魚の旨みを逃さない!塩さばの野菜炒め。味付け不要の簡単レシピ。

投稿日:2015年2月11日 更新日:

さばと野菜の料理

塩サバを使った野菜炒めのレシピをご紹介します。

元漁師で水産庁官僚の上田勝彦さんが考案した「サバの野菜炒め」です。

さばには、脳の機能をアップさせる「DHA」という成分が豊富に含まれています。
でも、さばを煮たり焼いたりすると、それらの成分が溶け出してしまいます。

そこでおすすめなのが、野菜と一緒にさばを加熱すること。
さばを野菜炒めに使うと、溶け出た栄養を野菜が吸ってくれるので、体にも良いさば料理が作れます。

しかも、上田さんによると、野菜炒めは、肉よりも魚を使った方がダンゼン旨みが出るそうですよ。

(一部情報元:TV「林修の今でしょ!講座」2015年2月10日放映)

さばの野菜炒め

上田さんの「サバの野菜炒め」のレシピです。

材料

塩サバ 適量
ニンジン 適量
ピーマン 適量
キャベツ 適量
サラダ油 適量

作り方

  1. 塩サバは1センチ幅の棒状に切る。ニンジンは短冊切りにする。ピーマンは細切りにする。キャベツは食べやすい大きさに切る。
  2. 温めたフライパンにサラダ油を引き、サバとニンジンを炒める。
  3. ピーマンとキャベツを2に加え、フタをして火が通るまで加熱したらできあがり。

塩サバの塩気があるので、味つけはいりません。


塩さばの野菜炒め
さばの旨みが野菜に染みこんだ、美味しい野菜炒めができます。

調理は、さばで煮物を作るよりもずっと簡単。
また、さばを焼いて食べるのと同じくらいの手間で、野菜もたっぷり摂ることができます。

ちなみに、フライパンに引くサラダ油は、少し控えめが良いと思います。
さばから脂が出るので、それで十分です。

このお料理は、塩サバさえあれば、あとは、あり合わせの野菜で作れます。
簡単で美味しいサバ料理。
超おすすめですよ。

関連レシピ