やまでら くみこ のレシピ

テレビで話題の人気レシピをメインに紹介しています。

「ベン・シャーン クロスメディア・アーティスト」展

投稿日:2011年12月26日 更新日:


「ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸」アーサー・ビナード著(集英社2006年)
神奈川県立近代美術館(葉山)で行われている「ベン・シャーン クロスメディア・アーティスト」では、ベン・シャーンによる絵画や写真、版画、グラフィック・アートなど様々な表現形態の作品が紹介されています。今日は彼の写真について書きます。

シャーンにとっての写真のポジションは、あくまでも絵を描くための道具(スケッチブック?)のようなものであると思われます。展示されている絵画の多くは、写真をもとに制作されています。
しかしそのような写真の使い方とは別に、彼は、1930年代にはアメリカのRA/FSA(再定住局/農村安定局)というところで、写真を使った仕事をしていました。

RA/FSAとは、フランクリン・ルーズヴェルト大統領のニューディール政策の一環として設置された部局です。1929年のニューヨーク・ウォール街の株価暴落に端を発する景気の大幅後退は、偶然に起こった異常気象を伴ない、農村を危機的な状況に陥れました。RA/FSAは、その際に土地を失った農民の再定住を促進する役割を持っていました。
しかし、個人が自分の力で土地を開墾してきた歴史を持つアメリカにおいて、政府が農民の再定住先にまで介入するこのような政策は馴染み難いものだったそうです。そのためRA/FSAは、過酷な農民の暮らしを議会や報道機関に伝えるため、ドキュメンタリ―写真を制作しました。シャーンは3年かけてアメリカの南部や中西部の農村を回り、現地の実態を記録しました。
この時シャーンは、その後に彼の作品の中核を占める大事なことに気付いたそうです。

当時私はアメリカの国内のいたるところを歩き廻り、あらゆる種類の宗教や気質をもった多くの民衆を知るようになった。こういう信仰や気質を彼らはその生活の運命に超越し、無関係にもち続けているのだった。社会的な「理論」はかかる経験の前に崩れ去った

ベン・シャーンは、常に社会的弱者を作品の中に取り上げてきました。それは、彼自身が貧しいユダヤ系移民であったことと無関係ではないでしょう。しかし彼は、このRA/FSAでの仕事を通じて、彼らをユダヤ人や移民、労働者などと一括りに捉えてきたそれまでの自身の表現を反省したそうです。人間を個人として捉えなければ、何か大事な取りこぼしをしてしまうと思うようになりました。

このベン・シャーンの考え方は後の彼の作品のよくあらわれています。今回の展覧会では、「ラッキードラゴン」シリーズが展示されていますが、これは1954年に起こった第五福竜丸事件を題材にしています。第五福竜丸の船員は、ビキニ環礁付近でアメリカの原水爆実験に遭遇しました。シャーンの「ラッキードラゴン」シリーズに描かれた船員が、私にとって身近な人であるかのように強いインパクトで訴えかけてくるのは、先のシャーンの人間をひとりの個人として表現する姿勢が大きく影響しているように思います。

芸術新潮 2012年 01月号 [雑誌]?参考:芸術新潮 2012年1月号

「ベンシャーン クロスメディア・アーティスト」展
2012年1月29日(日)まで 月曜日休館
開館時間 9:30?17:00
神奈川県立近代美術館 葉山 にて







前の記事

柳宗理さん死去 「美は人々のためにある」

柳宗理さんが亡くなったそうです。享年96歳。 私は柳さんのデザインした「つや消しステンレスボール」を愛用しています。卵白の泡立てがしやすいの…

次の記事

「瀧口修造とマルセル・デュシャン」展の感想

先日、「瀧口修造とマルセル・デュシャン」展を見てきました。 マルセル・デュシャンは、現代美術の先駆けとも言える存在です。男性用便器を美術館に…

関連記事

no image

中国人の文化的欲求を満たすアート

クーリエ ジャポン 9月号 に、北京北部でデジタルプリント会社「時間機器(タイムマシン)」の技術顧問をしているXu Xi(シューシー)さんと…

インディペンデントキュレーター遠藤水城さんについて

横浜トリエンナーレ2011提携プログラム「クシシュトフ・ヴォディチコ アートと戦争」に、パネラーとして参加されていたインディペンデントキュレ…

出なくなったペンを復活する方法。油性は除光液、水性は水を使います。

書けなくなったペンを復活させる方法をご紹介します。 文房具ライターのきだてたくさんによると、油性ペンには除光液を、水性ペンにはぬるま湯を使う…

「パラレルワールド」 イ・チャンウォン(Changwon Lee)がつくる幻想空間

「Parallel World」  Changwon Lee(2012) 今回ご紹介する作品は、とても美しい作品です。暗がりの中に…

レバノン内戦の傷跡。火であぶった観光写真 by ジョアナ・ハッジトーマス&ハリール・ジョレイジュ(Joana Hadjithomas and Khalil Joreige)

「War Postcards」(Wonder Beirut project) Joana Hadjithomas and Khalil jo…

ピックアップ記事

ジャクソン・ポロックのドリッピングを科学する。

ジャクソン・ポロックが描いた「ドリップ・ペインティング」は、一見、子供…

村上隆のゲルニカ。「五百羅漢図」

村上隆さんの大規模な回顧展「Murakami-Ego」が、2月9日から…

コンクリート製「トリュフ」に暮らす(建築家:アントン・ガルシア=アブリル)

天然の岩の内部をくりぬき、そこに窓を設置したかのような構造物。これは、…

ロッククライマーがつくる彫刻  ダグ+マイク・スターンの「ビッグ・バンブー」

写真をご覧ください。木材を積み上げてつくられた、巨大な鳥の巣のような構…

音が描く模様。聞こえない音の視覚的な美しさ by カールステン・ニコライ(Carsten Nicolai)

子どもの頃、私は、雷が大嫌いでした。降りしきる雨の中、突然に光る空、そ…

セザンヌの絵が解き明かす、現代の脳科学

画家セザンヌが生きた19世紀、人間の感覚は、外の世界のありのままの姿を…

刺青から紐解く炭鉱夫の恐怖。山本作兵衛の世界

2011年5月、画家山本作兵衛の絵が、日本で初めて世界記憶遺産に登録さ…

地中美術館の「モネの一室」が素晴らしい。オランジュリー美術館との比較。

「睡蓮」によって大装飾空間をつくり出す。 晩年のモネのそうした構想をも…

杉本博司の護王神社。この神社に直島の神は宿るのか?

瀬戸内国際芸術祭の開催地である直島で、「家プロジェクト」というアートプ…

モノに喋らせる。皿が泳ぐプール。 by セレスト・ブルシエ=ムジュノ(Céleste Boursier-Mougenot)

20世紀のアメリカで活躍した美術家、マルセル・デュシャンは、当時のアー…