やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

医師・南雲吉則さんの薦める、「まるごと食べる」食事法

投稿日:2012年7月2日 更新日:

s-vegetable

健康的な食生活を想像してみて?と問われたら、みなさんはどのようなことを真っ先に思い浮かべますか。
私は、「いろいろな野菜や果物をたっぷり食べる」ということでしょうか。ヘルシーな食材の筆頭に、野菜や果物が出てくるんですね。私の場合。

だけど、そんな野菜や果物と言えども、ばっかり食いはよくないですね。いろいろな種類のものを食べた方が健康的だと思います。
子供の頃から今までのことを思い返すと、私は、この「いろいろなものを食べる」という価値観だけはずっと保持し続けてきたように思います。

2つの食生活指針

「いろいろなものを食べる」という私の食生活に対するビジョンの出所は、おそらく、「1日30品目」にあると思います。これは、1985年に当時の厚生省によってつくられた食生活指針の基軸でした。
30という数字が妙に気になります。具体的な数値を用いた表現には、このガイドラインを印象づけるねらいがあったようです。「分かりやすさ」「指導のしやすさ」「広まりやすさ」が考えられてのことのようです。
たかが30とは言っても、食材の種類であることを考えると、かなりゴッツイ数字であるようにも思えます。何だか強迫されている感じもしないわけではありません。でも、理解しやすかったことは確かです。

このガイドラインは、2000年に改訂されました。新しい食生活指針は、「主食・主菜・副菜を基本に、食事のバランスを考えましょう」というもの。
表現がかなり緩くなったため、聞こえは良いかもしれません。でも、とても分かりにくいのが難点ですね。

もっと分かりやすくて、実行に結びつきやすい食生活の目標があればいいな。私は最近そんなことを考えていました。

南雲さんのすすめる「まるごと食べる」食事法

そんな折、偶然私の目に留まったのが、BIG tomorrowの7月号に掲載されている医師・南雲吉則さんのアドバイス。これは分かりやすくて体にも良さそう。いいんじゃない?と思いました。
南雲さんは、こんなことを言っています。

俺がすすめるのは、「まるごと食べる」方法なんだ。

南雲さんは、食材を丸ごと食べるだけで健康になれると言います。もし本当にそうだとしたら、これはとても分かりやすいアドバイスですね。先の「1日30品目」よりも、すーっと何の抵抗も感じずに受け入れることができるように思います。

彼が言う「丸ごと食べる」とは、つまりこういうことです。例えば、大根は、皮をむかずに葉の部分も捨てずに調理して食べる。魚だったら、骨も頭も食べる。
南雲さんは、次のように言っています。

 なぜ(まるごと食べること)が身体にいいか、栄養バランスがいいか?(例えば)魚のすべてを食べることは「人体を構成している栄養素と同じ種類の栄養を同じ比率でとりこむこと」だからさ。
だって生命の源は海から誕生してる。俺たち人類の祖先をさかのぼっていけば魚になるんだ。身体を構成している栄養素は、基本的に一緒というわけ。わざわざ野菜や穀物から別々にとらずとも、魚を丸ごとで必要な栄養がとれちゃうわけだ。

南雲さんのこの「まるごと食べる」食事法というのは、以前私が学んでいたマクロビオティック(食養)でいうところの「一物全体食」にあたります。
南雲さんは肉を一切食べないそうですが、彼のこのアドバイスを知ると納得できます。なぜなら、この考えを実践すると、必然的に肉を食べなくなるからです。一度に牛を丸ごと1頭食べるのは難しい。(笑) いくら大食いの人でも、それはちょっとムリですよね。せいぜい、鶏を丸ごと1羽食べられるくらいでしょうか。
また、大型の魚にも同様のことが言えます。マグロやカツオなどは、牛ほどではないかもしれませんが、丸ごと食べるのはほぼ不可能でしょう。

