ばんぺいゆのレシピ。皮だけを使った晩白柚の砂糖漬けの作り方。

投稿日:2015年3月2日 更新日:


世界最大の柑橘類と言われている「ばんぺいゆ(晩白柚)」のユニークな食べ方をご紹介します。

ばんぺいゆの皮を使った「ばんぺいゆの砂糖漬け」です。

ばんぺいゆはザボンの一種で、見た目もザボンにそっくりです。
でも大きさは、ばんぺいゆの方が勝っており、大きさは直径25センチ・重さは1.8キロほどになることも珍しくないようです。

ばんぺいゆの旬は12~2月。
皮は厚く2~3センチほどあり、身には、程よい酸味とグレープフルーツよりも強い甘みがあるそうです。

さて「ばんぺいゆの砂糖漬け」は、普通だったら捨ててしまう厚い皮をいかした甘いお菓子です。

レシピを教えてくださったのは、ばんぺいゆの名産地・熊本県八代市で、ばんぺいゆ農家を営む中西薫さんです。

(レシピ情報元:テレビ朝日「あさチャン」 2015年3月2日放映)

ばんぺいゆの砂糖漬けの作り方

中西さんが考案した「ばんぺいゆの砂糖漬け」は、ばんぺいゆの皮と砂糖を用意するだけで簡単につくれます。

材料
ばんぺいゆの皮の白い部分 100g
200g
砂糖 250g
熱湯 適量
グラニュー糖 適量
作り方
  1. ばんぺいゆの皮をむき、皮の黄色い部分をそぎ落とす。
  2. 1で残った皮(厚みのある白い部分)を熱湯に5分浸す。
  3. 2を冷たい水で洗い、アク抜きをする。
  4. 2と3を3回繰り返す。
  5. 鍋に水(200g)と砂糖(250g)を加えて沸騰させる。
  6. 4のばんぺいゆの皮を5の鍋に投入。しばらく煮込んで甘みを吸わせる。お皿に取り、冷ます。
  7. 6にグラニュー糖をまぶしたら、できあがり。

中西さんによると、「ばんぺいゆの砂糖漬け」は、ばんぺいゆ独特のほのかな苦みも残した甘いお菓子だそうです。

皮だけで料理が一品できるなんて嬉しいですね。

もしかしたら、ザボンの皮を使っても、同じようにして砂糖漬けがつくれるんじゃないかな。

関連レシピ