簡単で旨い!レタスしゅうまいのレシピ。桜えび&はんぺんでエビ焼売。

投稿日:2015年5月15日 更新日:

レタスしゅうまい

レタスしゅうまいのレシピをご紹介します。
タレントの北斗晶さんが考案した「レタスで包む なんちゃってえびシューマイ」です。

しゅうまいの皮の代わりにレタスの外側の葉を使い、しゅうまいの餡には、桜えびやはんぺんなどを加えます。
材料費と調理時間をおさえた節約&時短レシピですが、風味豊かでとても美味しいエビシュウマイが作れます。

しかも、電子レンジを使うので、調理も簡単。
エビシュウマイの超おすすめレシピですよ。

(一部情報元:TBSテレビ「あさチャン!」北斗ゴハン 2015年5月15日放映)

レタスしゅうまいのレシピ

レタスしゅうまい

「レタスで包む なんちゃってえびシューマイ」のレシピです。

調理のポイントは3つあります。

レタスの一番外側の葉を使う

普段捨ててしまいがちなレタスの一番外側の葉を、シュウマイの皮の代わりにします。
栄養がたっぷり含まれている外側の葉をいかすことで、食材の節約になります。

ちなみに、外側の葉が無い場合は、内側のきれいな葉でももちろん作れます。

むきエビの代わりに桜エビを使う

桜エビは、生のエビを買うよりダンゼン安上がりで、旨みもたっぷり出ます。

タネにハンペンを加える

ハンペンを使うと、シュウマイらしいふわふわの食感が簡単に出せるうえに、かさ増しにもなります。

材料

2人分:調理時間10分
レタスの外側の葉 適量
豚ひき肉 100g
玉ネギ 1/2個
桜エビ 10g+適量
ハンペン 1枚
片栗粉 大さじ2
A
醤油 大さじ1/2
みりん 大さじ1/2
大さじ1/2
おろしショウガ 10g

レタスしゅうまいの作り方

レタスしゅうまいの材料

エビシュウマイの材料は、豚ひき肉・玉ネギ・桜エビ・ハンペン・レタスの葉、そして調味料です。
これで大きめのエビシュウマイが10個作れます。

ちなみに、レタスの葉は、外側の大きめの葉を使って2枚くらいが、ちょうど良い量です。


レタスしゅうまいの餡をボールに入れる
まず、玉ネギはみじん切りにして、ハンペンは適当な大きさに切ります。
桜エビ(10g)は手で砕きます。

そして、豚ひき肉・玉ネギ・ハンペン・桜エビ(10g)・A(醤油・みりん・酒・おろしショウガ)をボールに入れます。


レタスしゅうまいの餡を混ぜ合わせる
ボールに入れた具材を、ハンペンを潰しながら、手でよく混ぜあわせます。

ハンペンは、あまり神経質に潰す必要はありません。
ちょっと大きめのかたまりが残っていてもOKだそうです。


千切りにしたレタスの葉に片栗粉をまぶす
レタスの葉は、1センチくらいの大きめの千切りにし、片栗粉をまぶします。


餡をレタスの葉で包む
続いて、シュウマイの成形をします。

まず、シュウマイのタネを、3センチくらいの大きさに丸めます。

そして、シュウマイの皮に見立てたレタスを、肉団子のまわりにくっつけます。
帯状のレタスをクルクルっと巻きつけるようにすると、きれいに仕上がります。


包み終わったレタスしゅうまい
レタスを巻き終わると、こんな感じになります。
仕上げに桜エビを飾ります。

そして、その上から、水を少々ふりかけます。

最後に、ラップをして、電子レンジ(600w)で5~6分加熱します。


レタスしゅうまい
できあがり!

桜エビの香りが食欲をそそる、さっぱりとした味のエビシュウマイが出来ます。

ハンペンのふわっとした食感がシュウマイらしく、また、レタスのサクサクとした食感も同時に楽しめて、とても面白いです。


レタスしゅうまい
ごく普通のシュウマイとくらべると、皮でタネを包む作業がかなりラクですし、レタスが一緒にたっぷり食べられてヘルシーなところもいいですよ。

エビシュウマイの超おすすめレシピです。

関連レシピ