「まるごと食い」ができるのは、穀物や豆類、野菜、果物、小魚。南雲さんは、穀物は精製しない、野菜や果物は皮をむかない。小魚は頭からしっぽまでまるごと食べることを薦めています。

南雲さんに薦められるとなんだか説得力があります。これを忠実に実践すると、彼のように驚くほど若い容姿をゲットすることが出来るかもしれませんね。

最後に、南雲さんがすすめる「丸ごと食い」レシピを1つ簡単に載せます。おにぎりのレシピです。彼いわく、これを食べれば「元気マグナム級で一日を過ごせる!」そうです。

【スーパーライスボール】
材料
玄米ごはん
いり胡麻
桜えび
しらす

つくり方は、上記の材料をすべて混ぜておにぎりにするだけ。美味しくいただくには、さらに少々の塩気があった方がいいですね。

参考資料:
厚生労働省 新しい食生活指針
栄養相談Q&A 日本栄養士会
ごぼう天国

関連記事

カット野菜の栄養と保存方法。シャキッと復活させる方法。

カット野菜の「栄養」と「保存方法」と「シャキッと復活させる裏技」をご紹介します。カット野菜は実は栄養がけっこうあり、安心して使えるようです。…

インドのヨーグルトを現地から徹底解説!ダヒの作り方と使い方。

インドヨーグルトの作り方や食べ方を、現地インドから詳しくご紹介します。ヨーグルトは、インドでは「ダヒ(Dahi)」と呼ばれています。ダヒはイ…

人参の栄養と健康効果。加熱・すりおろし・皮ごと調理で栄養アップ!

人参には、カロテン・ビタミンC・カリウム・カルシウムなどの栄養成分が豊富に含まれています。特に注目すべき栄養素は、βカロテン。人参に含まれる…

トルコ紅茶「チャイ」の作り方や飲み方を解説!グラスやポットも紹介。

トルコの紅茶は、トルコ語で「チャイ(çay)」と言います。チャイと言えば、インドのミルクティーを思い出す方も多いかもしれません。でも、トルコ…

インドの牛乳を徹底解説。ミルク消費量世界一!飲み方や使い方は様々。

インドで飲まれている牛乳について解説します。インドの宗教で最も幅を利かせているのはヒンドゥー教。インドの人口の8割がヒンドゥー教徒と言われて…

さつまいもの栄養と効果。皮ごと食べると栄養アップ!食べ方も解説。

さつまいもの栄養についてお伝えします。さつまいもに含まれる栄養の健康効果と、さつまいもの上手な調理法についてです。

セロリの栄養と効能。カリウムや香り成分がポイント!血圧低下や精神安定に

セロリに含まれる栄養と健康効果を解説します。セロリには、高血圧予防に効果的なカリウムが豊富に含まれており、また、セロリの香り成分には、精神の…

意外なほど腐らない!納豆の賞味期限切れ。いつまで食べられるか試してみた

納豆は発酵食品なので、賞味期限切れになっても、しばらくは普通に食べられます。基本的には、パックに印字された賞味期限までに使い切る方が美味しく…

おすすめ記事

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

とうもろこしスープの手作りレシピ。甘みを堪能!コーンスープの作り方

桃スムージーのレシピ。おうちで作ると超美味しい!冷凍桃の活用法。

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

さやいんげんとオリーブオイルを使った煮物のおすすめレシピをご紹介します。トルコやギリシャなどで親しまれている「いんげんのオリーブオイル煮」。…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮ることで、まるで桃のような柔らかい食感に仕上がります。ワインなしでも作れ…

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ひよこ豆を使った、エスニックなサラダのレシピをご紹介します。インドのサラダ、チャナ・カチュンバル(英語:chana kachumber)。カ…

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

ライタのレシピを本場インドからご紹介します。ライタ(Raita)とは、ヨーグルトを使ったサラダのこと。ヨーグルトの中に刻んだ生野菜を入れ、サ…

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしの茹で方は、レンジでチンが一番美味しいです。皮ごとならそのまま。皮なしならラップで包んで。普通のゆで方よりもずっと甘いですし、栄…

とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

とうもろこしごはん(とうきびごはん)のおすすめレシピをご紹介します。とうもろこしの甘みとバターのコクを活かした、人気の炊き込みごはんのレシピ…

とうもろこしスープの手作りレシピ。甘みを堪能!コーンスープの作り方

とうもろこしスープの手作りレシピをご紹介します。生のとうもろこしを使ったコーンスープで、濃厚な味わいが特徴。コンソメなどのだしを一切使わずに…

桃スムージーのレシピ。おうちで作ると超美味しい!冷凍桃の活用法。

桃を使った美味しいスムージーのレシピをご紹介します。作り方はとても簡単です。桃を凍らせて、ヨーグルトとはちみつを加え、ミキサーにかけるだけ。…

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ギリシャサラダ(グリークサラダ)のレシピを、現地ギリシャの情報を交えて詳しくお伝えします。ギリシャサラダとは、ギリシャ産の「フェタチーズ」と…

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

濃厚で風味豊かな、美味しいニラポン酢のレシピをご紹介します。ニラポン酢とは、ニラをポン酢に漬けたニラだれのこと。ポン酢と合わせることで、ニラ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキのレシピで…

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ファラフェル(Falafel)のレシピをご紹介します。ファラフェルとは、イスラエルやアラブ諸国・トルコなど中東一帯で食べられている、主にひよ…

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

なすとナンプラーを使った、焼き浸しの簡単レシピをご紹介します。身近な食材だけで作る、タイ風のエスニック料理。なすをフライパンでこんがりと焼い…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとくるみをたっ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッと巻いて、フライパンでこんがりと加熱。焼き上がった肉巻きを、醤油やみり…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味は、時に感…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているものが多く、…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海の国々で食…

最新記事

風味豊か!ひじきそぼろのレシピ。鶏ひき肉を使った簡単おかず。

見た目も味も大満足!紫インゲンと黄インゲンの味噌そぼろがけのレシピ。

甘くないのが断然旨い!しらすのおやき風パンケーキ。おやつにもおすすめ

からしが決め手!豚肉となすの味噌炒め。ご飯がすすむコク旨レシピ。

濃厚カレー風味!豚ごぼう丼の作り方。ひき肉を使った簡単レシピ。

風味豊か!ひじきそぼろのレシピ。鶏ひき肉を使った簡単おかず。

ひじきとひき肉を使った、ご飯によく合うシンプルなおかずレシピをご紹介します。鶏ひき肉でそぼろを作り、ひじきを加えて、甘辛く味付け。生姜と小ね…

見た目も味も大満足!紫インゲンと黄インゲンの味噌そぼろがけのレシピ。

紫インゲンと黄インゲンを使った、簡単おかずの作り方をご紹介します。「いんげんの味噌そぼろがけ」のレシピです。紫インゲンと黄インゲンは、どちら…

甘くないのが断然旨い!しらすのおやき風パンケーキ。おやつにもおすすめ

しらすの大量消費にぴったりな、栄養満点のおやつレシピをご紹介します。しらすや小ねぎを小麦粉の生地に混ぜて、こんがりと焼き上げた、おやき風のパ…

からしが決め手!豚肉となすの味噌炒め。ご飯がすすむコク旨レシピ。

豚肉となすを使った、ご飯によく合うおかずの作り方をご紹介します。豚こま切れ肉とナスの、からし味噌炒めのレシピです。調理のポイントは、なすをレ…

濃厚カレー風味!豚ごぼう丼の作り方。ひき肉を使った簡単レシピ。

ご飯がもりもり美味しく食べられる、ごぼう丼の作り方をご紹介します。カレーの風味が食欲を誘う、豚ごぼう丼のレシピです。ごぼうをじっくりと炒めて…