やまでら くみこ のレシピ

人気レシピの作り方を分かりやすく紹介します。

ベネチアビエンナーレ:アハメド・バショーニー(Ahmed Basiony)氏の”カイロでの抗議を撮った映像作品”はアートなのか?

投稿日:2011年6月17日 更新日:

Basiony's work2
30 Days of Running the Place
Ahmed Basiony (1978-2011) Egypt pavilion

今月始まった国際美術展ベネチアビエンナーレには、例年よりも多くのアラブ人アーティストが参加しているそうです。国別パビリオンは、初参加のサウジアラビア、今回2回目の参加となるアラブ首長国連邦、30年ぶりの参加となるイラク、シリア、エジプトの5つの国が参加しています。今回はこれら国別の展示とともに、”The future of  a Promise”という汎アラブ展も開催されています。

アラブのアーティストが作品を展示するところは、国別パビリオンと汎アラブ展の二択になるわけですが、伝えるところによると、多くのアーティストが汎アラブ展を展示場所として選んでいるそうです。
「A spring in their step」と題された2011年6月3日付けのFinancial Timesは、このことについて、

闘争によって国境が絶えず変化するような国にとって、ビエンナーレの国別パビリオンシステムは問題だ。・・・(そのようなシステムによるビエンナーレの本質は、)アーティストのビジョンから政治的束縛という視点を奪い去ってしまう。

と書いています。
規格の決まった小さい器に無理矢理作品を詰め込むような展覧会は、アーティストの自由な表現を奪ってしまうでしょう。国別パビリオンシステムは、今後議論され改善されるべきだと思います。

Basiony's work
カイロでの抗議を撮った映像作品
The footage of the protests in Cairo last Janaury
Ahmed Basiony (1978-2011) Egypt pavilion

昨年末からの中東諸国の動乱が反映されているのか、今回のアラブアーティストの作品には、政治色が強いものが多いそうです。エジプトパビリオンに展示されているアハメド・バショーニー(Ahmed Basiony)氏の作品は、その中でもとりわけアートというにはあまりにインフォーマルな存在だと、Financial Timesは書いています。

バショーニー氏は、今年1月のエジプト革命の際、タハリール広場で映像を記録中に射殺され亡くなったそうです。今回“30 Days of Running the Place” と題する作品と共に出品されている、カイロでの抗議を撮った映像作品は、バショーニー氏が亡くなる3日前に撮影したものなのだそうです。それは、彼がまさに命をかけて残した作品ですが、伝えられているところによると、まさに抗議の様子を撮った映像そのものであって、アートというにはあまりに直接的なアプローチのようにも思います。
前回このブログに書いたNewsweekの記者のコメントを思い出します。

昔の巨匠たちの傑作はもっと間接的な形で世界に光を当てていた。・・・いま現代アートに求められるのは、ティントレットの傑作のように、見る人の固定観念を揺さぶること。それは最も深いレベルで、芸術が政治的な役割を果たす方法でもある。

バショーニー氏の作品についてFinancial Timesの記者はこう続けています。

その(カイロでの抗議を撮った)映像に映し出される、平和を求める情熱的な人々の表情を見ていると、20世紀アメリカの美術家、ロバート・ラウシェンバーグ(Robert Rauschenberg)の“in the gap between art and life”という言葉を思い出す。

ラウシェンバーグは、自身の創造の目的について、アートと生活の間の橋渡しをすることだと言っています。
バショーニー氏自身のまさに身近に起った革命は、彼の生活の一部であり、その作品は彼にとってはごく自然な表現なのでしょう。当然のことながら、全く違う人生を生きている私も含めただれかにとっては、その出来事は強烈な非日常です。だから、その事実ばかりが作品から乖離して見えてしまいます。けれども彼は、そんな人による捉え方のギャップまでもアートとして提示したかったのではないかと思います。

参考資料
A spring in their step  By Rachel Spence  Financial Times June 3 2011
Egypt’s Representative to Venice Biennale Was Killed in Tahrir Square   by Kyle Chayka  HYPERALLERGIC  April 7, 2011
Robert Rauschenberg  Freiend Warp

画像引用元
stunned
blacque_jacques

スポンサーリンク

関連記事

貧しい国・シビアな問題を抱えた国が、ベネチアビエンナーレに熱意を抱く理由

                                        Some rights reserved by br1dot…

デモの記録映像がアートになる時 アハマド・バシオーニ(Ahmed Basiony)の作品

「30 Days of Running in the Place」  Ahmed Basiony(2010)  森美術館で開催され…

アートフェア2011イベントトーク「アートのゆくえ」・加藤翼展・things on strings 展

 今日は、アートフェア東京2011の関連企画”フューチャージェ?ネレーションが語る「?アートのゆくえ」”に参加してきました。その後…

ヴェネチア・ビエンナーレに16世紀の巨匠ティントレットが参加!

6月4日にはじまった世界最大規模の国際美術展ヴェネチア・ビエンナーレに、16世紀の巨匠ティントレットの代表作が3点展示されているそうです。 …

アートフェア東京2011イベントトーク「はじめてのアートコレクション」

昨日アートフェア東京2011のプレイベントトーク「はじめてのアートコレクション」に参加してきました。パネラーは、サラリーマンコレクターの宮津…

ピックアップ記事

ジャクソン・ポロックのドリッピングを科学する。

ジャクソン・ポロックが描いた「ドリップ・ペインティング」は、一見、子供…

村上隆のゲルニカ。「五百羅漢図」

村上隆さんの大規模な回顧展「Murakami-Ego」が、2月9日から…

コンクリート製「トリュフ」に暮らす(建築家:アントン・ガルシア=アブリル)

天然の岩の内部をくりぬき、そこに窓を設置したかのような構造物。これは、…

ロッククライマーがつくる彫刻  ダグ+マイク・スターンの「ビッグ・バンブー」

写真をご覧ください。木材を積み上げてつくられた、巨大な鳥の巣のような構…

音が描く模様。聞こえない音の視覚的な美しさ by カールステン・ニコライ(Carsten Nicolai)

子どもの頃、私は、雷が大嫌いでした。降りしきる雨の中、突然に光る空、そ…

セザンヌの絵が解き明かす、現代の脳科学

画家セザンヌが生きた19世紀、人間の感覚は、外の世界のありのままの姿を…

刺青から紐解く炭鉱夫の恐怖。山本作兵衛の世界

2011年5月、画家山本作兵衛の絵が、日本で初めて世界記憶遺産に登録さ…

地中美術館の「モネの一室」が素晴らしい。オランジュリー美術館との比較。

「睡蓮」によって大装飾空間をつくり出す。 晩年のモネのそうした構想をも…

杉本博司の護王神社。この神社に直島の神は宿るのか?

瀬戸内国際芸術祭の開催地である直島で、「家プロジェクト」というアートプ…

モノに喋らせる。皿が泳ぐプール。 by セレスト・ブルシエ=ムジュノ(Céleste Boursier-Mougenot)

20世紀のアメリカで活躍した美術家、マルセル・デュシャンは、当時のアー…

サイト内を検索

このブログについて

このブログは、鎌倉在住の主婦が綴るレシピサイトです。

これは皆んなでシェアしないともったいない!と思った事柄を記事にしています。

最近の話題は、こんな感じです。

  1. 人気の簡単料理のレシピ
  2. 夕食やお弁当の節約献立
  3. 忙しくてもラクチンな作り置き
  4. 無理なく続けられるダイエットレシピ
  5. 食材の基本的な調理法や保存方法