やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

ダイエットにもなる紫外線対策。専門家が実践しています。

投稿日:2015年5月27日 更新日:

紫外線のスペシャリスト、大阪大学医学部准教授の日比野佐和子さんが実践している、ダイエットにもなる紫外線対策をご紹介します。

日比野さんは、アンチエイジングの専門家でもあり、そうした側面から本も執筆しています。

肌のシミは、紫外線が元になってできることはよく知られています。
陽の光をたっぷりと浴びた後は、シミが出来る心配をしてしまうという方は多いのではないでしょうか。

でも日比野さんによると、最新の研究では、シミだけでなく、シワやたるみといった皮膚の老化の原因の8割が、紫外線だと考えられているそうです。

紫外線は、どうやら私たちが思っている以上に、肌に大きな影響を及ぼしているようです。

今日は、最先端の紫外線研究にお詳しい日比野さんがプライベートで実践している紫外線対策と、正しい日焼け止めの塗り方をお伝えします。

紫外線対策というと、紫外線をブロックすることばかりを考えがちですが、日比野さんによると、最新の紫外線対策では、「紫外線に強い体を作る」ことが大事。

しかもそうした強い体を作ると、同時にダイエット効果も期待できるそうです。

実際に日比野さんは、紫外線対策を行っただけで、たった3年で16キロもの減量に成功したご経験をお持ちです。
シミもちゃんと薄くなったようですよ。

(一部情報元:TV「林修の今でしょ!講座SP」2015年5月26日放映)

シミ・しわ・たるみを撃退する最新の紫外線対策

日比野さんによると、最新の紫外線対策で最も大切とされているのは、「新陳代謝を高めて、肌の生まれ変わりを早くすること」です。

たとえ紫外線のダメージを受けたとしても、代謝が良いと、シミやシワが出来にくくなるそうです。
またそれと同時に、脂肪が燃えやすい体になるので、ダイエット効果も期待できるというわけです。

代謝を高めることを念頭に、日比野さんは、次のような紫外線対策をしています。

新陳代謝を高める紫外線対策
  1. 1日5食。
  2. ホワイトオムレツを食べる。
  3. 風呂上がりに氷で首マッサージをする。
  4. 長時間外に出る時は、イチゴを1パック食べる。
  5. 日焼けしたあとは、ホットヨーグルトを食べる。

日比野さんのお考えをもとに、項目ごとに、その理由や方法を説明します。

1日5食

紫外線対策とはいえ、1日に5食も食べても良いなんて、何だか嬉しいですね。

近頃は「1日1食」をすすめる書籍が目立ちますが、日比野さんによると、紫外線対策としては、むしろ食事の回数を増やした方が良いそうです。

実際にビバリーヒルズでは、1日5~7食を推奨する専門家も多いとか。

1日3食だと、5食にくらべてどうしても一度にたくさんの量を食べることになり、血糖値が高い状態が続きます。
そうすると、体の中で余った糖が肌の細胞と結合し、紫外線の影響を受けやすい体に変えてしまうのだそうです。
ですから、少しずつ何度も食事を摂り、血糖値の急上昇をおさえることが、紫外線対策になるのです。

残念ながら、1日5回だからと言って、いつもよりも多く食べてはいけないようです。

1日の総カロリー量は増やさないように、1食分の摂取量をおさえる必要があります。

ホワイトオムレツを食べる

また日比野さんは、紫外線対策のために、「ホワイトオムレツ」を食べています。

「ホワイトオムレツ」とは、卵白だけで作ったオムレツのこと。

紫外線によってダメージを受けた肌が生まれ変わるには、タンパク質が必要不可欠。
卵白には、体に吸収されやすい良質なタンパク質が含まれてるので、肌の新陳代謝が上がり、シミを出来にくくする効果があるそうです。

黄身が入っていないオムレツなんて、卵を使わないカルボナーラと同じくらいナンセンスな気もします。
でも美容に効果があるんだったら、試さない手はないですね。

風呂上がりに氷で首マッサージをする

また日比野さんによると、お風呂上がりに氷を首に当ててマッサージをすると、代謝が上がるため、紫外線対策として効果的です。

温めたあとに冷やすというのが、ポイントのようです。

最新の研究で、首や鎖骨のまわりに「褐色脂肪細胞」という体の代謝を上げる細胞が、集中していることが明らかになったそうです。

この細胞は冷やすと活性化する性質があります。
そのため首や鎖骨のまわりを冷やすと代謝が上がり、肌の生まれ変わりが早くなるため、シミやシワが出来にくくなるというわけです。

