やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

世界的に有名な精肉士が教える、本当に美味しいステーキの焼き方。

投稿日:2015年3月8日 更新日:

世界的に有名な精肉士、イヴ=マリ・ル=ブルドネック(Yves-Marie Le Bourdonnec)さんがすすめる、ステーキの美味しい焼き方をご紹介します。

ル=ブルドネックさんは、食通の街パリを中心に、精肉店やステーキハウスを経営しています。
食肉熟成のスペシャリストとしても知られている彼の精肉店では、60日という通常の倍の時間をかけてつくる熟成肉が看板商品に掲げられており、世界中から注目されているそうです。

さて、そんな人気精肉士・ル=ブルドネックさんによると、スーパーで買った安い肉も、焼き方にちょっとこだわるだけで、高級肉のような味わいのステーキになるそうです。

(一部情報元:TV「世界一受けたい授業」肉が美味しくなる裏ワザ 2015年3月7日放映)

ステーキの上手な焼き方

ル=ブルドネックさんが実演に使った牛肉は、スーパーで買った100g・300円くらいの安い赤身肉です。

でも次のような手順で焼くと、そんな安価な肉も、高級な味わいのステーキになるそうです。

ステーキを上手に焼くポイント
  1. 肉は焼く30分前に冷蔵庫から出す。
  2. 肉のスジを取り、脂肪と赤身の間に切れ目を入れる。
  3. 塩は、肉の焼き色がついてからふる。
  4. 焼きあがった肉はしばらく休ませる。

分かりにくい項目を説明します。

まず肉の下処理について。
最初に、肉に残っているスジを丁寧に取り除きます。その理由は、そのまま焼くと、口当たりが悪いステーキになってしまうから。
さらに脂肪と赤身の間に、数か所切り込みを入れます。これをやらないと、肉が反り返って均一に焼けないそうです。

次に塩をふるタイミングについて。
ステーキを焼く時、まだ焼いていない肉に塩をする方がほとんどだと思いますが、ル=ブルドネックさんによるとそれはNGです。
そうすると肉汁が流れ出てしまって旨みがなくなるそうです。

ではどうすれば良いのでしょうか。
肉に焼き色をつけてから、塩をふります。
まず牛脂を引いた鉄板の上で、肉の片面を薄っすらと焼き色がつく程度に焼きます。そしてひっくり返したら、このタイミングで塩・コショウをします。
なお、塩・コショウをふるのは片面だけで良いのか、両面にするのか、その説明はありませんでしたので、判断はおまかせします。

最後に焼きあがった肉の扱いについて。
焼き上がりのアツアツの肉は、すぐにでも食べないと冷めてしまってモッタイナイ気がしますが、ル=ブルドネックさんによるとそれもNGです。
焼いた肉は、焼いた時間と同じくらい休ませたあとにいただきます。
焼いた後にすぐ切ると、せっかくの肉汁が流れ出てしまうそうです。また少し置くことで、熱が肉の内部までしっかり伝わるというメリットもあるようです。

このようにしてル=ブルドネックさんが焼き上げたステーキは、けっこうレアです。
表面の焼き色も、それほどしっかりついているわけではありません。薄っすらと焦げる程度。あまり時間をかけずにさっと焼いているようでした。
ちなみに冒頭の画像はフリッカーからの引用ですが、ステーキの厚さ・焼き色・火の通り具合は、ちょうどこれくらいでした。

食感がとても柔らかく、ジューシーなステーキに仕上がるようです。肉質の柔らかさは、映像を見るだけでも分かりました。

それにしても、塩をふるタイミングや、焼いたらしばらく置く工程は、一般的なステーキの焼き方とはだいぶ異なります。
肉を知り尽くしたプロの調理法は、かなり斬新でした。でもプロのテクニックとは、そういうものなのかもしれません。
自宅でステーキを焼く際に、参考にしてください。

画像引用元:Beef steak by pelican

関連記事

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。112日分メニューまとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを112パターンご紹介します。112品すべてが、テレビで話題の人気料理をベースにしたお弁当。名店のシェフやレシピ本の…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味は、時に感…

サンドイッチのお弁当。具のバリエーション70品まとめ。

お弁当におすすめのサンドイッチの具の種類を70パターンご紹介します。普段のお弁当だけでなく、運動会やお花見や行楽のお供にもぴったりですよ。テ…

昆布だしの取り方。一番簡単な方法と早い方法をご紹介。

昆布だしの取り方を2パターンご紹介します。一番簡単な取り方と、一番時間がかからない取り方です。

玉ねぎの皮むきをラクにする裏ワザ。みじん切りにしても、涙が出ません。

玉ネギの皮むきをラクにしつつ、みじん切りにしても涙が出ない裏ワザをご紹介します。玉ネギの皮に切り込みを入れ、電子レンジでチンします。

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

鶏もも肉の茹で方と茹で時間。余熱でじっくり!柔らか茹で鶏の作り方。

鶏もも肉の上手な茹で方と、茹で鶏にぴったりなネギソースのレシピをご紹介…

菜の花の胡麻和え。すりごまの香ばしい風味が好相性!簡単5分レシピ。

菜の花の胡麻和えのレシピをご紹介します。王道のごま和えレシピになってい…

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…