やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

究極のハンバーグの作り方。愛好家おすすめ!肉々しい本格レシピ。

投稿日:2014年12月11日 更新日:

日本ハンバーグ協会というハンバーグの魅力を広めている団体が、「究極のハンバーグ」のレシピを発表しました。

「究極のハンバーグ」とは、ハンバーグの愛好家たちが考案した、最高に美味しいハンバーグのこと。

牛肉と豚肉の比率にもこだわった肉肉しいハンバーグです。

また、パン粉ではなくお麩をつなぎに使うのも特徴の一つ。
ハンバーグの肉汁をギュッと閉じ込めて、外に逃がしません。

この記事では、「究極のハンバーグ」の作り方をご紹介します。

(一部情報元:日本テレビ「スッキリ!!」2014年12月11日放映)

究極のハンバーグの作り方

「究極のハンバーグ」を作るポイントは次の5つです。
(レシピは後ほどご紹介します。)

究極のハンバーグ 5つのポイント
  1. 肉の比率は、牛9:豚1。牛のバラ肉も加える。
  2. 肉は塩だけを加えてこねる。
  3. パン粉の代わりにお麩を使う。
  4. つなぎの比率は18.6%(全体のおよそ1/5)。
  5. 「やや強めの中火」で焼き始める。
肉の比率は、牛9:豚1

市販のハンバーグは、牛7:豚3の比率のものが一般的なのだそうです。
一方で、「究極のハンバーグ」は、牛9:豚1。
牛肉の割合を増やすことで、牛肉の旨味を前面に押し出しています。
そして、少量の豚肉を加えることで、脂っこさが抑えられ、食べやすいハンバーグになります。

また、牛のバラ肉も加えることで、肉の食感が良くなるとのことです。

肉は塩だけを加えてこねる

肉をこねるときに塩を加えると、肉のタンパク質が分解されて粘り気が出やすくなり、短い時間で肉をつなぎ合わせることができるそうです。

ちなみに、塩以外のつなぎを一度に合わせるのはNGです。
混ぜるのに時間がかかり、手の熱で肉の脂が流れ出してしまうとのこと。

ジューシーなハンバーグを作るには、塩だけを加え、短時間でしっかりと肉をこねるのがポイントです。

パン粉の代わりにお麩を使う

一般的なハンバーグは、つなぎとしてパン粉を使いますが、「究極のハンバーグ」は、パン粉ではなくお麩を使います。
お麩はパン粉にくらべると吸水性が高いので、ハンバーグの中に肉汁をしっかりと閉じ込めてくれるそうです。

つなぎの比率は全体のおよそ1/5

つなぎの比率は、ごく普通のハンバーグとくらべると少なめです。
肉の割合を増やすことで、肉の食感や旨みが感じられるハンバーグができるようです。

「やや強めの中火」で焼き始める

強火で焼き始めると、ハンバーグの周りばかりが焦げてしまい、中まで火が通らないそうです。

これらのポイントを踏まえ、「究極のハンバーグ」レシピをまとめると、次のようになります。

究極のハンバーグのレシピ

ハンバーグの愛好家が考案した、「究極のハンバーグ」のレシピです。

材料【2人分】
牛ひき肉 220g
牛バラ肉 50g
豚ひき肉 30g
お麩 5g
牛乳 大さじ1
玉ネギ
(みじん切り)
50g
溶き卵 1/4個分
砂糖・塩・コショウ・ナツメグ 各少々
ケチャップ 小さじ1
デミグラスソース 適量
作り方
  1. 細かく刻んだバラ肉とひき肉を合わせ、塩を加えてよくこねる。
  2. お麩をすりおろして牛乳を加え、ペースト状にする。
  3. 1・2・玉ネギ・とき卵・砂糖・塩・コショウ・ナツメグ・ケチャップを合わせ、よくこねる。形成する。
  4. 温めたフライパンで3を焼く。焼き始めはやや強めの中火。焼き色がついたらひっくり返し、フタをして1分焼く。さらに弱火にして5~7分蒸し焼きにする。
  5. ハンバーグを皿に盛り、デミグラスソースをかけたらできあがり。

情報元のテレビ番組でこのハンバーグを試食した方々からは、「洋食屋さんのハンバーグ」、「お麩を加えるだけで食感がかなり変わる」、「バラ肉の食感が効いている」といった感想が上がっていました。
皆さんが「究極のハンバーグ」の味を絶賛していました。


ちなみに上の写真は、私が作った「究極のハンバーグ」です。

肉汁たっぷりでありながらもしっかりとした食感のある、食べ応えのあるハンバーグが出来ました。

使用する肉やデミグラスソースの質によって、いくらでも出来栄えが変わるので、レシピだけで「これは究極」とは言えませんが、肉好きにウケそうな、肉肉しいハンバーグでしたよ。

関連記事

ドルマのおすすめレシピ!人気トルコ料理、ピーマンドルマの作り方。

ドルマ(Dolma)のおすすめレシピを本場トルコからご紹介します。ピーマンを使ったドルマ、「ビベル・ドルマス(Biber Dolmasi)」…

シシカバブの本格レシピ!トルコの人気肉料理、ケバブの作り方と食べ方。

シシカバブ(シシケバブ:shish kebab)の本格レシピをご紹介します。シシカバブとは、西はトルコ、東はインドまで、中東を中心とした広域…

キョフテの本場風レシピ!人気トルコ料理の作り方を現地より紹介。

キョフテ(köfte)のレシピを本場トルコよりご紹介します。キョフテとは、羊肉を、玉ねぎ・パセリ・スパイスとともに練った小型ハンバーグのこと…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海の国々で食…

鶏の唐揚げのレシピ。電子レンジで作ります。

「鶏の唐揚げ」の簡単レシピをご紹介します。下味をつけ、電子レンジで7分加熱するだけです。ちなみに500wの場合のは、8分20秒ほどの加熱時間…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…

菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。

菜の花の人気料理と言えば、やはり、辛子和えは外せません。菜の花の少しほ…

高野豆腐の煮物。ジュワッと旨い!含め煮のシンプルレシピ。

高野豆腐の煮物の作り方をご紹介します。高野豆腐だけを使った、シンプルな…