生クリームを使ったバターのつくり方。ハンドミキサーかペットボトルを使います。

投稿日:2014年12月24日 更新日:

バター

生クリームを使って自家製バターをつくる方法が、けさのテレビ番組で話題になっていました。

ハンドミキサーを使ったつくり方と、ペットボトルを使ったつくり方の2パターンです。

どちらの方法も、たった10分で完成。
生クリーム1パック(200ml)で、110gのバターができます。

レシピをご紹介します。

(一部情報元:「グッド!モーニング」イマ知るラボ 2014年12月24日放映)

ハンドミキサーを使ったつくり方

生クリームのつくり方を教えてくださったのは、料理研究家の青木敦子さん。

まずはハンドミキサーを用いたつくり方です。完成までたった10分です。

用意するもの
生乳が原料の生クリーム 1パック
(乳脂肪分40%以上)

ハンドミキサー
ペーパータオル
ゴムベラ

作り方
  1. 生クリームをボールに入れて、ハンドミキサーを一番はやい速度にして混ぜる。
  2. ボールに水分がたまり始めたら、ハンドミキサーを一番おそい速度に切替える。水分が飛んでなめらかな固まりになるまで、およそ7分泡立てる。
  3. ペーパータオルで水気を切り、さらにその上からゴムベラで押して余分な水分を取る。

ペットボトルを使ったつくり方

ハンドミキサーがない場合は、ペットボトルで代用できるようです。

用意するものは、上記のハンドミキサーがペットボトルにかわるだけ。

こちらも10分で完成します。

作り方
  1. ペットボトルに生クリームを入れ、10分ほど振り続ける。
  2. 分離した水分を取り除き、ペーパータオルで水気を切り、さらにその上からゴムベラで押して余分な水分を取る。

ハンドミキサーやペットボトルで撹拌すると、生クリームの脂肪分と水分が分離します。そうすることでバターができるんですね。とても簡単です。

ちなみにできあがったバターを使ってスポンジケーキをつくる場合、一般的なホールサイズだったら、50~100gくらいのバターでできますから、生クリーム1パックで十分足りるようですよ。

関連レシピ