竹田恒泰さんのラーメン屋。利尻昆布ラーメン くろおび 新橋。

投稿日:

竹田恒泰さんのラーメン屋「利尻昆布ラーメン くろおび」

新橋駅のほど近くにある、とても美味しいラーメン屋さんをご紹介します。

竹田恒泰さんのラーメン屋「利尻昆布ラーメン くろおび」
「利尻昆布ラーメン くろおび」。

作家の竹田恒泰さんが経営する、こだわりのラーメン屋さんです。

素材をいかした上品なラーメン

竹田恒泰さんのラーメン屋「くろおびラーメン」

写真は、このラーメン屋さんの一番人気メニュー、「くろおびラーメン」です。

スープは、塩と醤油の2種類があり、どちらもあっさりとしていて上品な味わい。

こちらのお店のラーメンの魅力は、なんと言っても、北海道利尻産の昆布から取っただしです。
利尻昆布をベースに野菜・肉類・魚介も合わせた混合だしを使っており、優しいながらも深みのある旨味が出ていて、飽きの来ない良いお味でした。

極細麺の上にのる具材は、チャーシュー2枚(バラ1枚・ロース1枚)、メンマ・半熟味付け卵・海老ワンタン(2個)・ねぎ・クレソン・糸唐辛子。
チャーシューやワンタンは、最小限のシンプルな味付けが施されていて、繊細なスープの味とよく馴染みます。

これだけ盛りだくさんの具材がのって、このラーメンのお値段は1100円。
安いです。

お店には、この「くろおびラーメン」の他に、海老ワンタンがたっぷりのった「海老ワンタンメン」と、チャーシューとねぎだけをのせた「ラーメン」があり、合計3種類のラーメンが楽しめます。

こだわりの酒「国酒禊」
竹田恒泰さんのラーメン屋のメニュー
また、こちらのお店は、ちょっと一杯飲みたいときにも便利です。

ビールや焼酎などのアルコールも置いていて、おつまみもいろいろ揃っているうえに、平日は24時まで営業(日曜休み)しています。

私はまだ飲んだことがありませんが、「国酒禊(こくしゅみそぎ)」という無肥料自然栽培農法で栽培したお米を使った、こだわりの日本酒も飲めます。
ちなみに、この日本酒の名前は、オーナーの竹田さんが命名されたのだそう。
清涼感のある淡いセルリアンブルーの瓶に付けられたラベルも、竹田さんの自筆デザインだということです。
この日本酒は、こちらのラーメンとも合いそうですよ。

ちなみに、おつまみは、餃子3種類の他に、枝豆・ザーサイ・ポテトサラダなど10種類程度。
それに、ラーメンと合わせて締めにぴったりなチャーシュー丼などもあります。

利尻昆布ラーメン くろおび
https://www.konburamen.jp/

国酒禊(こくしゅみそぎ)公式サイト
http://maholoba.net/?page_id=42