やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

ダイエットにもなる紫外線対策。専門家が実践しています。

投稿日:2015年5月27日 更新日:

紫外線のスペシャリスト、大阪大学医学部准教授の日比野佐和子さんが実践している、ダイエットにもなる紫外線対策をご紹介します。

日比野さんは、アンチエイジングの専門家でもあり、そうした側面から本も執筆しています。

肌のシミは、紫外線が元になってできることはよく知られています。
陽の光をたっぷりと浴びた後は、シミが出来る心配をしてしまうという方は多いのではないでしょうか。

でも日比野さんによると、最新の研究では、シミだけでなく、シワやたるみといった皮膚の老化の原因の8割が、紫外線だと考えられているそうです。

紫外線は、どうやら私たちが思っている以上に、肌に大きな影響を及ぼしているようです。

今日は、最先端の紫外線研究にお詳しい日比野さんがプライベートで実践している紫外線対策と、正しい日焼け止めの塗り方をお伝えします。

紫外線対策というと、紫外線をブロックすることばかりを考えがちですが、日比野さんによると、最新の紫外線対策では、「紫外線に強い体を作る」ことが大事。

しかもそうした強い体を作ると、同時にダイエット効果も期待できるそうです。

実際に日比野さんは、紫外線対策を行っただけで、たった3年で16キロもの減量に成功したご経験をお持ちです。
シミもちゃんと薄くなったようですよ。

(一部情報元:TV「林修の今でしょ!講座SP」2015年5月26日放映)

シミ・しわ・たるみを撃退する最新の紫外線対策

日比野さんによると、最新の紫外線対策で最も大切とされているのは、「新陳代謝を高めて、肌の生まれ変わりを早くすること」です。

たとえ紫外線のダメージを受けたとしても、代謝が良いと、シミやシワが出来にくくなるそうです。
またそれと同時に、脂肪が燃えやすい体になるので、ダイエット効果も期待できるというわけです。

代謝を高めることを念頭に、日比野さんは、次のような紫外線対策をしています。

新陳代謝を高める紫外線対策
  1. 1日5食。
  2. ホワイトオムレツを食べる。
  3. 風呂上がりに氷で首マッサージをする。
  4. 長時間外に出る時は、イチゴを1パック食べる。
  5. 日焼けしたあとは、ホットヨーグルトを食べる。

日比野さんのお考えをもとに、項目ごとに、その理由や方法を説明します。

1日5食

紫外線対策とはいえ、1日に5食も食べても良いなんて、何だか嬉しいですね。

近頃は「1日1食」をすすめる書籍が目立ちますが、日比野さんによると、紫外線対策としては、むしろ食事の回数を増やした方が良いそうです。

実際にビバリーヒルズでは、1日5~7食を推奨する専門家も多いとか。

1日3食だと、5食にくらべてどうしても一度にたくさんの量を食べることになり、血糖値が高い状態が続きます。
そうすると、体の中で余った糖が肌の細胞と結合し、紫外線の影響を受けやすい体に変えてしまうのだそうです。
ですから、少しずつ何度も食事を摂り、血糖値の急上昇をおさえることが、紫外線対策になるのです。

残念ながら、1日5回だからと言って、いつもよりも多く食べてはいけないようです。

1日の総カロリー量は増やさないように、1食分の摂取量をおさえる必要があります。

ホワイトオムレツを食べる

また日比野さんは、紫外線対策のために、「ホワイトオムレツ」を食べています。

「ホワイトオムレツ」とは、卵白だけで作ったオムレツのこと。

紫外線によってダメージを受けた肌が生まれ変わるには、タンパク質が必要不可欠。
卵白には、体に吸収されやすい良質なタンパク質が含まれてるので、肌の新陳代謝が上がり、シミを出来にくくする効果があるそうです。

黄身が入っていないオムレツなんて、卵を使わないカルボナーラと同じくらいナンセンスな気もします。
でも美容に効果があるんだったら、試さない手はないですね。

風呂上がりに氷で首マッサージをする

また日比野さんによると、お風呂上がりに氷を首に当ててマッサージをすると、代謝が上がるため、紫外線対策として効果的です。

温めたあとに冷やすというのが、ポイントのようです。

最新の研究で、首や鎖骨のまわりに「褐色脂肪細胞」という体の代謝を上げる細胞が、集中していることが明らかになったそうです。

この細胞は冷やすと活性化する性質があります。
そのため首や鎖骨のまわりを冷やすと代謝が上がり、肌の生まれ変わりが早くなるため、シミやシワが出来にくくなるというわけです。

