しらたきヤムウンセンのレシピ。ヘルシーなタイ風サラダの作り方。

投稿日:2015年4月13日 更新日:

しらたきヤムウンセン

しらたき(糸こんにゃく)のおすすめレシピをご紹介します。

こんにゃく専門店「丹野こんにゃく店」の丹野益夫さんがすすめる「しらたきヤムウンセン」です。

本場タイのヤムウンセンは春雨で作りますが、このお料理は春雨の代わりにしらたきを使います。
しらたきにあらかじめ砂糖を揉み込むと、味がよく馴染んだ美味しいヤムウンセンが作れます。

調理時間は13分です。

(一部情報元:NHK「ガッテン!」2017年9月20日放映)

しらたきヤムウンセン

「しらたきヤムウンセン」のレシピです。

材料

2人分:調理時間13分
茹でたエビ 8尾
ひき肉 100g
シラタキ 200g
砂糖 10g
小さじ1/2
パクチー 2株
A
キュウリ 40g
ニンジン 20g
レッドオニオン 40g
B
スイートチリソース 大さじ3
レモン汁 大さじ1
ナンプラー 小さじ2
ニンニクみじん切り 小さじ1

作り方

  1. しらたきを流水で洗い、食べやすい長さに切る。
    しらたきと砂糖をポリ袋に入れ、2〜3分よく揉む。
    水分が出てきたら流水でさっと洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取る。
  2. キュウリとニンジンは千切りにする。レッドオニオンは薄切りにする。パクチーは根をみじん切りにし、葉はざく切りにする。エビは半分の厚さに切る。
  3. ひき肉は軽く茹で、水気を切る。
  4. Aを塩で揉み、5分ほど置いて水気を切る。
  5. Bの材料を混ぜる。
  6. パクチーの葉以外の材料を混ぜ、皿に盛る。パクチーの葉を飾ったらできあがり。

しらたきに砂糖を揉み込む
しらたきは、あらかじめ流水で洗い、食べやすい長さに切ります。
そして、砂糖と一緒にポリ袋に入れ、2〜3分手で揉みます。
しばらくすると、しらたきから水分が出ます。(上の写真)

水分が出たら流水でさっと洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。

【調理のポイント】
しらたき(糸こんにゃく)に砂糖を揉み込むと、浸透圧で中の水分が抜けるので、臭みが取れ、弾力が増して食感が良くなります。

また、水分が抜けたところに隙間ができるので、調味料が入りやすく(味が染みやすく)なります。

砂糖を揉み込んだ後は、しらたきが脱水されて隙間が出来ている状態になっていますので、水洗いはさっと済ませることをおすすめします。
あまり長時間水に浸すと、せっかくできた隙間が水で埋まり、味が入りにくくなってしまいます。


しらたきヤムウンセン
このヤムウンセンは、スイートチリソースの風味をいかした少し甘めの味付けなので、子供でも食べやすいです。

砂糖を揉み込んだしらたきは、生のままとくらべてコシがあり、味馴染みが良いのが特徴です。

ところで、このお料理は、ダイエットにもおすすめです。

しらたきは、100gでたったの6Kcalという低カロリーな食品。
これは春雨の1/15以下なので、春雨の代わりにしらたきでヤムウンセンを作ると1人分で100kcalものカロリーダウンになります。

また、しらたきは低糖質で食物繊維も豊富です。
作り置きをして、ダイエットメニューにするのもいいですよ。

関連レシピ