時短でヘルシー!揚げないチキン南蛮のレシピ。ポン酢&砂糖でタレも簡単

投稿日:2015年5月25日 更新日:

揚げないチキン南蛮

油で揚げないチキン南蛮のレシピをご紹介します。

タレントの坂上忍さんが考案した「時短ヘルシーチキン南蛮」です。

油で揚げずにオーブントースターで鶏肉を加熱するため、ごく普通のチキン南蛮とくらべると、調理が簡単なうえに、カロリーを25%もカットできます。

また、チキン南蛮に添えるタルタルソースの作り方が、とてもユニークです。

ごく普通のタルタルソースは、ゆで卵・ピクルス・マヨネーズなどで作りますが、このタルタルソースは、ゆで卵の代わりに炒り卵を、そしてピクルスの代わりに高菜漬けを使います。
なお、ゆで卵ではなく炒り卵を使う理由は、調理時間をグッと短縮するためです。

さらに、甘酢タレの作り方も超カンタン。
ポン酢と砂糖を混ぜあわせるだけで完成します。

調理時間はすべて合わせて15分です。

(一部情報元:日本テレビ「有吉ゼミ」2015年5月18日放映)

揚げないチキン南蛮

坂上流「チキン南蛮」のレシピです。

材料

2人分
鶏ムネ肉 200g
4個
塩・コショウ 各少々
小麦粉 大さじ3(※)
サラダ油 大さじ1
玉ネギ 1/4個
マヨネーズ 大さじ8
きざみ高菜 小さじ1
ポン酢 大さじ4
砂糖 大さじ1

※情報元のテレビ番組によると、小麦粉の分量は「大さじ3」とありますが、もしかしたら表記を間違えているのかもしれません。実際に作ってみて私はそう思いました。
テレビの映像を確認すると、この倍近い量が入っているように見えます。
実際に作ってみると、衣はかなり薄付きです。
ですが、私はいちおうレシピ通りに「大さじ3」で試しました。

揚げないチキン南蛮の作り方

チキン南蛮の材料
まず、調味料以外の材料すべてを並べました。
鶏ムネ肉・卵・玉ネギ・きざみ高菜です。

鶏肉「200g」は、1枚弱くらいの量です。


炒り卵を作る
卵2個を使って、炒り卵を作ります。


鶏肉を観音開きにする
鶏肉は、火の入り具合を均等にするために、観音開きにします。

肉の中央から両サイドに向かって包丁を入れ、肉の厚さを同じくらいにします。


鶏肉を食べやすい大きさに切る
さらに、包丁の先で鶏肉をつついて軽く穴を開けてから、食べやすい大きさに切ります。
そして、塩・コショウをします。


鶏肉に衣をつける
次に、衣を作ります。

小麦粉・サラダ油・塩・コショウ・卵(2個)をボールに入れて混ぜます。
泡だて器を使うと、簡単に混ざります。

これを鶏肉の表面に直接つけます。

肉に衣をつけたら、オーブントースターで、10分加熱します。


タルタルソースを作る
肉を焼いている間に、タルタルソースを作ります。

みじん切りにした玉ネギ・高菜・マヨネーズ・炒り卵をボールに入れ、よく混ぜます。
マヨネーズ「大さじ8」は、ちょうど100gくらいです。

なお、レシピ通りに作ると、タルタルソースはかなり多めにできあがります。
1/2くらいの量でも、十分足りると思います。

衣も、けっこう多めにできます。
レシピの半分くらいの量で間に合います。


甘酢タレを作る
甘酢タレは、ポン酢と砂糖を混ぜるだけで完成です。


鶏肉に甘酢タレをかける
焼きあがった鶏肉に、甘酢タレをかけます。


チキン南蛮にタルタルソースを添える
そして、皿に盛り、タルタルソースを添えたら、できあがり。


揚げないチキン南蛮
タルタルソースをかけると、こんな感じになります。

さっそくいただいてみたところ、揚げていないうえに、衣が薄付きなので、とてもさっぱりとしていました。

衣をもう少ししっかりめにつけると、さらに「揚げたチキン南蛮」らしくなるかもしれません。
衣をつける前に肉に小麦粉をまぶしたり、衣にもう少し小麦粉を混ぜたりすると、もっと良い出来になると私は思いました。
そうすると、甘酢もより染み込みやすくなりますね。

小麦粉の量について

すでにお伝えしましたが、もしかしたら、番組が伝えた小麦粉の量が間違っているのかもしれません。
テレビの映像を確認すると、坂上さんが作った衣は、もっとドロっとしています。
小麦粉の量が、レシピよりもかなり多いように感じました。

有吉ゼミのホームページ

念のため番組のHPを確認しましたが、確かに小麦粉は「大さじ3」になっています。
ただ、卵の大きさによる違いも、影響しているかもしれません。

揚げないチキン南蛮
タルタルソースはとても美味しかったです。

ゆで卵の代わりに炒り卵を使っても、まったく違和感はないと私は思いました。

きざみ高菜の酸味と玉ネギの辛味がアクセントになっていて、鶏肉をとても美味しくいただくことができました。

関連レシピ