やまでら くみこ のレシピ

テレビで話題の人気レシピをメインに紹介しています。

エドガー・マーティンズの「The Time Machine: An Incomplete and Semi-Objective Survey of Hydropower Stations」

投稿日:2011年12月16日 更新日:

sマーティンズ3

エドガー・マーティンズ(Edgar Martins)の展覧会「The Time Machine: An Incomplete and Semi-Objective Survey of Hydropower Stations」を見てきました。

展示されている写真には、1950年代?1970年代につくられた水力発電所の内部が写っています。これは、ポルトガル出身のエドガー・マーティンズが、故国の水力発電プロジェクトのレジデンスプログラムに招聘された際に撮影したものだそうです。
発電所の中では、かつて200人以上もの人が働いていました。しかし現在そこはコンピューターで遠隔操作されており、ほぼ無人の状態で運転されています。彼の写真には、人がまったく写っていません。
sマーティンズ4
おそらくかつてこの水力発電所は、地域に暮らす人々の理想の生活を半永久的に実現するためにつくられたものでしょう。そして発電所自体もまた、半永久的にたくさんの人が働く活気のある場所であり続けると考えられていたに違いありません。しかし、時代は移りゆき、以前の姿をまったく想像できないほどに変わり果ててしまいました。今となっては余計としか思えない巨大な設備がただむなしく動いているだけです。
sマーティンズ2
写真の撮りようによっては、たとえばこの発電所の変化をもっとドラマティックに見せることも、またノスタルジックに見せることも可能だったと思います。しかし、彼はあえて感情を湧かせる何かを徹底的にそぎ落として、被写体の表情を最小限に絞っています。彼は、むしろそうすることで、発電所の空虚が、そして移りゆく時代の空しさがあぶり出されると考えているのだと思います。
sマーティンズ6

エドガー・マーティンズ 『The Time Machine: An Incomplete and Semi-Objective Survey of Hydropower Stations』
?11月19日(土)?12月17日(土) 開廊日時:火?土 11:00-19:00
山本現代にて
※掲載している写真は、山本現代さんの許可を得てやまでらが撮影したものです。







前の記事

私たちを深く美しくする「なぜ?」という問いを生むアート 長谷川裕子さんの著書から

『「なぜ?」から始める現代アート』 長谷川裕子著 (NHK出版新書 2011年11月) 長谷川裕子さんの『「なぜ?」から始める現代アート』と…

次の記事

スティーブン・ピピンの「写真の終焉」展

新たに六本木にオープンしたGALLERY SIDE 2を見てきました。現在、スティーブン・ピピン(Stevev Pippin)の「写真の終焉…

関連記事

デジタル時代の私たちが生きる、おバカで出鱈目な世界。 アラブのアーティストユニット、アトファール・アハダース(Atfal Ahdath)

 上の写真は、アトファール・アハダース(Atfal Ahdath)というアーティストユニットの「私をここに連れて行って:想い出を作りたいから…

レバノン内戦の傷跡。火であぶった観光写真 by ジョアナ・ハッジトーマス&ハリール・ジョレイジュ(Joana Hadjithomas and Khalil Joreige)

「War Postcards」(Wonder Beirut project) Joana Hadjithomas and Khalil jo…

鎌倉大仏の魅力。時の流れが磨きあげた、凛とした佇まい

鎌倉の大仏様は、高徳院というお寺の境内に鎮座しています。 鋳造が始められたのは、鎌倉時代中期の西暦1252年。いまから700年以上も前のこと…

デモの記録映像がアートになる時 アハマド・バシオーニ(Ahmed Basiony)の作品

「30 Days of Running in the Place」  Ahmed Basiony(2010)  森美術館で開催され…

ライアン・ガンダーの「墜ちるイカロスー失われた展覧会」

 ライアン・ガンダーの展覧会を見てきました。”展覧会とは何か?”が、ひとつの大きなテーマになっているのがよく分かりました。決して作品1点1点…

ピックアップ記事

ジャクソン・ポロックのドリッピングを科学する。

ジャクソン・ポロックが描いた「ドリップ・ペインティング」は、一見、子供…

村上隆のゲルニカ。「五百羅漢図」

村上隆さんの大規模な回顧展「Murakami-Ego」が、2月9日から…

コンクリート製「トリュフ」に暮らす(建築家:アントン・ガルシア=アブリル)

天然の岩の内部をくりぬき、そこに窓を設置したかのような構造物。これは、…

ロッククライマーがつくる彫刻  ダグ+マイク・スターンの「ビッグ・バンブー」

写真をご覧ください。木材を積み上げてつくられた、巨大な鳥の巣のような構…

音が描く模様。聞こえない音の視覚的な美しさ by カールステン・ニコライ(Carsten Nicolai)

子どもの頃、私は、雷が大嫌いでした。降りしきる雨の中、突然に光る空、そ…

セザンヌの絵が解き明かす、現代の脳科学

画家セザンヌが生きた19世紀、人間の感覚は、外の世界のありのままの姿を…

刺青から紐解く炭鉱夫の恐怖。山本作兵衛の世界

2011年5月、画家山本作兵衛の絵が、日本で初めて世界記憶遺産に登録さ…

地中美術館の「モネの一室」が素晴らしい。オランジュリー美術館との比較。

「睡蓮」によって大装飾空間をつくり出す。 晩年のモネのそうした構想をも…

杉本博司の護王神社。この神社に直島の神は宿るのか?

瀬戸内国際芸術祭の開催地である直島で、「家プロジェクト」というアートプ…

モノに喋らせる。皿が泳ぐプール。 by セレスト・ブルシエ=ムジュノ(Céleste Boursier-Mougenot)

20世紀のアメリカで活躍した美術家、マルセル・デュシャンは、当時のアー…