やまでら くみこ のレシピ

人気レシピの作り方を分かりやすく紹介します。

世界の一流アーティストによる作品を、超激安価格でコレクションする革命的な方法とは? s[edition]について

投稿日:2011年11月24日 更新日:

昨日、ダミアン・ハーストの作品が8ドルで買える、s[edition]というサイトを紹介しました。
 なんでハーストの作品がこんなに安いかって、デジタルに変換したものだからです。「なんだ、本物の作品じゃないじゃん!」なんて声が聞こえてきそうですが、本物の作品を所有するのと同等の感覚が味わえる、とっても面白いサイトなんです。

 s[edition]で購入した作品には、アーティスト本人による証明がついてきます。そこには購入者の名前、購入日、作品名、作品ナンバーが明記されています。作品は、使用履歴が追跡可能で、同じ作品であってもその購入者がはっきりと特定できるようになっています。つまり、所有権が購入者にあることがはっきりと示されます。

 また、作品購入後は、作家のコレクターとしてサイトに登録され、他のコレクターとコミュニケーションすることができます。そして、彼らがどのような作品を購入したのか知ることができます。(ただしコレクターが公開を拒否すれば、購入した情報が漏れることはありません。)
 さらに、アーティスト本人からの情報を直接受け取ることが可能です。

 ね。本物の作品を購入するみたいでしょう?いえ、それ以上に楽しいかもしれません。 

 しかし、s[edition]の最も素晴らしいところは、普通の人にも手が届く価格で、世界の一流のアーティストの作品が買えること。と言っても、現在登録されているアーティストはたった9組ですが、s[edition]は、将来的に100?200名くらいの有名アーティストの作品を扱うという目標を持っています。

 ちなみに現在登録されているアーティストはダミアン・ハースト(Damien Hirst)の他に、Mat Collishaw、Michael Craig-Martin、Tracey Emin、Shepard Fairey、Isaac Julien、Tim Noble and Sue Webster、Bill Viola、Wim Wenders。

 以下、サイト上にあった謳い文句をテキトーですが訳してみました。

 

どこでもアートを楽しもう!
s[edition]は、デジタル形式で、世界の一流のアーティストによる作品をコレクションする新しい革命的な方法です。
アートの新しい世界をまるごと体験し、コレクションすることができます。

 Enjoy Art Everywhere
s[edition] is a revolutionary new way to collect art by the world’s leading contemporary artists in digital format.

Experience a whole new world of art and collecting.

デジタル化された作品群

 s[edition]では、すぐに、手ごろな価格で、他のコレクターとの交流を楽しみながらアートをコレクションできます。また、購入した作品をs[edition]のマーケットプレイスで売ることもできます。
 さらにアーティスト本人から定期的に案内を受け取ることができ、彼の新しい作品に優先的にアクセスできます。他のコレクターとコミュニケーションすることも可能です。(他のコレクターがどんな作品を購入しているのか確認することができます。逆にあなたのコレクションを他のユーザーが見ることもできます。)

 
速やかなアクセス

  購入した作品は”Your Vault(あなたの宝箱)”に保存されます。Your Vaultは、オンライン上で無料で使えるあなたのアートコレクションの所蔵庫だと思ってください。高解像度で作品を鑑賞することができ、ダウンロードすることもできます。また、作品の証明書をチェックし、それをiPodやBlackberry、テレビや他のデバイスに送ることができます。

 無料のiPad用アプリを使うと、簡単にアートを鑑賞できます。サインインのみで、あなたのすべてのコレクションを自動的にダウンロードすることが可能です。また、一度ダウンロードすると次回からはインターネットの接続が不要です。(※現在このアプリはまだリリースされていません。iPad,iPhoneで使用する場合は、一度PCにダウンロードしてからiTunes経由で送ってください。)

保証された所有権

 作品はすべて、デジタル透かしで使用履歴を追跡することが可能で、あなたの購入した作品を特定することができます。
 s[edition]の購入の規約に同意していただくと、作品の使用に関してあなたに責任が発生します。個人的な使用においてのみ、また、あなたが所有しているか管理しているデバイスでのみ、あなたは購入した作品の鑑賞をすることができます。
 s[edition]は、開かれた環境において、責任のあるアートコレクションの場を築きたいと考えています。権限のないコピーや表示は、法律によって罰せられることになります。

