やまでら くみこ のレシピ

テレビで話題の人気レシピをメインに紹介しています。

長谷川祐子さんがキュレーターを務める、シャルージャ・ビエンナーレ(2013年)の「シャルージャ」ってどんな町?

投稿日:2011年12月20日 更新日:

sSome rights reserved by jensimon7
シャルージャ美術館(Sharjah Art Museum

東京都現代美術館のキュレーターで、『「なぜ?」から始める現代アート』の著者でもある長谷川祐子さんが、2013年3月に開催されるシャルージャ・ビエンナーレ(Sharjah Biennial)のキュレーターを務めるそうです。

1993年に始まったシャルージャ・ビエンナーレは、今度で11回目になるそうです。歴史のあるビエンナーレなんですね。実は私、シャルージャの場所が分かりません。そこで調べてみました。

シャルージャは、アラブ首長国連邦の1都市です。ドバイから15キロほど北に位置しています。シャルージャの街中の様子がよく分かる画像を見つけました。

Walk in Sharjah 1 – UAEのシャルージャ市内を歩く
Walk in Sharjah?2 – UAEのシャルージャ市内を歩く
Walk in Sharjah?3 – UAEのシャルージャ市内を歩く
sSome rights reserved by jensimon7-2

始まった当初から、シャルージャ・ビエンナーレがその役割として掲げてきたことは、地域に密着した場をつくること、また、芸術への支援を積極的に行うことだったそうです。では、長谷川さんのシャルージャ・ビエンナーレはどんなふうになるのでしょうか。長谷川さんは今回の大役について次のようなコメントをしています。

多様なコミュニティーの集合体としてのシャルージャでは、他者とともに考え、取り決めをすることがとても大切にされてきました。私は、その土地のダイナミズムを生かして、アートを通し疑問を投げかける、そして、私たちをヨーロッパ中心主義やグローバリズム、またそれに関連する他の主義・主張から解放する対話をうみだすビエンナーレにしたいと思います。

シャルージャ・ビエンナーレがヨーロッパ中心主義の再評価と多様な秩序の合流の場になって欲しい、長谷川さんはそう抱負を語っています。今からとても楽しみですね。

参考サイト:
Yuko Hasegawa announced curator of Sharjah Biennial 2013(ArtReview)
Sharjah Biennial 11 March 2013 (Sharjah Art Foundation)







画像引用元:
photo by jensimon7

関連記事

”インテレクチュアルとは他の価値に対してオープンであるということ。”?長谷川祐子さんの言葉から?

 2009年に出版された遠藤水城さんの「アメリカまで」(とんつーレコード)という本には、千葉成夫さん、熊谷伊佐子さん、平野千枝子さん、長谷川…

アートコレクターが、”モノ”ではないアートをコレクションする理由 ・ アートフェアVSビエンナーレ

  アートフェア東京に行ってきました。ついでにイベントトーク2つ「アートフェアを考える」「アートコレクターの時代を考える」に参加し…

インディペンデントキュレーター遠藤水城さんについて

横浜トリエンナーレ2011提携プログラム「クシシュトフ・ヴォディチコ アートと戦争」に、パネラーとして参加されていたインディペンデントキュレ…

デモの記録映像がアートになる時 アハマド・バシオーニ(Ahmed Basiony)の作品

「30 Days of Running in the Place」  Ahmed Basiony(2010)  森美術館で開催され…

貧しい国・シビアな問題を抱えた国が、ベネチアビエンナーレに熱意を抱く理由

                                        Some rights reserved by br1dot…

おすすめ記事

ジャクソン・ポロックのドリッピングを科学する。

ジャクソン・ポロックが描いた「ドリップ・ペインティング」は、一見、子供…

村上隆のゲルニカ。「五百羅漢図」

村上隆さんの大規模な回顧展「Murakami-Ego」が、2月9日から…

Anton Garcia Abril:スペインの現代アート、コンクリート製「トリュフ」

天然の岩の内部をくりぬき、そこに窓を設置したかのような構造物。これは、…

ロッククライマーがつくる彫刻  ダグ+マイク・スターンの「ビッグ・バンブー」

写真をご覧ください。木材を積み上げてつくられた、巨大な鳥の巣のような構…

音が描く模様。聞こえない音の視覚的な美しさ by カールステン・ニコライ(Carsten Nicolai)

子どもの頃、私は、雷が大嫌いでした。降りしきる雨の中、突然に光る空、そ…

セザンヌの絵が解き明かす、現代の脳科学

画家セザンヌが生きた19世紀、人間の感覚は、外の世界のありのままの姿を…

刺青から紐解く炭鉱夫の恐怖。山本作兵衛の世界

2011年5月、画家山本作兵衛の絵が、日本で初めて世界記憶遺産に登録さ…

地中美術館の「モネの一室」が素晴らしい。オランジュリー美術館との比較。

「睡蓮」によって大装飾空間をつくり出す。 晩年のモネのそうした構想をも…

杉本博司の護王神社。この神社に直島の神は宿るのか?

瀬戸内国際芸術祭の開催地である直島で、「家プロジェクト」というアートプ…

モノに喋らせる。皿が泳ぐプール。 by セレスト・ブルシエ=ムジュノ(Céleste Boursier-Mougenot)

20世紀のアメリカで活躍した美術家、マルセル・デュシャンは、当時のアー…