やまでら くみこ のレシピ

テレビで話題の人気レシピをメインに紹介しています。

”インテレクチュアルとは他の価値に対してオープンであるということ。”?長谷川祐子さんの言葉から?

投稿日:2011年8月25日 更新日:

 2009年に出版された遠藤水城さんの「アメリカまで」(とんつーレコード)という本には、千葉成夫さん、熊谷伊佐子さん、平野千枝子さん、長谷川祐子さん、村上隆さん、田中功起さんの計5名のそれぞれの方と遠藤さんとの対談が収録されています。遠藤さんの鋭いツッコミが大変面白いです。オススメです。私はますます彼のファンになりました。
m.e
 今日はその中で一番印象深かったことを書きたいと思います。遠藤さんと長谷川祐子さん(東京都現代美術館のチーフキュレーター)が東京について話しているところです。 

 遠藤さんは、”ローカルなものの力が強い東京で、長谷川さんは常にインターナショナル・スタンダードなものを提示し続けていらっしゃると思いますがいかがですか?” と質問しています。その長谷川さんの回答が素晴らしい。彼女は次のように答えています。
 
”インターナショナル・スタンダードということではなく、インテレクチュアルとは何かということを大事にしています。私が敬愛する先輩達から教えられたことは、”インテレクチュアルとは他者(他の価値)に対してオープンであるということ”です。”

 深いな?と思わず感激してしまいました。

 ちなみに遠藤さんは、東京がインターナショナルな回路を持つ必要を否定しているわけではなく、ローカルなものが力を持ちすぎていると感じているそうです。そして、その東京ローカルなものが、メディアの力によってかっこ良く見えることで、地方に壊滅的な影響を与えていると考えています。
 そして長谷川さんは、”ローカルなものは東京に限らずどの大都市にもあります。ただ東京が違うのは、ローカルなものが外から見えにくいし、自分達でもローカルであると感じないところです。”とコメントを加えています。







おすすめ記事

ジャクソン・ポロックのドリッピングを科学する。

ジャクソン・ポロックが描いた「ドリップ・ペインティング」は、一見、子供…

村上隆のゲルニカ。「五百羅漢図」

村上隆さんの大規模な回顧展「Murakami-Ego」が、2月9日から…

Anton Garcia Abril:スペインの現代アート、コンクリート製「トリュフ」

天然の岩の内部をくりぬき、そこに窓を設置したかのような構造物。これは、…

ロッククライマーがつくる彫刻  ダグ+マイク・スターンの「ビッグ・バンブー」

写真をご覧ください。木材を積み上げてつくられた、巨大な鳥の巣のような構…

音が描く模様。聞こえない音の視覚的な美しさ by カールステン・ニコライ(Carsten Nicolai)

子どもの頃、私は、雷が大嫌いでした。降りしきる雨の中、突然に光る空、そ…

セザンヌの絵が解き明かす、現代の脳科学

画家セザンヌが生きた19世紀、人間の感覚は、外の世界のありのままの姿を…

刺青から紐解く炭鉱夫の恐怖。山本作兵衛の世界

2011年5月、画家山本作兵衛の絵が、日本で初めて世界記憶遺産に登録さ…

地中美術館の「モネの一室」が素晴らしい。オランジュリー美術館との比較。

「睡蓮」によって大装飾空間をつくり出す。 晩年のモネのそうした構想をも…

杉本博司の護王神社。この神社に直島の神は宿るのか?

瀬戸内国際芸術祭の開催地である直島で、「家プロジェクト」というアートプ…

モノに喋らせる。皿が泳ぐプール。 by セレスト・ブルシエ=ムジュノ(Céleste Boursier-Mougenot)

20世紀のアメリカで活躍した美術家、マルセル・デュシャンは、当時のアー…