コク旨和風仕上げ!焼きおにぎりのアレンジレシピ。牛乳チーズリゾット。

投稿日:2015年3月3日 更新日:

焼きおにぎりのアレンジレシピ

焼きおにぎりのアレンジレシピをご紹介します。

料理家の小山浩子さんが考案した「牛乳リゾット」です。

材料は、冷凍焼きおにぎり・スライスチーズ・牛乳だけ。
生米もコンソメも使わず、レンジでチンするだけなので超簡単です。

たったの3分で、濃厚な味わいの本格和風リゾットができますよ。

ちなみに、小山さんは、日本全国の牛乳150種類を飲み尽くした牛乳マニア。
もともとは大手牛乳メーカーの社員さんで、現在は牛乳の料理本も執筆しています。

(一部情報元:TBSテレビ「マツコの知らない世界」2015年3月3日放映)

焼きおにぎりのリゾット

「牛乳リゾット」のレシピです。

材料【1人分:調理時間3分】
冷凍焼きおにぎり 1個
スライスチーズ 1枚
牛乳 適量

焼きおにぎりリゾットの作り方

ニッスイやニチレイなどの冷凍焼きおにぎり
最初に、材料の「冷凍焼きおにぎり」について簡単に説明します。

冷凍焼きおにぎりには、大きく分けて、大きめと小さめの2種類のサイズがあります。
大きめのもの(写真左)は、コンビニのおにぎりくらいの普通サイズ。
小さめのもの(写真右)は、それの半分くらいのミニサイズになります。

ここでは大きめの焼きおにぎりを使いますが、加熱時間を少し短くすれば、小さめのものでも作れます。


焼きおにぎりを耐熱容器に入れる
まず、凍ったままの冷凍おにぎり(1個)を深めの耐熱容器に入れます。

容器は、少し大きめのものを使ってください。
小さいと、加熱中に牛乳がふきこぼれる可能があります。


焼きおにぎりにスライスチーズと牛乳を加える
次に、焼きおにぎりの上にスライスチーズ(1枚)をのせ、おにぎりの1/3が浸るくらいの牛乳(適量)を注ぎます。

そして、ふんわりラップをして、電子レンジ(500wくらい)で2分30秒加熱します。
加熱時間は、牛乳の量などによって若干異なるので、様子を見て加減してください。


レンチンした焼きおにぎりをほぐす
チンし終えたら、焼きおにぎりをほぐします。

そして、ご飯に牛乳をしっかり吸わせたら完成です。

【調理のポイント】
おにぎりをほぐしながら、アツアツのご飯に牛乳をしっかり吸わせると、美味しいリゾットができます。

焼きおにぎりでチーズリゾット
こってりとした濃厚な味わいのリゾットです。
ミルクの甘みで、醤油味も引き立ちます。

美味しいうえに簡単。
チーズリゾットの超おすすめレシピですよ。

関連レシピ