なお氷で首を冷やすには、次のようにします。

氷で首を冷やす方法
  1. ペットボトルに8割くらいの水を入れ、口の方を上に向けて凍らせる。
  2. ペットボトルの口の部分を持ち、首や鎖骨のあたりを転がしながら2~3分ほど冷やす。すごく冷たいと感じる前にやめる。

ちなみに、ペットボトルに8割しか水を入れない理由は、持ち手を確保するためです。

ペットボトルの口の方は凍っていないので、手が冷たくならず、使いやすいそうですよ。

イチゴを食べる

さらに日比野さんは、長時間外に出る時には、イチゴを1パック食べてから出かけるそうです。

その理由は、イチゴには、抗酸化作用の高いビタミンCが豊富に含まれているから。

紫外線を浴びることで作られる活性酸素は、肌を攻撃してシミやシワを出来やすくします。
イチゴに多く含まれる抗酸化物質は、その活性酸素の働きをおさえてくれるのだそうです。

イチゴが入手困難な時期は、ビタミンCが豊富な別のフルーツを摂ると良いと思います。

日焼けしたあとは、ホットヨーグルトを食べる

次にご紹介するのは、日焼けした時の対処法です。

日比野さんによると、日焼けしてしまった後に最も大切なことは、「肌の生まれ変わりを早くすること」。

紫外線のダメージを受けた肌が早く剥がれ落ちてしまえば、シミにはなりにくいのだそうです。

そのために日比野さんは、「ホットヨーグルト」を食べています。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内を刺激すると、血流が良くなります。そうすると皮膚に栄養が届き、肌の新陳代謝がアップするのだそうです。

それと同時に肌の保湿効果が高まるという研究データもあるので、紫外線を肌から守る上でも、ヨーグルトには効果が期待できるようですよ。

なおヨーグルトを温める理由は、乳酸菌を活性化させるため。
40~50度くらいで湯煎すると、乳酸菌がより活発に働いてくれるそうです。

正しい日焼け止めの塗り方

最後に、日焼け止めの正しい塗り方をご紹介します。
日比野さんによると、日焼け止めには、紫外線ブロックの効果を高める塗り方があるそうです。

次のように塗ると、ムラなくきれいに塗れるようです。

日焼け止めの塗り方
  1. 日焼け止めを、額・両頬・鼻・あごの5箇所に置く。
  2. 指で肌にのせるように優しく塗る。

あらかじめ5箇所に分けて置くことで、均一にムラなく日焼け止めを塗ることができるそうです。

さらに「のせるように塗る」と、紫外線をブロックする効果は高くなるようですよ。

表層に分厚くのせるのがポイントです。

ちなみにすり込むように塗ると、日焼け止めが逆に落ちてしまうそうですから要注意です。

のせるように塗る方法は、手で一気にのばすよりも時間はかかります。
でも効果の違いがはっきりとあらわれるようですから、日々のお手入れに、是非取り入れてください。

画像引用元:Beach Palm Trees Riviera Maya by Grand Velas Riviera MayaDream beach #2 by Luis Ascenso Photography、Exotic Yogurt by Dan ZenMmm, strawberries! by Mrs. Gemstone

