やまでら くみこ のレシピ

人気レシピの作り方を分かりやすく紹介します。

木版画とエッチングの21世紀的適応  s[edition]について

投稿日:2011年11月25日 更新日:

 昨日紹介した、ごく普通の人が世界の一流アーティストのコレクターになれるサイト、s[edition]について、今日はいくつか補足をしたいと思います。

 まず、s[edition]は、11月17日に立ち上がったばかりだそうです。まだ始まって1週間しか経っていません。だからなのか(?)、機能していないことがいくつかあります。
 サイトで謳われている”便利な無料のiPad用アプリ”は、まだリリースされていませんし、作品購入後の再販(買った作品を他の人に売ることができる)ができるようになるのは来年以降だそうです。

 気になる作品の価格については、売り始めは5ポンド(約7.5ドル)?500ポンド(約750ドル)くらいの幅で設定され、人気度に応じて1,000ポンド(約1,500ドル)くらいまで上昇するそうです。
 サイトの知名度が低いからか、値上がりはまだ緩やかです。ハーストの作品は今日も、昨日と同様12ドルです。

 17日のThe Art Newspaperによると、このサイトの創設者の一人Harry Blain氏は、「s[edition]は、木版画とエッチングの21世紀的適応であり、アーティストは多くの観衆と繋がるために、この媒体を利用しているのです。」と言っています。
 s[edition]は、アートをコレクションする革命的な方法であるばかりか、アーティストとの新しい繋がりが体験できるおもしろい場でもあると思います。是非一度ご覧ください。

参考資料
How to buy a Damien Hirst for £7.50(The Art Newspaper)

スポンサーリンク

関連記事

no image

世界の一流アーティストによる作品を、超激安価格でコレクションする革命的な方法とは? s[edition]について

昨日、ダミアン・ハーストの作品が8ドルで買える、s[edition]というサイトを紹介しました。 なんでハーストの作品がこんなに安いかって、…

デモの記録映像がアートになる時 アハマド・バシオーニ(Ahmed Basiony)の作品

「30 Days of Running in the Place」  Ahmed Basiony(2010)  森美術館で開催され…

no image

中国で感じた表現の自由度について―美術家アイ・ウエイウエイ氏が警察に拘束される。彼の表現はさらに研ぎ澄まされるに違いない。―

中国の美術家アイ・ウエイウエイ(艾未未)氏の行方が分からなくなっているそうです。 ニューヨークタイムスによると、アイ・ウエイウエイ…

no image

アートってこんなに高くていいのかしら??アートフェア東京に関する記事を読んで?

 いまさらという気もしますが、アートフェア東京(2011年7月29?31日)に関する海外の記事を見つけたので、今日はそれについて書いてみたい…

講座「アートで生計を立てるぞ!」の報告 小山登美夫さんへの3つの質問

 小山登美夫さんの講座、「アートで生計を立てるぞ!」に参加してきました。 この講座については、ヨコハマ経済新聞が記事として取り上げています。…

ピックアップ記事

ジャクソン・ポロックのドリッピングを科学する。

ジャクソン・ポロックが描いた「ドリップ・ペインティング」は、一見、子供…

村上隆のゲルニカ。「五百羅漢図」

村上隆さんの大規模な回顧展「Murakami-Ego」が、2月9日から…

コンクリート製「トリュフ」に暮らす(建築家:アントン・ガルシア=アブリル)

天然の岩の内部をくりぬき、そこに窓を設置したかのような構造物。これは、…

ロッククライマーがつくる彫刻  ダグ+マイク・スターンの「ビッグ・バンブー」

写真をご覧ください。木材を積み上げてつくられた、巨大な鳥の巣のような構…

音が描く模様。聞こえない音の視覚的な美しさ by カールステン・ニコライ(Carsten Nicolai)

子どもの頃、私は、雷が大嫌いでした。降りしきる雨の中、突然に光る空、そ…

セザンヌの絵が解き明かす、現代の脳科学

画家セザンヌが生きた19世紀、人間の感覚は、外の世界のありのままの姿を…

刺青から紐解く炭鉱夫の恐怖。山本作兵衛の世界

2011年5月、画家山本作兵衛の絵が、日本で初めて世界記憶遺産に登録さ…

地中美術館の「モネの一室」が素晴らしい。オランジュリー美術館との比較。

「睡蓮」によって大装飾空間をつくり出す。 晩年のモネのそうした構想をも…

杉本博司の護王神社。この神社に直島の神は宿るのか?

瀬戸内国際芸術祭の開催地である直島で、「家プロジェクト」というアートプ…

モノに喋らせる。皿が泳ぐプール。 by セレスト・ブルシエ=ムジュノ(Céleste Boursier-Mougenot)

20世紀のアメリカで活躍した美術家、マルセル・デュシャンは、当時のアー…

サイト内を検索

このブログについて

このブログは、鎌倉在住の主婦が綴るレシピサイトです。

これは皆んなでシェアしないともったいない!と思った事柄を記事にしています。

最近の話題は、こんな感じです。

  1. 人気の簡単料理のレシピ
  2. 夕食やお弁当の節約献立
  3. 忙しくてもラクチンな作り置き
  4. 無理なく続けられるダイエットレシピ
  5. 食材の基本的な調理法や保存方法