やまでら くみこ のレシピ

人気レシピの作り方を分かりやすく紹介します。

田中功起さんの美術館の備品を使ったインスタレーション&映像作品?横浜トリエンナーレ2011より?

投稿日:2011年9月1日 更新日:

 横浜トリエンナーレ2011のコンセプトの1つ、”美術館の所蔵品や美術館という場所に新たな視点を投げかける” を意識してのことかもしれませんが、今回、田中功起さんは、横浜美術館の展示に使われる台やケース、椅子や看板、ゴミ箱などの備品を用いて作品をつくっています。
s1-1
 展示途中の混沌とした美術館に迷い込んだようで一瞬戸惑いましたが、備品の山のところどころにある無意味(?)な照明は、田中さんがそれらを作品として捉えていることを示しているように思いました。そして同時に彼は、それらを用いて彼の映像作品を見る場をつくりたかったのだと感じました。
 彼の映像は、整然としたホワイトキューブの中で見るよりも、そんな混沌とした場の方がピッタリと合っているように思います。
s2-2

s3-3
                  ポリバケツを照らす無意味(?)な照明
 備品の山の中で、5つの映像が流れていました。そのうちの4つはネット上で鑑賞出来るようになっています。面白いので是非御覧ください!私は田中さんの作品がとても好きですが(好きなので)、今日は細かい説明を加えるのはやめます?。

s6
「Rooftop walking, Going up and Step down」

 私が横浜美術館の展示の中で最も強く印象に残った作品。非常にシンプルなパフォーマンスです。
 ある中国のいなか町で、田中さんは地元の人に、”Can I use your car to go up onto the roof top?” (屋根の上に登るために、あなたの車を使わせてもらえませんか?)と話しかけます。屋根の上に登ることが出来た彼は、今度は屋根の上から、”Can I use your car to step down to the ground?”(地上に降りるのにあなたの車を使わせてもらえませんか?)と協力を要請します。彼は無事屋根から降りることができました。・・

「showing objects to a dog, 2010」
 
犬のshedayと田中さんが戯れています。

”I took care my friend’s dog “Sheday” for six months while he was out of town. Named “Sheday,” The dog appeared curious about what I was doing. I captured his inquisitive reactions to common objects and materials as a way of rethinking how we “see” sculpture and derive a different criteria.” (田中さんのコメントより引用)

 私達がアート(sculpture)をどのように見ているのか?また、それに対する批評の基準をどのように得ているか?を再考する方法として、彼は犬のshedayの反応を見てみたと言っています。

s4
「A painting to public (Metro Bus Line 2, Los Angeles)」 

ロサンゼルスで田中さんがバスに乗る、ただそれだけのパフォーマンスですが、彼はこの作品で、日常の中にもある、もっと自由な作品の提示の仕方を示しています。

”An idea of how we show our art to public, which is normally related to a gallery space or public institutions. But when I looked around city facilities, there is many places where we might show something to public.
 One day, I got on a bus with my painting tied up on my bike. The carrier of bike is located in front of a bus. it shows my painting to be heading to a Bus’s direction.” (田中さんのコメントより引用)
s7-7
            自転車に括り付けられているのは、こんな絵です。

s5
「a haircut by 9 hairdressers at once (second attempt)」

 9人のヘアドレッサーが1人のモデルの髪を共同でカットする様子が写し出されています。田中さんは傍観者として、”その際にあらわれた意外な雰囲気は、共同作業の難しさと、人がこのような状況に置かれた時の多様な反応の仕方を示している”と説明しています。

”I revisited this idea in San Francisco, CA. Instead of three, I invited nine hairdressers to cut one model’s hair in this piece. I let the hairdressers work without interfering with the organic nature of the process. The hairdressers begin with a consultation, addressing the limits and scope of the cut. The hairdressers then discussed how to divide the task considering the carried skill sets of each person. This unexpected atmosphere of competition came into play and exemplified the difficulty of collaboration and the various ways people react in such a situation.”(田中さんのコメントより引用)

スポンサーリンク

関連記事

エドワード・W・サイード後の「オリエンタリズム」

”ヨーロッパのオリエンタリズム?ドラクロアからカンディンスキーまで?”と題した展覧会がブリュッセルのベルギー王立美術館で開催されています。こ…

楽天ランキング上位の商品を、全自動でアフィリエイトする方法をご紹介します。

WordPressで運用しているブログに楽天市場の人気商品を自動で貼り付ける方法を、ご紹介します。 一度設定をしておけば毎日更新されるので、…

ねこの画像。ブログに使える無料(フリー)写真 part1

ホームページやブログの素材として使えそうな「ねこの画像」を集めました。是非ご利用ください。 ここにあるすべての写真は、「原作者の氏名・作品タ…

ねこの画像。ブログに使える無料(フリー)写真 part2

ホームページやブログの素材として使えそうな「ねこの画像」を集めました。是非ご利用ください。 ここにあるすべての写真は、「原作者の氏名・作品タ…

カテゴリ別の最新記事一覧をライブドアブログのサイドバーに表示する方法

今回は、ライブドアブログのサイドバーにカテゴリ別の最新記事を一覧表示する方法をご紹介します。 例えば、いま表示されている記事が料理レシピだと…

ピックアップ記事

ジャクソン・ポロックのドリッピングを科学する。

ジャクソン・ポロックが描いた「ドリップ・ペインティング」は、一見、子供…

村上隆のゲルニカ。「五百羅漢図」

村上隆さんの大規模な回顧展「Murakami-Ego」が、2月9日から…

コンクリート製「トリュフ」に暮らす(建築家:アントン・ガルシア=アブリル)

天然の岩の内部をくりぬき、そこに窓を設置したかのような構造物。これは、…

ロッククライマーがつくる彫刻  ダグ+マイク・スターンの「ビッグ・バンブー」

写真をご覧ください。木材を積み上げてつくられた、巨大な鳥の巣のような構…

音が描く模様。聞こえない音の視覚的な美しさ by カールステン・ニコライ(Carsten Nicolai)

子どもの頃、私は、雷が大嫌いでした。降りしきる雨の中、突然に光る空、そ…

セザンヌの絵が解き明かす、現代の脳科学

画家セザンヌが生きた19世紀、人間の感覚は、外の世界のありのままの姿を…

刺青から紐解く炭鉱夫の恐怖。山本作兵衛の世界

2011年5月、画家山本作兵衛の絵が、日本で初めて世界記憶遺産に登録さ…

地中美術館の「モネの一室」が素晴らしい。オランジュリー美術館との比較。

「睡蓮」によって大装飾空間をつくり出す。 晩年のモネのそうした構想をも…

杉本博司の護王神社。この神社に直島の神は宿るのか?

瀬戸内国際芸術祭の開催地である直島で、「家プロジェクト」というアートプ…

モノに喋らせる。皿が泳ぐプール。 by セレスト・ブルシエ=ムジュノ(Céleste Boursier-Mougenot)

20世紀のアメリカで活躍した美術家、マルセル・デュシャンは、当時のアー…

サイト内を検索

このブログについて

このブログは、鎌倉在住の主婦が綴るレシピサイトです。

これは皆んなでシェアしないともったいない!と思った事柄を記事にしています。

最近の話題は、こんな感じです。

  1. 人気の簡単料理のレシピ
  2. 夕食やお弁当の節約献立
  3. 忙しくてもラクチンな作り置き
  4. 無理なく続けられるダイエットレシピ
  5. 食材の基本的な調理法や保存方法