やまでら くみこ のレシピ

テレビで話題の人気レシピをメインに紹介しています。

水島弘史シェフのとんかつのレシピ。科学的にも理にかなった作り方。

投稿日:2015年4月29日 更新日:

水島弘史 とんかつ レシピ

フレンチの水島弘史シェフが考案した、とんかつの上手な作り方をご紹介します。

水島さんは、科学的な側面からも美味しい料理をつくる方法を研究しており、そうした視点から、たくさんの料理本を執筆しています。

私はそのうちの何冊かを読んだことがありますが、どれも料理の常識を覆す斬新な内容になっています。
主に肉を焼く時などに、私は、水島さんの著書から得た知識を活かしています。ジューシーで美味しく仕上がるので、水島流の肉の焼き方がとても気に入っています。

ちなみに、水島さんは料理教室「水島弘史の料理教室」を主催していますが、この教室は、予約がたった2分で埋まってしまうほど人気があるそうです。

さてトンカツの揚げ方ですが、水島さんによると、科学的にも理にかなった調理法を取り入れると、特売品の豚肉でも、高級な豚肉で作ったかのような美味しいトンカツができるそうです。

(情報元:テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」科学で料理がこんなに美味しくなる 2015年4月28日放映)

水島シェフが教えるトンカツの上手な揚げ方

とんかつ

高級な豚肉は、柔らかくとてもジューシーです。
でも一方の安い豚肉は、身が固く水分に乏しいという特徴があります。

これからご紹介するのは、こうした安い豚肉の欠点を補う調理法です。
さらに衣をサクサクに仕上げることで、より高級なトンカツに近づけます。

一般的なトンカツの作り方は、小麦粉・溶き卵・パン粉で作った衣を肉に纏わせ、高温の揚げ油でキツネ色になるまで揚げます。

でも水島さんがすすめる調理法は、これとはかなり異なります。
まず衣を作る際に、溶き卵に小さじ1程度のサラダ油を加えます。
そして最も特徴的なのは、冷たい油から揚げること。時間をかけて低温で肉に火を通し、その後さらに衣をカラッと仕上げるために、高温の油で2度揚げします。

この方法でトンカツを作ると、水島さんいわく、たとえ100g198円の安い豚肉を使っても、100g1,000円の高級豚肉で作ったかのような美味しいトンカツができるそうです。

トンカツを上手に作るポイントをまとめると、次のようになります。

トンカツを上手につくる3つのポイント
  1. 衣を作る際、溶き卵に小さじ1程度のサラダ油を加える。
  2. 冷たい油から揚げる。
  3. 高温の油で一気に2度揚げする。

これらのポイントに関する水島さんの説明を簡単にまとめました。

なおこれらをもとにまとめたレシピは、その後に記しました。

溶き卵の小さじ1のサラダ油を加える

トンカツの衣を作る際、卵に小さじ1のサラダ油を加えます。
そうすると肉の表面に皮膜ができるため、旨みを逃がさずにトンカツが作れるそうです。

なお衣は均一にしっかりとつけます。小麦粉と卵がちゃんとくっついていないと、肉のジューシーさと旨みをキープできないそうです。

冷たい油から揚げる

トンカツを柔らかく仕上げるには、肉を急激な温度変化にさらさないことが大事です。
そのため、衣をつけた豚肉は、一切火入れをしていない冷たい油から揚げます。

このようにすると、普通の人でも簡単に肉を柔らかく仕上げられるだけでなく、揚げたら中が半生だったとか、逆に揚げ過ぎてしまったといった失敗も防げるようです。

手順としてはまず、フライパンに油を注ぎ、点火せずに、衣をつけた豚肉を入れます。さらにその豚肉の上から、ひたひたになるくらいの油を注ぎます。このようにすると、トンカツの全面が油で覆われた状態になります。

そうして始めて点火。
弱火と中火の間くらいの火力で、10分かけてじわじわと油の温度を100度まで上げます。
表面が赤くなり、肉汁がにじんできたら、肉に火が通った合図。そこで肉を裏返します。裏返したら、さらに3~4分ほど加熱すると、肉に完全に火が通ります。

衣の色は、この段階ではまだ、フチの部分が薄っすらと色づいた程度。かなり白っぽいです。でもこれくらいの加熱で十分だそうです。

次に高温の油で一気に2度揚げして、衣をサクッとした食感に仕上げます。

高温の油で一気に2度揚げする

最後に揚げ油を180度まで上げてから、衣がまだ白っぽいトンカツの両面を、30秒から1分ほどかけて揚げます。
美味しそうな揚げ色がついたらOK。

1回目の加熱で、肉はすでに中まで火が通っています。その後にこのような強い熱を加えても、肉はそれほど固くはならないそうです。

2回目の加熱はあくまでも、衣をサクッとした食感に仕上げるためのもの。
肉を柔らかくジューシーに仕上げられるか否かは、最初の加熱でどれだけゆっくり火を入れるかが、重要なポイントになります。

