お肉が柔らかい酢豚をつくる方法。豚バラスライス肉・霧吹きを使います。

投稿日:2014年12月4日 更新日:

酢豚

中華料理店「ツーアンレストラン陳」の総料理長・菰田欣也さんの、15分でできる酢豚のレシピをご紹介します。

ふつう酢豚は、豚のかたまり肉を使ってつくりますが、今日のレシピは豚バラスライス肉を巻いて、かたまり肉のように使います。さらに調理には、霧吹きを利用します。

豚バラスライス肉&霧吹きの効果で、家庭でも簡単に、柔らかくてジューシーな酢豚ができるそうです。

(一部情報元:「いっぷく!」2014年12月4日放映)

簡単極ウマ酢豚

「簡単極ウマ酢豚」をつくるポイントは、豚バラスライス肉を巻いて、かたまり肉もどきをつくること。そしてそれに片栗粉をしっかりと2度づけすることです。
片栗粉で肉をちゃんとコーティングすると、豚肉をジューシーで柔らかく仕上げることができるそうです。

霧吹きは、肉に片栗粉をしっかりつけるために使います。
かたまり肉もどきに1度めの片栗粉をまぶしたら、霧吹きを利用していったん表面を湿らせて、さらに2度めの片栗粉をしっかりとつけます。
そして揚げる直前にもう1度霧吹きをすると、片栗粉が剥がれにくくなるそうです。

またこの酢豚のタレはちょっと変わっています。レモン汁を加えます。そうすると爽やかな甘酢になって、軽い食感の酢豚ができるようですよ。

つくり方は次の通りです。

材料(2人分)
豚バラスライス肉 200g
塩・コショウ 少々
片栗粉 適量
玉ネギ 1/2個
ピーマン 1と1/2個
パプリカ(赤・黄) 1/4個
揚げ油 350cc
(A)
砂糖 大さじ2
大さじ2
大さじ2
ケチャップ 大さじ2
片栗粉 小さじ1
作り方
  1. 肉に塩・コショウをする。それを端から折りたたむようにしてふんわりと巻く。
  2. (片栗粉の2度づけ)1に片栗粉をまぶす。それを皿に並べて、霧吹きで水を吹きかけて表面に粘りを出す。さらに片栗粉をしっかりつける。
  3. 玉ネギ・ピーマン・パプリカを一口大に切る。
  4. 揚げ油を160度に温める。具材を揚げる直前に、2の肉にさらに水を吹きかける。軽く湿らせる程度でOK。(油に入れてもはねることはないようです。)肉を油に投入し、そのまま触らずに2分ほど揚げる。ひっくり返して、油の泡が少なくなってきたら揚げ上がり。油から取り出す。
  5. 160度の揚げ油に、水気を切った玉ネギ・ピーマン・パプリカを入れて10秒ほど素揚げする。取り出す。
  6. Aを混ぜてフライパンで加熱し、トロミが出てきたら4と5を加えて和える。できあがり。

揚げ油の温度はとても大事なようですから、160度をちゃんと守りましょう。
160度にする目安は、「片栗粉を少量加えたらパッと浮いてくるくらい」だそうです。

ピーマンとパプリカの彩りがとてもきれいな酢豚。
情報元の番組で試食された方によると、材料は豚の薄切り肉でも、丁寧に調理することで本格的な酢豚ができるようです。

今日のレシピを教えてくださった菰田欣也さんは、料理本の他にダイエットに関する本も執筆されています。

関連レシピ