塩分控えめで旨い!生姜焼きの減塩レシピ。ヘルシーな作り方。

投稿日:2014年11月27日 更新日:

生姜焼きの減塩レシピ

生姜焼きのヘルシーな減塩レシピをご紹介します。

料理研究家の浜内千波さんが考案した「極ウマヘルシーしょうが焼き」のレシピです。

浜内さんによると、料理で上手に減塩をするには、野菜などの酸味や甘みを利用すると良いとのこと。
酸味や甘みの「対比効果」で塩味が引き立つため、塩分を控えめにしても、十分満足できる味に仕上がるそうです。

実際に生姜焼きを作ってみたところ、1人分につき小さじ3/4程度の醤油の塩気だけで、とても美味しくできました。

(一部情報元:日本テレビ「いっぷく!」2014年11月27日放映)

ヘルシー生姜焼き

この生姜焼きは、トマトの酸味とショウガの香りを活かして、減塩します。

浜内さんによると、ショウガを加えて香りを立たせることでも、減塩効果が期待できるそうです。
トマトとショウガのダブル効果で、塩気を控えめにしても、十分美味しい生姜焼きが作れます。

材料

2人分
豚ロース生姜焼き用 200g
トマト 100g
玉ネギ 150g
コショウ 適量
砂糖 大さじ1/2
おろしショウガ 20g
醤油 大さじ1/2
大さじ2
サラダ油 小さじ2

作り方

減塩生姜焼きの材料

(※写真はすべて、レシピの半量である1人分を調理しています。)

【工程1】
まず、豚肉にコショウ・砂糖・ショウガ(半量)を加え、手でよく揉みます。
豚肉には、塩をふりません。

そして、玉ネギを縦半分に切り、繊維に逆らって1センチ厚に切ります。
トマトは、1センチ角に切ります。

【調理のポイント】
豚肉は、砂糖とおろしショウガを揉み込むと、柔らかく仕上がります。


豚肉をフライパンで焼く

【工程2】
次に、豚肉に焼色をつけます。

温めたフライパンに油を引かずに豚肉を並べ、豚肉の表面をこんがりと焼きます。
そして、フライパンからいったん取り出します。

なお、この段階で豚肉に完全に火を通す必要はありません。
むしろ、少し生焼けの方が、肉が柔らかく仕上がります。

ちなみに、私は豚肉の片面だけを焼いて、すぐに火を止めました。

【調理のポイント】
豚肉は、フライパンに油を引かずにそのまま焼きます。
肉の脂を活かして、ヘルシーに仕上げます。

また、豚肉は、表面にさっと焼き色を付ける程度の加熱にとどめ、フライパンからいったん取り出します。
この段階で中までしっかり火を通してしまうと、肉が硬くなってしまいます。


玉ねぎをフライパンで焼く

【工程3】
続いて、野菜を加熱します。

肉を焼いたフライパンにサラダ油を引き、玉ネギを中火で2分ほど炒めます。


減塩生姜焼きの材料をフライパンで炒める

玉ネギにさっと火を通したら、酒・醤油・トマトを加え、トマトがゆるく崩れてきたら、豚肉を戻してよく絡めます。

最後に、残りのショウガ(半量)を加え、さっと火を通したら完成です。


減塩生姜焼き

上の写真は、1人分の生姜焼きです。
量は標準的なボリュームですけど、使った塩気は、醤油小さじ3/4のみです。

トマトと砂糖の甘み、そしてトマトの酸味、さらにショウガの風味が効いて、塩気がしっかり感じられます。
味のもの足りなさは、まったくありません。

また、肉は、砂糖とショウガの効果で、こんがりと焼いたわりに比較的柔らかく仕上がりました。

玉ネギのシャキシャキとした食感がアクセントになっていて、とても美味しいですよ。

関連レシピ