水島シェフのトンカツのレシピ

さて、以上3点の調理のポイントをレシピにまとめると、次のようになります。

材料
豚肉 1枚
肉の重量の0.8%
小麦粉 適量
適量
パン粉 適量
サラダ油 小さじ1
作り方
  1. 卵をボールに入れて溶き、サラダ油小さじ1を加える。
  2. 筋切りした肉に重量の0.8%の塩を振り、小麦粉・1・パン粉の順に均一にしっかりと衣をつける。
  3. 冷たい状態のフライパンに揚げ油を注ぎ、2を入れる。さらにその上から、ひたひたになるくらいの油を注ぐ。点火して、弱火と中火の間くらいの火力で、10分かけてじわじわと油の温度を100度まで上げる。
  4. 表面が赤くなり肉汁がにじんできたら、肉を裏返す。さらに3~4分ほど加熱したら、油から取り出す。
  5. 揚げ油を180度に温め、4の両面をさらに30秒から1分ほどかけて揚げる。美味しそうな揚げ色がついたらできあがり。

このようにして出来上がったトンカツは、肉がとても柔らかくジューシーで、豚肉の甘みまでしっかりと感じられるそうです。
また油っぽさは残っておらず、衣も驚くほどサクサクに仕上がるようですよ。

なおトンカツの美味しい揚げ方は、水島さんの著書「水島シェフのロジカルクッキング――1ヵ月でプロ級の腕になる31の成功法則」に詳しい解説があります。
同著で紹介されているトンカツのレシピは、水島さんのこだわりがより感じられる内容になっています。
たとえば水島さんは、トンカツの2度揚げをする際、1回目に使った揚げ油を濾して揚げカスなどをしっかり取り除いてから、2度目の揚げ油にしています。
ちなみに、水島さんの他の著書「強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!」や「野菜いためは弱火でつくりなさい」にも、トンカツの作り方が載っています。
合わせて参考にしてください。

ところで当サイトでは、水島さんのレシピをたくさん紹介しています。
その中でも特におすすめなのは「鶏の唐揚げ」と「親子丼」と「冷製パスタ」と「だし巻き卵」と「オムライス」と「鶏のクリームシチュー」と「ぶり大根」ですよ。







画像引用元:平田牧場の厚切りとんかつ by ayustetyKurobuta Tonkatsu 黒豚とんかつ定食 by Hajime NAKANO

関連記事

水島弘史シェフの冷めても美味しい卵焼きの作り方。

フレンチの水島弘史シェフが考案した、冷めても美味しい卵焼きの作り方をご紹介します。 水島さんは、科学的な視点に基づいた「低温調理法」を家庭料…

水島弘史シェフの、ハンバーグソースのレシピ。バルサミコ酢の酸味をしっかり飛ばすのがポイント。

フレンチのシェフ・水島弘史さんが考案した、ハンバーグソースのレシピをご紹介します。(ハンバーグのレシピは、コチラをご覧ください。) 水島さん…

カップラーメンのちょい足しレシピ。水島弘史さんのおすすめ。

フレンチの水島弘史シェフが考案した、カップ麺のちょい足しレシピをご紹介します。 水島さんは、科学的な視点に基づいた「低温調理法」を家庭料理に…

水島弘史シェフの、科学的にも理にかなったハンバーグの作り方。

フレンチの水島弘史シェフが考案した、科学的にも理にかなった美味しいハンバーグの作り方をご紹介します。 水島さんは、科学的な側面からも美味しい…

水島弘史シェフの、冷めても美味しい唐揚げの作り方。

フレンチのシェフ水島弘史さんがすすめる、冷めても美味しい唐揚げの作り方をご紹介します。 水島さんは、科学的な側面から美味しい料理をつくる方法…

長生きみそ汁超おすすめ!