関連記事

アンチエイジングに大敵な「紫外線A波」。日焼け対策は5月から強化すべし。

皮膚科医の吉木伸子さんは、今日放映されたテレビ番組(テレビ朝日「グッドモーニング!」)の中で、これから夏に向けた紫外線対策についてお話されて…

シェフが教える、ホワイトオムレツのレシピ。泡立て過ぎないのがポイント。

人気ホテル「ザ・キャピタルホテル東急」の中村直人シェフがすすめる、美味しいホワイトオムレツの作り方をご紹介します。ホワイトオムレツとは、卵白…

松居一代さんおすすめ。金運を上げる3つの秘訣。

お金に関して独自の持論をお持ちのタレント、松居一代さん。松居さんといえば、独特なお財布の収納法がよく知られています。松居さんは、お財布を専用…

トイレマットとトイレカバーを無くし、トイレ掃除を頻繁にしています。

つい最近まで私は、清潔なトイレマットとトイレカバーがトイレには欠かせないと考えていました。トイレマットとカバーは、私にとって、気持ちの良いト…

外反母趾の原因はハイヒールではない。足裏や足指の筋肉を鍛えて治す方法。

足の親指が人差し指の方にグッと曲がってしまう「外反母趾」。痛いんですよね。私は以前、外反母趾に悩んだことがあります。当時の私は、ヒールの高い…

おすすめ記事

さつまいものレンジでの蒸し方。短時間で柔らかく!ふかし芋の簡単レシピ。

さつまいもを電子レンジで蒸して、ふかし芋を作る簡単な方法をご紹介します…

さつまいもの上手な保存方法。常温、冷蔵、冷凍の3つに分けて紹介。

さつまいもの保存方法をご紹介します。紹介するのは、「常温」・「冷蔵」・…

栗ご飯のレシピ。シンプルな味付けが旨い!炊飯器を使った簡単な作り方。

栗ご飯のおすすめレシピをご紹介します。栗ごはんの炊き方にはいくつかの方…

栗の簡単な茹で方。茹で時間は50分!茹で栗の剥き方や保存も解説。

栗の茹で方をご紹介します。普通の鍋で茹でる方法と、圧力鍋で加圧する方法…

生落花生の茹で方と食べ方。旬の時期限定!水から塩茹でが一番。

生落花生の上手な茹で方と美味しい食べ方をご紹介します。生落花生の収穫時…

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

味噌汁の具材の組み合わせ人気100選。具だくさん味噌汁のアイデア集。

お味噌汁の具の組み合わせを、一挙にご紹介します。人気の定番レシピから、…

生落花生(ピーナッツ)の炒り方!レンジ・フライパン・オーブンを比較。

生落花生の炒り方(煎り方)をご紹介します。乾燥生落花生を、フライパン・…

なすの人気レシピ17選。簡単メニューからメイン料理まで一挙紹介。

なすの人気レシピ17品をご紹介します。レンジを使った簡単レシピや、メイ…

人参の人気レシピ22選。作り置きやお弁当おかずに便利な簡単人参料理。

人参の人気レシピを22品ご紹介します。当サイトの数多くの人参レシピの中…

さつまいもの蒸し方。簡単で美味しいふかし芋!鍋やフライパンでもOK。

さつまいもの美味しい蒸し方(ふかし方)をご紹介します。特別な道具がなく…

糖質制限ダイエットの人気レシピ88選。低糖質で簡単!食事メニューまとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ88品をご紹介します。使っている食材は、…

なすとひき肉の甘辛あんかけレシピ。丼にしても美味しい!和風簡単料理。

なすとひき肉を使った、醤油風味の甘辛おかずのレシピをご紹介します。なす…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

豚肉と厚揚げの簡単レシピ。濃厚でコク旨!豚こまの柔らか炒めの作り方。

豚肉と厚揚げを使った炒め物の簡単レシピをご紹介します。豚こま切れ肉・厚…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

くるみのスコーン。カリッと焼いたクルミが旨い!くるみたっぷりレシピ。

くるみスコーンのおすすめレシピをご紹介します。くるみをふんだんに使った…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮る…

梨の切り方と剥き方!基本からおしゃれ&かわいい飾り切りまで6選。

梨の切り方と皮の剥き方をご紹介します。基本からおしゃれなやり方まで全6…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

里芋コロッケのレシピ。少ない油で簡単!人気の和風おかずの作り方。

里芋コロッケのレシピをご紹介します。味付けに醤油をつかい、具材に長ねぎ…

ロシア語のアルファベット入力キーボード。変換不要!一覧から文字を選択

ロシア語のアルファベットを入力するためのオンラインツールです。一覧から…

牛肉のしぐれ煮。柔らかくて旨い!シンプルな甘辛煮の簡単な作り方。

牛肉のしぐれ煮(時雨煮)のレシピをご紹介します。しぐれ煮とは、しょうが…

里芋の味噌汁レシピ。具沢山で大満足!油揚げとねぎの組み合わせ。

里芋の味噌汁の作り方をご紹介します。里芋と組み合わせるのは、油揚げとネ…

いかくんとセロリのマリネレシピ。いかの燻製とセロリがかなりの好相性!

セロリといかくん(いかの燻製)を使った、簡単で美味しいマリネのレシピを…