なお氷で首を冷やすには、次のようにします。

氷で首を冷やす方法
  1. ペットボトルに8割くらいの水を入れ、口の方を上に向けて凍らせる。
  2. ペットボトルの口の部分を持ち、首や鎖骨のあたりを転がしながら2~3分ほど冷やす。すごく冷たいと感じる前にやめる。

ちなみに、ペットボトルに8割しか水を入れない理由は、持ち手を確保するためです。

ペットボトルの口の方は凍っていないので、手が冷たくならず、使いやすいそうですよ。

イチゴを食べる

さらに日比野さんは、長時間外に出る時には、イチゴを1パック食べてから出かけるそうです。

その理由は、イチゴには、抗酸化作用の高いビタミンCが豊富に含まれているから。

紫外線を浴びることで作られる活性酸素は、肌を攻撃してシミやシワを出来やすくします。
イチゴに多く含まれる抗酸化物質は、その活性酸素の働きをおさえてくれるのだそうです。

イチゴが入手困難な時期は、ビタミンCが豊富な別のフルーツを摂ると良いと思います。

日焼けしたあとは、ホットヨーグルトを食べる

次にご紹介するのは、日焼けした時の対処法です。

日比野さんによると、日焼けしてしまった後に最も大切なことは、「肌の生まれ変わりを早くすること」。

紫外線のダメージを受けた肌が早く剥がれ落ちてしまえば、シミにはなりにくいのだそうです。

そのために日比野さんは、「ホットヨーグルト」を食べています。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内を刺激すると、血流が良くなります。そうすると皮膚に栄養が届き、肌の新陳代謝がアップするのだそうです。

それと同時に肌の保湿効果が高まるという研究データもあるので、紫外線を肌から守る上でも、ヨーグルトには効果が期待できるようですよ。

なおヨーグルトを温める理由は、乳酸菌を活性化させるため。
40~50度くらいで湯煎すると、乳酸菌がより活発に働いてくれるそうです。

正しい日焼け止めの塗り方

最後に、日焼け止めの正しい塗り方をご紹介します。
日比野さんによると、日焼け止めには、紫外線ブロックの効果を高める塗り方があるそうです。

次のように塗ると、ムラなくきれいに塗れるようです。

日焼け止めの塗り方
  1. 日焼け止めを、額・両頬・鼻・あごの5箇所に置く。
  2. 指で肌にのせるように優しく塗る。

あらかじめ5箇所に分けて置くことで、均一にムラなく日焼け止めを塗ることができるそうです。

さらに「のせるように塗る」と、紫外線をブロックする効果は高くなるようですよ。

表層に分厚くのせるのがポイントです。

ちなみにすり込むように塗ると、日焼け止めが逆に落ちてしまうそうですから要注意です。

のせるように塗る方法は、手で一気にのばすよりも時間はかかります。
でも効果の違いがはっきりとあらわれるようですから、日々のお手入れに、是非取り入れてください。

画像引用元:Beach Palm Trees Riviera Maya by Grand Velas Riviera MayaDream beach #2 by Luis Ascenso Photography、Exotic Yogurt by Dan ZenMmm, strawberries! by Mrs. Gemstone

関連記事

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。112日分メニューまとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを112パターンご紹介します。112品すべてが、テレビで話題の人気料理をベースにしたお弁当。名店のシェフやレシピ本の…

こんにゃくのダイエットレシピ。人気料理11品まとめ。

ダイエットにぴったりのこんにゃく料理の中から、人気レシピ11品をご紹介します。こんにゃくは低カロリーで低糖質なので、ダイエットに向いた食材で…

乾麺うどんの茹で方。コシとモチモチ感がアップする専門家のレシピ。

乾麺うどんの上手な茹で方をご紹介します。うどんの専門家、工学院大学の山田昌治教授が考案した、2パターンのうどんの茹で方です。1パターンめは、…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているものが多く、…

グレープフルーツの冷凍・冷蔵。上手な保存方法。

グレープフルーツの冷凍・冷蔵の仕方をご紹介します。冷凍する場合は、皮をむいて実を取り出し、上の写真のように保存袋に入れます。また冷蔵する場合…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…

菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。

菜の花の人気料理と言えば、やはり、辛子和えは外せません。菜の花の少しほ…

高野豆腐の煮物。ジュワッと旨い!含め煮のシンプルレシピ。

高野豆腐の煮物の作り方をご紹介します。高野豆腐だけを使った、シンプルな…