ドライイーストで手軽にパンづくり。カレンズと胡桃のパンのレシピ。

投稿日:2009年9月23日 更新日:

ドライイーストのパン

私は以前、ドライイーストに熱湯や冷水をかけて、酵母(イースト)がどうなるか試したことがあります。
酵母はいちおう生き物ですから、熱湯や冷水には弱い。
命に関わる問題です。

ところが、恐るべしドライイースト!
熱湯をかけた場合でも、酵母に直接たっぷりと注がなければ、完全に死滅することはありませんでした。
その証拠にパンはちゃんと膨らんだんです。
また、冷水にもかなり耐えることが分かりました。

「ドライイーストには、選りすぐりの優秀な酵母が使われている」と、聞いたことがあります。
ドライイーストに使われている酵母は、パンを膨らませる能力も優れていますが、生命力もスゴイんですね。
だからこそ、ドライイーストを使ったパンづくりは、ある意味テキトーでもOK。
失敗が少ないんですね。よく分かりました。

私のようないい加減な人間でもパンがつくれる。
それは、ドライイーストのおかげです。
いつもお世話になっているんだから、もっと感謝しないとね。

さて、今日は、そのドライイーストで「カレンズと胡桃のパン」をつくりました。
パンに添えたおかず「豚ヒレ肉とうずら豆のトマト煮」のレシピも合わせてご紹介します。

カレンズと胡桃のパン

ドライイーストのパン

材料

強力粉 300g
黒砂糖 大さじ2
ドライイースト 小さじ1
小さじ3/4
カレンズ 大さじ2
胡桃 大さじ3

作り方

  1. ボールにカレンズ・胡桃以外の材料を入れて水を加え、耳たぶくらいの柔らかさのなめらかな生地になるまでよくこねる。(5分くらいで十分です。)
  2. ボールごとビニールで覆って暫く放置する。(時間は室温にもよるので適当です。)
  3. 生地が2倍くらいに膨らんだら、2つに分けて形成し、オーブンの天板の上にのせたまま、室温でしばらく放置。
  4. 良い感じに膨らんだら一旦オーブンから出す。オーブンを180度に温めて25分焼く。

豚ヒレ肉とうずら豆のトマト煮

材料

2人分
豚ヒレ肉 100g
(一口大にする)
ごぼう 10センチ
(一口大にする)
にんじん 半分
(一口大にする)
玉ねぎ 半分
(一口大にする)
うずら豆 1/2カップ
(茹でたもの)
にんにく 1かけ
(つぶす)
ローリエ 1枚
オリーブオイル 大さじ1
トマト水煮 1カップ
赤ワイン 1/4カップ
塩・胡椒・粉唐辛子・粉チーズ 各適量

作り方

  1. ヒレ肉に塩・胡椒をする。
  2. にんにく・ローリエ・オリーブオイルを鍋に入れて熱し、ヒレ肉を炒める。
  3. 肉を一旦取りだし、ごぼう・にんじん・玉ねぎの順に炒める。
  4. ゆでたうずら豆・トマトの水煮・赤ワイン・肉を加え、野菜が柔らかくなるまで煮込む。
  5. 塩・胡椒・粉唐辛子で調味する。仕上げに粉チーズを散らす。

以前私は、果物や野菜から酵母をおこしてパンをつくるのが好きでしたが、最近ではドライイーストを使ってお手軽にパンをつくるのもいいなと思います。

味わいの深さは天然酵母にはかないませんが、少々適当な扱いをしてもそれなりにふっくらとしたパンができるって素直に嬉しいです。

関連レシピ