やまでら くみこ のレシピ

テレビで話題の人気レシピをメインに紹介しています。

ローマ皇帝ハドリアヌスが愛した美少年、アンティノウス。その胸像が2,860万ドルで落札。

投稿日:2010年12月13日 更新日:

アンティノウス

オークションハウス・サザビーズで、アンティノウスの胸像が2,860万ドルという高値で競り落とされたそうです。

アンティノウスといえば、ローマのハドリアヌス帝が寵愛したギリシャの美少年。今回落札されたのは、彼をモチーフにした大理石製の胸像です。

この高額な買い物をしたのはヨーロッパの匿名のコレクターで、その売り上げは、全額、慈善事業に寄付されるということです。

この胸像、実は、公式な証明書がないそうなんです。にもかかわらず、驚異的な高値での落札。
古代ローマの専門家であるアメリカ考古学研究所の副所長 エリザベス バートマン氏は、次のようにコメントしています。

その胸像に、皆長いこと感じ入っていた。そこにアートそのものを感じ取ったのだろう。今後それが個人の所有物として姿を消してしまうことなく、皆が鑑賞出来るような公共のコレクションになって欲しいと願っている。

すごいですね。想像するに、目の前で見ると、圧倒的な存在感なんでしょうね。

さて、アンティノウスは、冒頭でも書いたとおり、ハドリアヌス帝の愛人として知られています。

ちなみにハドリアヌス帝は、こんな方です。
ダンディなヒゲのおじさんです。
ハドリアヌス

そして、アンティノウスは、こちら。
たしかに整った顔立ちですね。
アンティノウス

まだ10代の時に、アンティノウスはエジプトの川で溺死してしまいます。
悲しみにくれたハドリアヌス帝は、アンティノウスをエジプトの神に祭り上げ、彼の彫像をたくさんつくらせたそうです。

おそらく、今回落札された胸像もそのうちの一体なんでしょうね。

2,860万ドルといいう落札価格を聞くと一瞬エーッと驚いてしまいますが、ローマ帝国の歴史というバックグラウンドを考えると、実は高くないのかもしれません。

もしかすると、下手な不動産などよりも安定した資産なのかもしれませんね。

参考資料:Marble bust tops high bid estimate by $20M in Sotheby’s auction







画像引用元:
ja.wikipedia.org
ja.wikipedia.org

おすすめ記事

ジャクソン・ポロックのドリッピングを科学する。

ジャクソン・ポロックが描いた「ドリップ・ペインティング」は、一見、子供…

村上隆のゲルニカ。「五百羅漢図」

村上隆さんの大規模な回顧展「Murakami-Ego」が、2月9日から…

Anton Garcia Abril:スペインの現代アート、コンクリート製「トリュフ」

天然の岩の内部をくりぬき、そこに窓を設置したかのような構造物。これは、…

ロッククライマーがつくる彫刻  ダグ+マイク・スターンの「ビッグ・バンブー」

写真をご覧ください。木材を積み上げてつくられた、巨大な鳥の巣のような構…

音が描く模様。聞こえない音の視覚的な美しさ by カールステン・ニコライ(Carsten Nicolai)

子どもの頃、私は、雷が大嫌いでした。降りしきる雨の中、突然に光る空、そ…

セザンヌの絵が解き明かす、現代の脳科学

画家セザンヌが生きた19世紀、人間の感覚は、外の世界のありのままの姿を…

刺青から紐解く炭鉱夫の恐怖。山本作兵衛の世界

2011年5月、画家山本作兵衛の絵が、日本で初めて世界記憶遺産に登録さ…

地中美術館の「モネの一室」が素晴らしい。オランジュリー美術館との比較。

「睡蓮」によって大装飾空間をつくり出す。 晩年のモネのそうした構想をも…

杉本博司の護王神社。この神社に直島の神は宿るのか?

瀬戸内国際芸術祭の開催地である直島で、「家プロジェクト」というアートプ…

モノに喋らせる。皿が泳ぐプール。 by セレスト・ブルシエ=ムジュノ(Céleste Boursier-Mougenot)

20世紀のアメリカで活躍した美術家、マルセル・デュシャンは、当時のアー…