ゼラチンなしで作る!牛乳プリンのレシピ。生姜汁で美味しく固まる。

投稿日:2015年3月15日 更新日:

ゼラチンなしの牛乳プリン(ミルクプリン)

ゼラチンなしで作る、超簡単な牛乳プリン(ミルクプリン)のレシピをご紹介します。

横浜国立大学名誉教授の渋川祥子さんが考案した、「しょうが牛乳プリン」です。

プリンと言えば、ゼラチンや寒天で固めるのが定番ですが、実は、生姜の絞り汁だけで固めることもできるんです。

(一部情報元:日本テレビ「世界一受けたい授業」 2015年3月15日放映)

ゼラチンなしで生姜で固める牛乳プリン

生姜で固める牛乳プリン

「しょうが牛乳プリン」のレシピです。

調理のポイントは2つあります。

  1. 生姜を皮ごとすりおろす。
  2. 温めた牛乳を生姜汁に加えたら、絶対にかき混ぜない。

材料

1個分
しょうが汁 小さじ2
牛乳 180ml
練乳 大さじ3

作り方

  1. しょうがを皮ごとすりおろし、キッチンペーパーなどに包んでしょうが汁をつくる。しょうが汁(小さじ2)を、器に入れる。
  2. 牛乳と練乳を鍋に入れ、よくかき混ぜながら温める。およそ70度になったら火を止める。
  3. 1の器の中に、2を勢いよく流し入れる。この時に絶対かき混ぜないようにする。
  4. 3をそのまま10~15分置き、冷蔵庫で1時間冷やしたらできあがり。

ゼラチンなしの牛乳プリン(ミルクプリン)

このレシピで作ると、とろとろ食感の柔らかい牛乳プリンができます。
スプーンですくうと、まるでヨーグルトのようです。

生姜の風味がかなり効いていますが、牛乳のまろやかさと良く合うため、やみつきになります。
美容や健康のために生姜を積極的に摂りたい方には、特におすすめですよ。

生姜でプリンが固まる理由

ところで、なぜ生姜汁を加えるだけで、牛乳が固まるのでしょうか。

渋川先生によると、生姜に含まれる酵素がポイントです。
酵素が牛乳のタンパク質を適当な状態に分解し、それが後にほどよく結びつくため、とろとろの状態になるということです。

なお、生姜の酵素は、皮のあたりに多く含まれているので、皮ごとすりおろします。
皮をむいて使うと、固まりにくくなりますので、注意してください。

台所で余りがちな生姜だけで、牛乳プリンがつくれるなんて嬉しいですよね。
覚えておくと便利なレシピです。

関連レシピ