長生き味噌汁のレシピ22品。大人気!味噌玉の作り方とみそ汁の効果。

「世界一受けたい授業」や「金スマ」など、多くのテレビ番組で話題沸騰中の…

伝説の家政婦 志麻さんのレシピ

伝説の家政婦 タサン志麻さんの人気レシピ15品。作り置きも紹介。

伝説の家政婦 タサン志麻(しま)さんの人気レシピを15品ご紹介します。…

牛かたまり肉の梅味噌漬け!伝説の家政婦 志麻さんの牛たたきレシピ。

牛かたまり肉を使った、牛たたきのおすすめレシピをご紹介します。 牛肉を…

おすすめ記事

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。

梅干しの漬け方をご紹介します。 私は10年ほど前から自家製梅干しを作っ…

梅酒の作り方。手作り梅酒のおすすめレシピ。

手作り梅酒のおすすめレシピをご紹介します。 私は10年ほど前から梅酒を…

山椒の実の下処理の方法。簡単な枝の取り方・アク抜き。

山椒の実のアクを抜く方法と、実に付いた枝の簡単な取り方をご紹介します。…

枝豆を蒸し焼きにする方法。栄養もムダなく取れます。

枝豆をフライパンで蒸し焼きにして火を通す方法をご紹介します。 管理栄養…

枝豆をレンジでチンする方法。時間は500wで5分。

枝豆を電子レンジでチンする方法をご紹介します。 群馬県沼田市の人気枝豆…

そら豆の茹で方。茹で時間は3分が目安です。

そら豆を色良く茹でる方法をご紹介します。 茹で時間の目安は3分くらいで…

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしはレンジでチンが一番美味しいです。 皮ごとならそのまま。皮…

豆腐の水切りがわずか3分でできる。レンジを使った裏ワザ。

豆腐の水切りは通常30分くらいかかりますが、電子レンジを使うと時短にな…

豆腐の保存!水は必要?容器はどうする?保存方法と保存期間を解説。

豆腐のおすすめの保存方法と保存期間をご紹介します。 料理に使い切れなか…

ロカボダイエットのレシピ。テレビで話題の糖質制限、お腹一杯食べてもOK。

ロカボダイエットのやり方と、ロカボダイエットのメニューをご紹介します。…

もち麦ダイエットの方法と効果!テレビで話題の茹でもち麦レシピ7品も。

痩せると話題のもち麦ダイエット。 フジテレビの「梅ズバ」やTBSの「名…

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。112日分メニューまとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを112パターンご紹介します。 112品すべて…

いちご酢のレシピ。飲みやすさが人気!作り方と効果、飲み方。

いちご酢のレシピをご紹介します。 TBSテレビの「教えてもらう前と後」…

世界一美味しいカルボナーラのレシピ。得する人損する人で話題。

日本テレビの「得する人損する人」で話題になった、世界一美味しいカルボナ…

小倉優子さんの人気レシピ。ゆうこりんの料理40品まとめ。

ゆうこりんこと、タレントの小倉優子さんの人気レシピを40品ご紹介します…

柳澤英子さんのやせるおかず作り置きレシピ。78品まとめ。

料理研究家の柳澤英子さんの人気レシピ78品をご紹介します。 柳澤さんと…

レモン酢の作り方2パターン。効果・飲み方・料理に使う方法も紹介。

レモン酢の作り方2パターンと、効果や飲み方、料理に使う方法をご紹介しま…

作り置きおかずの人気レシピ。常備菜にぴったりな料理160品。

作り置きにおすすめの人気レシピを160品ご紹介します。 当サイトでは、…

作り置き人気レシピ。夕飯のメインおかず向けの肉の常備菜54品。

プロが考案した肉料理の中から、常備菜におすすめの人気レシピを54品ご紹…

みきママの人気レシピ。節約簡単料理90品まとめ。

おうち料理研究家のみきママの人気レシピ90品をご紹介します。 当サイト…

超時短レシピ。10分以内で作れる人気料理286品まとめ。

10分以内で作れる時短レシピを286品ご紹介します。 当サイトではテレ…

超時短レシピ。3分以内で作れる人気料理95品まとめ。

3分以内で作れる時短レシピを95品ご紹介します。 当サイトではテレビで…

糖質制限ダイエットの人気レシピ。おすすめメニュー212品まとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ212品をご紹介します。 ダイエットや健…

銀だこが教える、たこ焼きのレシピ。家庭で作る方法。

人気たこ焼きチェーン店「築地 銀だこ」がすすめる、家庭でもできる、タコ…

最新記事

フェタチーズはギリシャの国民的チーズ。食べ方や保存など徹底解説!

ギリシャの伝統的なチーズ、フェタチーズについて、現地での経験を踏まえて…

フェタチーズのオイル漬け。ギリシャチーズの人気レシピを紹介!

ギリシャのチーズ「フェタ」を使った、「フェタチーズのオイル漬け」のレシ…

しらすの保存の決定版!釜揚げ・ちりめんじゃこ等の保存期間と保存食レシピ。

しらすの保存方法や保存期間について解説します。 また合わせて、しらすの…

しらすのオリーブオイル漬けレシピ。人気のペペロンチーノ風など2選。

しらすのオリーブオイル漬けのレシピを2品ご紹介します。 ペペロンチーノ…

ギリシャ・デロス島の見所を写真で紹介!行き方や歴史的背景も解説。

エーゲ海に浮かぶ古代ギリシャの聖地「デロス島」の観光情報を、実体験をも…