ロースイーツのレシピ。自然な甘さが魅力の、ローチョコトリュフ。

公開: 更新:2016/08/26

ロースイーツ

「ロースイーツ」というお菓子が、美容や健康を気遣う女性を中心に人気があるそうです。

ロースイーツの「ロー」は、英語の「raw」。「生の」という意味があります。ロースイーツは、加熱をせずに作ります。

またお菓子作りには欠かせない砂糖・卵・小麦粉・乳製品といった食材を一切使わないのも、ロースイーツの特徴の1つです。

今日は、ロースイーツの魅力と、その一例として「ローチョコトリュフ」の作り方をご紹介します。

(情報元:TV「あさチャン!」チャン知り 2015年4月22日放映)

スポンサーリンク

ロースイーツの魅力

ロースイーツに詳しい仲里園子さんと山口蝶子さんは、「焼かずにかんたん基本のロースイーツレシピ」をはじめとしたロースイーツの料理本の著者であり、東京・世田谷区でロースイーツが楽しめる店「ツリー オブ ライフ」を経営しています。

山口さんはロースイーツについて、「普通のスイーツを食べているのと同じような満足感がある。またすごく体が喜ぶような感じがする。」とその魅力を語っています。

また仲里さんによると、ロースイーツは作るのがとても簡単だそうです。
「ロースイーツは基本的に加熱をしないので、ミキサーで混ぜたり、フードプロセッサーで混ぜたり、簡単な工程で出来上がるので失敗が少ないのが特徴。」とおっしゃっています。

お2人によるとロースイーツは、簡単に作れる上に美味しいようですよ。

さらに栄養面では、火を使わないため、消化や代謝を促す酵素を、壊さず摂取できるというメリットがあるようです。

ローチョコトリュフの作り方

ロースイーツ

さてここからはロースイーツの一例として、神奈川県相模原市にお住まいの主婦・林弘美さんが考案した、「ローチョコトリュフ」の作り方をご紹介します。

林弘美さんは、出産後にダイエットの方法を探している時、ロースイーツに出会ったそうです。
普通のお菓子の代わりにロースイーツを食べることで、細身になっただけでなく、持病だったぜんそくが良くなったり、花粉症などのアレルギー症状が改善するといった体調の変化も体験したそうです。
現在は自宅で、ロースイーツの作り方を教えていらっしゃいます。

さて、そんな林さんが考案した「ローチョコトリュフ」の作り方はとても簡単。
フードプロセッサーにかけて丸めるだけで、完成です。

材料【25個分】
生のクルミ 150g
レーズン 50g
ナツメヤシの実
(デーツ)
100g
バニラエクストラクト 適量
カカオバター 適量
ローカカオパウダー
(もしくはキャロブパウダー
15g
ココナッツファイン 適量
作り方
  1. クルミ・レーズン・デーツ・バニラエクストラクト・カカオバターをフードプロセッサーにかける。
  2. 1を25等分して丸め、表面にローカカオパウダーもしくはココナッツファインをまぶしたらできあがり。

ローカカオパウダーをまぶした茶色のトリュフと、ココナッツファインをまぶした表面が白いトリュフの2種類ができます。

林さんによると、ロースイーツは普通のデザートと同じくらい満足感があるので、お子さんも喜んで食べてくれるそうです。

スポンサーリンク

画像引用元:Raw Vegan Coconut Almond Truffles by Veganbaking.netRaw Chocolate Cake by Christoffer Undisclosed

チョコ好きのためのチョコケーキを食べてみた。

山崎製パン(Yamazaki)の新商品、「チョコ好きのためのチョコケーキ」を食べました。「チョコ好きのためのチョコケーキ」には、もう1つ別の...

超時短レシピ。3分以内で作れる人気料理43品まとめ。

3分以内で作れる超時短レシピを43品ご紹介します。当サイトではテレビで話題になった料理を中心に紹介していますが、今回は数ある超時短メニューの...

超時短レシピ。10分以内で作れる人気料理106品まとめ。

10分以内で作れる時短レシピを106品ご紹介します。当サイトではテレビで話題になった料理を中心に紹介していますが、今回は数ある時短メニューの...

横浜中華街の「照宝」。おすすめの中華調理器具屋さんです。

今日ご紹介するのは、横浜中華街にある「照宝」。「照宝」は中華調理器具を扱うお店です。ここの調理道具は、プロの料理人にも愛用されているそうです...

ずぼら料理の奥薗壽子さんに学ぶ、手作りおやつと市販品のバランス。

私事になりますが、私は、20代だった頃、食べ物を手作りすることに強いこだわりを持っていました。当時はご飯を土鍋で炊いていましたし、パンづくり...