やまでら くみこ のレシピ

人気レシピの作り方を分かりやすく紹介します。

「現代美術系」と「画壇系」

投稿日:2010年6月13日 更新日:

「日本の現代の美術は、大きく現代美術系と画壇系に分かれる。」(佐藤道信氏の本より内容抜粋し、私がまとめた一文です。)なんて、日本の美術関係者とそれに興味がある人以外には全く訳が分からないと思います。普通「日本の現代の美術」と言ったら、言葉の上では日本の現代美術全般の事だと理解するのではないでしょうか。美術関係者には暗黙の了解となっていたこの分類の仕方を、私は芸大に入学して初めて知りました。そしてこれは、当然の事ながら日本の美術家の分類方法の1つでもありました。「現代美術系」は”世界に向って新しい表現を模索している個人”、「画壇系」は”日本の過去(伝統?)、あるいは個人の趣味を重んじた国内向けの表現を模索している美術団体(=画壇)に所属する個人”と、概ねその様に捉えられていたと思います。
そして、この「現代美術系」・「画壇系」と共に、もう一つよく使われた美術家の分類方法がありました。それは「洋画」「日本画」「彫刻」「工芸」等のことで、美術家を、彼がつくった作品の近代的な分類、あるいは出身大学の科で分類する方法です。

スポンサーリンク

「現代美術」は、戦前とは一線を引いた新しい時代を志向するという、現代の価値観がそのまま素直に現われている言葉だと思います。
一方「画壇」という言葉を辞書で引くと”画家(美術家)たちの社会”と出てきますが、一般的には、近代に生まれた日展・二科会・国画会・二科会等の美術団体のことを指します。これら美術団体は、明治初期につくられた文展(文部省美術展覧会:後の日展)に端を発します。明治後期・大正期には、官的体質の文展に反した在野系団体が多くつくられるものの、戦前も戦後も完全な反官的存在になることはなかったようです。むしろ在野系も官系と共に、官的要素を含みながらも大衆の支持を得ていくことで、戦後の民主化の流れに巧く乗り現代化していったようです。そして、元々官製の美術学校として誕生した東京美術学校(現:東京藝術大学美術学部)もそうですが、近代の官的美術制度が残ったことで、それに付随するようにして「洋画」「日本画」などの分類も残っていったのだと思われます。(しかし戦後、それらの官的制度からも国家主義的思想が排除されたようです。)

「現代美術系」と「画壇系」、さらに「洋画」「日本画」「彫刻」等の分類方法には、現代と近代の価値観が入り乱れています。故に、複雑で分かりにくいのだと思います。この原因を一言でまとめるのはかなり暴力的ですが、日本の民主化が上からの民主化だったことが大きく影響しているのではないかと思います。(この辺りの事は、今後もう少し整理したいと思います。)
今は、この分類のされ方を興味深く見ていますが、芸大に入学したての私は、強い抵抗を感じていました。

〈日本美術〉誕生 (講談社選書メチエ)
スポンサーリンク

関連記事

岡倉天心の泰東巧藝史。東洋と泰東、美術と巧藝の違い。

岡倉天心による「泰東巧藝史」の講義筆記録を読みました。 講義が行われたのは東京美術学校。現在の東京藝術大学美術学部の前身となった学校です。 …

「美術」が主要科目になり得ないわけ

 学校の授業において「美術」という教科は、あえて言うまでもありませんが、主要科目ではありません。日本の教育の中で美術はそれほど重要であるとは…

中国本土の現代美術コレクターで活気づく、香港のアートマーケット

(中国在住のアーティスト張暁剛(Zhang Xiaogang)の作品“Forever Lasting Love”は、先月サザビーズ香港で1億…

no image

「お客さんがたくさん来ても正直困る」現代アートギャラリーの事情

 先日、友人との待ち合わせの折、書店で偶然手に取ったビジネス書に、次のような一文が書かれていました。「お客さんのまったく入らない画廊が潰れな…

no image

中国人の文化的欲求を満たすアート

クーリエ ジャポン 9月号 に、北京北部でデジタルプリント会社「時間機器(タイムマシン)」の技術顧問をしているXu Xi(シューシー)さんと…

ピックアップ記事

ジャクソン・ポロックのドリッピングを科学する。

ジャクソン・ポロックが描いた「ドリップ・ペインティング」は、一見、子供…

村上隆のゲルニカ。「五百羅漢図」

村上隆さんの大規模な回顧展「Murakami-Ego」が、2月9日から…

コンクリート製「トリュフ」に暮らす(建築家:アントン・ガルシア=アブリル)

天然の岩の内部をくりぬき、そこに窓を設置したかのような構造物。これは、…

ロッククライマーがつくる彫刻  ダグ+マイク・スターンの「ビッグ・バンブー」

写真をご覧ください。木材を積み上げてつくられた、巨大な鳥の巣のような構…

音が描く模様。聞こえない音の視覚的な美しさ by カールステン・ニコライ(Carsten Nicolai)

子どもの頃、私は、雷が大嫌いでした。降りしきる雨の中、突然に光る空、そ…

セザンヌの絵が解き明かす、現代の脳科学

画家セザンヌが生きた19世紀、人間の感覚は、外の世界のありのままの姿を…

刺青から紐解く炭鉱夫の恐怖。山本作兵衛の世界

2011年5月、画家山本作兵衛の絵が、日本で初めて世界記憶遺産に登録さ…

地中美術館の「モネの一室」が素晴らしい。オランジュリー美術館との比較。

「睡蓮」によって大装飾空間をつくり出す。 晩年のモネのそうした構想をも…

杉本博司の護王神社。この神社に直島の神は宿るのか?

瀬戸内国際芸術祭の開催地である直島で、「家プロジェクト」というアートプ…

モノに喋らせる。皿が泳ぐプール。 by セレスト・ブルシエ=ムジュノ(Céleste Boursier-Mougenot)

20世紀のアメリカで活躍した美術家、マルセル・デュシャンは、当時のアー…

サイト内を検索

このブログについて

このブログは、鎌倉在住の主婦が綴るレシピサイトです。

これは皆んなでシェアしないともったいない!と思った事柄を記事にしています。

最近の話題は、こんな感じです。

  1. 人気の簡単料理のレシピ
  2. 夕食やお弁当の節約献立
  3. 忙しくてもラクチンな作り置き
  4. 無理なく続けられるダイエットレシピ
  5. 食材の基本的な調理法や保存方法