のレシピです。

材料

2人分:調理時間15分
氷コンニャク(※) 板コンニャク250g分
片栗粉 適量
揚げ油 適量
A
砂糖 小さじ1/2
小さじ1/4
おろしニンニク 適量
おろしショウガ 適量
大さじ1/2
醤油 大さじ1/2

※氷コンニャクの作り方は、下の文中をご覧ください。

氷こんにゃくの唐揚げの作り方

氷こんにゃくの作り方
最初に、氷こんにゃく(冷凍こんにゃく)の作り方を説明します。

まず、こんにゃく(250g)を食べやすい大きさに切り、バットの上に並べます。
そして、ラップをして、24時間かけて冷凍します。(上の写真)

こんにゃくが凍ったら、熱湯をかけて解凍し(自然解凍でもOK)、水気をしっかり絞り、さらにキッチンペーパーで水気を拭き取ったら完成です。

作り方はとても簡単ですが、説明が分かりにくい場合はこちらをご覧ください。
写真つきで詳しく説明しています。


氷こんにゃくに調味料を加える
氷こんにゃくができたら、材料A(砂糖小さじ1/2・塩小さじ1/4・おろしニンニク適量・おろしショウガ適量・酒大さじ1/2・醤油大さじ1/2)を揉み込み、10分置きます。


氷こんにゃくを揚げる
最後に、氷こんにゃくに片栗粉を万遍なくしっかりまぶし、170度に温めた油でキツネ色になるまで揚げたらできあがりです。

ちなみに、170度を見極めるには、油に箸を入れてみるといいですよ。
箸全体から細かい泡が出始めたら170度くらいです。


氷こんにゃくの唐揚げ
この唐揚げは、鶏の唐揚げとくらべると食感が少ししっかりめですが、よく噛んで食べると味わい深く、食後の満足感もあります。

お味の方は唐揚げそのものなので、こんにゃく料理とは言え、けっこうウケますよ。

関連レシピ