やまでら くみこ のレシピ

人気レシピの作り方を分かりやすく紹介します。

安藤美夜さんの9.11メモリアル「9.11以後(After9/11)」について

投稿日:2011年9月13日 更新日:

 アートとは、どうあるべきか?そんな核心的な問題を提示している作品について書いてみたいと思います。

 先日、ロンドンのテムズ側沿いにある公園バターシーパーク(Battersea Park)に、「9.11以後( After 9/11)」と題された彫刻が設置されました。作者は、ニューヨーク在住のアーティスト安藤美夜さん。9.11の10周年にちなんでつくられたモニュメントだそうです。

 イギリスでは、この作品の設置を巡り、大きな議論が起こりました。なぜなら、この彫刻は、倒壊したワールドトレードセンタービルの残骸でつくられているからです。

 9.11で妹を亡くしたHannah Aliさんは、「人間の体がまき散らされたビルの残骸を、アートにした理由が全く理解出来ません。」とある新聞記者に語ったそうです。また、当時ニューヨーク市の消防署の長官を務めていたThomas Von Essenさんは、「よじれた鉄骨を見ると苦しい記憶がよみがえってきます。」と悲痛な胸の内を明かしています。 

 この彫刻は当初、ロンドンの市庁舎脇の目立つ場所に設置される予定でしたが、犠牲者の家族からの苦情が相次いだため、バターシーパークの隅の方にひっそりと置かれることになりました。・・

  初めてこの作品の写真を見た時、正直言って私はあまり魅力を感じませんでした。ビルの残骸そのものでしかないと思いました。彼らが不愉快な思いをするのならば、撤去することを考えても良いのではないかと考えました。
 しかし、作家本人の話しから実物を想像しはじめると、9.11のメモリアルとして優れた作品なのではないかと思うようになりました。

 写真を御覧ください。この作品のステンレス部分は、さび付いたワールド・トレード・センターの残骸を鏡のようになるまで磨き上げてつくられたものです。安藤さんによると、”磨く”には仏教の教えである”精神を鍛錬する”という意味が込められているそうです。そのような行為を通して、9.11の記憶を伴った物質としてのスチールは消滅し、それはただ、日の光やまわりの環境を写し出す表面となります。
 ”悲劇によって失われてしまった全ての人やものに敬意を払うため、天国に光を向ける彫刻を作りたかった。”と安藤さんは言っています。

 彼女は、備前刀鍛冶、安藤(よしろう)正勝さんという方の子孫だそうです。先祖から与えられた金属加工の遺産は、このモニュメントにも生かされています。     (次回に続く)

参考資料:
World Trade Center steel in London
“Peace [After 9/11],” a monumental new sculpture by artist Miya Ando, debuts
After 9/11 by Miya Ando

スポンサーリンク

関連記事

no image

安藤美夜さんの彫刻「9.11以後(After9/11)」 と 原爆ドーム

 安藤美夜さんの彫刻「9.11以後(After9/11)」について、前回の続きを書きます。 では、どのようにして、この作品に、崩壊したワール…

アートフェア東京2011イベントトーク「はじめてのアートコレクション」

昨日アートフェア東京2011のプレイベントトーク「はじめてのアートコレクション」に参加してきました。パネラーは、サラリーマンコレクターの宮津…

アートフェア2011イベントトーク「アートのゆくえ」・加藤翼展・things on strings 展

 今日は、アートフェア東京2011の関連企画”フューチャージェ?ネレーションが語る「?アートのゆくえ」”に参加してきました。その後…

no image

「カオス*ラウンジ げんじつ!」展を見てきました。

「カオス*ラウンジ げんじつ!」展は、今日が最終日。会場では黒瀬陽平さん御本人とお話しすることが出来ました。 先日私は、黒瀬さんのことをブロ…

講座「アートで生計を立てるぞ!」の報告 小山登美夫さんへの3つの質問

 小山登美夫さんの講座、「アートで生計を立てるぞ!」に参加してきました。 この講座については、ヨコハマ経済新聞が記事として取り上げています。…

ピックアップ記事

ジャクソン・ポロックのドリッピングを科学する。

ジャクソン・ポロックが描いた「ドリップ・ペインティング」は、一見、子供…

村上隆のゲルニカ。「五百羅漢図」

村上隆さんの大規模な回顧展「Murakami-Ego」が、2月9日から…

コンクリート製「トリュフ」に暮らす(建築家:アントン・ガルシア=アブリル)

天然の岩の内部をくりぬき、そこに窓を設置したかのような構造物。これは、…

ロッククライマーがつくる彫刻  ダグ+マイク・スターンの「ビッグ・バンブー」

写真をご覧ください。木材を積み上げてつくられた、巨大な鳥の巣のような構…

音が描く模様。聞こえない音の視覚的な美しさ by カールステン・ニコライ(Carsten Nicolai)

子どもの頃、私は、雷が大嫌いでした。降りしきる雨の中、突然に光る空、そ…

セザンヌの絵が解き明かす、現代の脳科学

画家セザンヌが生きた19世紀、人間の感覚は、外の世界のありのままの姿を…

刺青から紐解く炭鉱夫の恐怖。山本作兵衛の世界

2011年5月、画家山本作兵衛の絵が、日本で初めて世界記憶遺産に登録さ…

地中美術館の「モネの一室」が素晴らしい。オランジュリー美術館との比較。

「睡蓮」によって大装飾空間をつくり出す。 晩年のモネのそうした構想をも…

杉本博司の護王神社。この神社に直島の神は宿るのか?

瀬戸内国際芸術祭の開催地である直島で、「家プロジェクト」というアートプ…

モノに喋らせる。皿が泳ぐプール。 by セレスト・ブルシエ=ムジュノ(Céleste Boursier-Mougenot)

20世紀のアメリカで活躍した美術家、マルセル・デュシャンは、当時のアー…

サイト内を検索

このブログについて

このブログは、鎌倉在住の主婦が綴るレシピサイトです。

これは皆んなでシェアしないともったいない!と思った事柄を記事にしています。

最近の話題は、こんな感じです。

  1. 人気の簡単料理のレシピ
  2. 夕食やお弁当の節約献立
  3. 忙しくてもラクチンな作り置き
  4. 無理なく続けられるダイエットレシピ
  5. 食材の基本的な調理法や保存方法