ふわふわ仕上げ!モンサンミッシェルのオムレツレシピ。ふわとろな作り方。

投稿日:2015年4月13日 更新日:

モンサンミッシェルのふわふわオムレツ

ふわふわオムレツのレシピをご紹介します。

料理研究家の浜内千波さんが考案した「モンサン・ミッシェル ふわふわオムレツ」です。

フランスのモンサン・ミッシェルにある老舗レストラン「ラ・メール・プラール」で人気のオムレツを再現したレシピで、ふわとろの食感に仕上がります。

調理のポイントは、2つあります。
1つは、卵白を泡立ててメレンゲを作ること。
もう1つは、溶けるチーズを加えることです。

卵白を泡立てることで食感がふわふわになり、チーズを具材にすることで、とろっとした口当たりが加わります。

(一部情報元:日本テレビ「PON!」2015年4月13日放映)

ふわふわオムレツ

「モンサン・ミッシェル ふわふわオムレツ」のレシピです。

材料

1人分
2個
とろけるチーズ 20g
少々
バター 小さじ1

作り方

  1. ボールに卵白(2個分)と塩を入れ、泡立て器で4~5分泡立てて、メレンゲを作る。
    角が立ったら、泡を潰さないようにボールのへりから卵黄を1個ずつ(計2個)入れ、その都度よく混ぜる。
  2. 温めたフライパンにバターを引く。
  3. 2のフライパンに、1を一気に入れる。
  4. 薄っすら湯気が出て表面がプツプツしてくるまで、中火弱で片面だけを2分ほど加熱する。
  5. 4の上にチーズをのせてフタをし、火を止めて余熱で1分蒸らす。
  6. 円形に焼きあがったオムレツを皿に移し、半分に折ったらできあがり。

モンサンミッシェルのふわふわオムレツ

ゆるく固まったメレンゲと、チーズのとろっとした食感が絶妙な、美味しいオムレツができます。

本物のモンサンミッシェルのオムレツ

モンサンミッシェルのオムレツ

ちなみに、以前は、ラ・メール・プラールの支店が日本にもありました。
丸の内と横浜の2店舗です。
でも、残念ながら、現在では、両方とも閉店しています。

上の写真は、私がかつて、横浜のラ・メール・プラールでいただいたオムレツです。

厚みが5センチほどもある、半円形の巨大オムレツ。
卵の使用量がまったく違うということもあり、本物の方がずっと厚みがありますが、浜内さんのレシピでも、卵をもっと厚めに焼けば、この見た目に近づくと思います。

私の試作(冒頭の写真)では、レシピ通りの卵2個を17センチくらいの円形に焼いたところ、仕上がりの厚みが3センチほどになりました。


モンサンミッシェルのオムレツ

本物のラ・メール・プラールのオムレツは、ナイフを入れると、その瞬間に中身がどっと溢れ出ます。
卵が固まっているのは表面だけで、中身はほぼ泡立てられた卵液のままの状態。
とても変わったオムレツです。

浜内さんのオムレツは、中身がほぼ液体に近い本物よりは少し固めの仕上がりですが、卵のふわとろ感は十分出ます。

また、浜内さんのレシピは、本物のオムレツには入っていないチーズを加えていますが、私は本物の味に少し物足りなさを感じたので、浜内さんのチーズ入りオムレツの方が好きです。

ふわふわオムレツの、超おすすめレシピですよ。

関連レシピ