北斗晶さんの、長ネギのキッシュのレシピ。春巻きの皮をパイ生地にします。

投稿日:2015年4月24日 更新日:

長ねぎのキッシュ

タレントの北斗晶さんが考案した、「長ネギのパリパリミニキッシュ風」の作り方をご紹介します。

長ネギをキッシュ風にアレンジしたお料理です。

キッシュというと手がかかるイメージがありますが、北斗流のキッシュは、冷蔵庫にあるもので簡単に作れます。

パイ生地は、冷蔵庫で余りがちな春巻きの皮で代用します。

またマヨネーズを上手に使います。春巻きの皮に塗って、パイ生地のコクを出します。また具材の長ネギを炒める際には、油代わりにマヨネーズを使い、ついでに調味もしてしまいます。

さらにラーメンスナックを加えることで、パリパリとした食感をプラスします。

斬新なアイデアが詰まったキッシュ。長ネギの甘みが感じられるため、子供も喜んで食べてくれるそうです。

(一部情報元:TV「あさチャン」北斗ゴハン 2015年4月24日放映)

北斗流「長ねぎのパリパリミニキッシュ風」の作り方

北斗流「長ネギのパリパリミニキッシュ風」のレシピです。

ちなみに今回北斗さんが調理に使ったのは、群馬県伊勢崎市で長ネギ農家を営む、松村昭寿さんが作った、太さもしっかりある立派な長ネギです。

材料【アルミカップ8個分】
春巻きの皮 2枚
長ネギ 1本
マヨネーズ 適量
3個
牛乳 大さじ3
ラーメンスナック 適量
アルミカップ 8個
作り方
  1. 春巻きの皮を4等分して、合計8枚の小さい四角形にする。
  2. アルミカップにマヨネーズ少々を入れ、スプーンなどで塗る。その上に春巻きの皮をのせ、カップ型に形を整える。さらにその皮の上に、マヨネーズを大さじ1ずつのせ、万遍なく塗る。
  3. 2を180度に温めたオーブンで5分焼く。
  4. 長ネギ1本(青い部分もすべて)を、3~4ミリくらいの厚さの輪切りにする。青い部分は最後に飾りに使うので、少し取り分けておく。
  5. 4とマヨネーズをフライパンに入れて炒める。
  6. 卵と牛乳をボールに入れ、よく混ぜる。そこにラーメンスナックを加えてさっと混ぜる。
  7. 3のカップに5を入れる。さらにその上から6をかける。最後に、取り分けておいた長ネギの青い部分を、彩りに散らす。
  8. 180度に温めたオーブンで10分焼く。仕上げにラーメンスナック少々をトッピングしたらできあがり。

出来上がりは、春巻きが程良くきつね色になっていて、とても美味しそう。

マヨネーズと卵が、長ネギの甘みを存分に引き出してくれるようです。また加熱時間が短いので、ネギの食感も楽しめるとのこと。

食べやすいので、ネギが苦手な子供にもおすすめだそうです。またおつまみとしても十分楽しめるようですよ。

関連レシピ