アーティストによる証明書つき

 すべての作品は、アーティストの限られた作品であることを、アーティスト本人とs[edition]によって証明されます。あなたの証明書は、あなたに所有権がある証しとなります。そこには、あなたの名前、購入日、作品名、作品ナンバーが明記されています。あなたの購入した作品と証明書は、Your Vaultの中にデジタル形式で保存されます。

 支払はカードのみ(visa, Visa Delta / Debit, Visa Electron, MasterCard, Eurocard, UK Maestro, Solo,American Express) です。
 昨日から買う!買う!と言ってきましたが、今日もこの記事を書くことに力を費やし、力尽きてしまいました。購入は明日にしたいと思います。(笑)
 ハーストの作品、まだそんなに値段上がっていません。・・そういえば、サイト内に作品の値段の説明が無かったな。”人気があるとどんどん値が上がる”という情報は、確かThe ArtNewsに載ってました。それはまた明日、確認して書くことにします。(→次の日に書いた補足はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

no image

木版画とエッチングの21世紀的適応  s[edition]について

 昨日紹介した、ごく普通の人が世界の一流アーティストのコレクターになれるサイト、s[edition]について、今日はいくつか補足をしたいと思…

no image

ダミアン・ハーストの作品を8ドルで買う!

 今、ダミアンハーストの作品を8ドルで購入しようと考えています。(笑) ハーストが8ドルなどという超お手頃価格で購入できる、こんなサイトがで…

「パラレルワールド」 イ・チャンウォン(Changwon Lee)がつくる幻想空間

「Parallel World」  Changwon Lee(2012) 今回ご紹介する作品は、とても美しい作品です。暗がりの中に…

講座「アートで生計を立てるぞ!」の報告 小山登美夫さんへの3つの質問

 小山登美夫さんの講座、「アートで生計を立てるぞ!」に参加してきました。 この講座については、ヨコハマ経済新聞が記事として取り上げています。…

中国本土の現代美術コレクターで活気づく、香港のアートマーケット

(中国在住のアーティスト張暁剛(Zhang Xiaogang)の作品“Forever Lasting Love”は、先月サザビーズ香港で1億…

ピックアップ記事

ジャクソン・ポロックのドリッピングを科学する。

ジャクソン・ポロックが描いた「ドリップ・ペインティング」は、一見、子供…

村上隆のゲルニカ。「五百羅漢図」

村上隆さんの大規模な回顧展「Murakami-Ego」が、2月9日から…

コンクリート製「トリュフ」に暮らす(建築家:アントン・ガルシア=アブリル)

天然の岩の内部をくりぬき、そこに窓を設置したかのような構造物。これは、…

ロッククライマーがつくる彫刻  ダグ+マイク・スターンの「ビッグ・バンブー」

写真をご覧ください。木材を積み上げてつくられた、巨大な鳥の巣のような構…

音が描く模様。聞こえない音の視覚的な美しさ by カールステン・ニコライ(Carsten Nicolai)

子どもの頃、私は、雷が大嫌いでした。降りしきる雨の中、突然に光る空、そ…

セザンヌの絵が解き明かす、現代の脳科学

画家セザンヌが生きた19世紀、人間の感覚は、外の世界のありのままの姿を…

刺青から紐解く炭鉱夫の恐怖。山本作兵衛の世界

2011年5月、画家山本作兵衛の絵が、日本で初めて世界記憶遺産に登録さ…

地中美術館の「モネの一室」が素晴らしい。オランジュリー美術館との比較。

「睡蓮」によって大装飾空間をつくり出す。 晩年のモネのそうした構想をも…

杉本博司の護王神社。この神社に直島の神は宿るのか?

瀬戸内国際芸術祭の開催地である直島で、「家プロジェクト」というアートプ…

モノに喋らせる。皿が泳ぐプール。 by セレスト・ブルシエ=ムジュノ(Céleste Boursier-Mougenot)

20世紀のアメリカで活躍した美術家、マルセル・デュシャンは、当時のアー…

サイト内を検索

このブログについて

このブログは、鎌倉在住の主婦が綴るレシピサイトです。

これは皆んなでシェアしないともったいない!と思った事柄を記事にしています。

最近の話題は、こんな感じです。

  1. 人気の簡単料理のレシピ
  2. 夕食やお弁当の節約献立
  3. 忙しくてもラクチンな作り置き
  4. 無理なく続けられるダイエットレシピ
  5. 食材の基本的な調理法や保存方法