やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

茹で鶏の作り方。鶏むね肉を柔らかくする方法。

投稿日:2015年6月3日 更新日:

調理科学の専門家 佐藤秀美さんがすすめる、鶏ムネ肉を使った、茹で鶏のレシピをご紹介します。

佐藤さんによると、茹で鶏は、あらかじめ鶏ムネ肉に砂糖を揉み込んでおくと、しっとり柔らかく仕上がります。

※ちなみに当サイトでは、佐藤さんの茹で鶏のレシピをもう1品紹介していますが、そちらの方が簡単で、確実にムネ肉が柔らかく仕上がります。
作り方は、鶏ムネ肉に片栗粉をまぶし、沸騰した湯に投入。すぐに火を止めてフタをして1時間置くだけ。
リンク先も是非ご覧ください。

また参考のために、料理研究家の有元葉子さんがすすめる、砂糖を使わない茹で鶏のレシピもご紹介します。

(一部情報元:フジテレビ「発見!なるほどレストラン」まさか!?の楽うまレシピ 2015年6月2日放映、「1回作れば3度おいしい作りおきレシピ」有元葉子著)

砂糖を使った茹で鶏の作り方

まずご紹介するのは、佐藤さんがすすめる「茹で鶏」のレシピです。

材料
鶏ムネ肉 1枚
砂糖 大さじ1/2
長ネギ 1/4本
ショウガ 少々
作り方
  1. 鶏ムネ肉と砂糖をポリ袋に入れ、よく揉む。
  2. ショウガと長ネギを薄切りにする。
    ショウガ・長ネギ・1を鍋に入れ、ひたひたくらいの水を注ぎ、弱火で茹でる。
  3. 冷めるまでそのまま置いたら、できあがり。

このムネ肉を試食したタレントのデヴィ夫人は、次のようにコメントしていました。

「これはもう全然違います。大変な出来ですよね。つまらないムネ肉が、こんなに美味しくなっちゃう。」

実際に試してみたところ、確かにしっとりとした、食べやすい茹で鶏ができました。

ただ、火加減や茹で時間によって出来栄えはいくらでも変わるので、私は、冒頭でもお伝えした通り、佐藤さんのもう1つの茹で鶏のレシピの方をおすすめします。
こちらの方がより明確なレシピになっているので、失敗せずに、ムネ肉を柔らかく仕上げることができます。

砂糖を揉み込むと肉が柔らかくなる理由

ところで、なぜ砂糖を揉み込むだけで、鶏肉はしっとり柔らかくなるのでしょうか。
佐藤さんによると、次のようなことが考えられます。

砂糖には、水分を抱え込む性質があります。
鶏肉に砂糖を揉み込むと、鶏肉の表面に付着した砂糖が、肉汁を含む水分を抱え込むため、加熱しても水分が逃げずジューシーに仕上がるということです。

ちなみに味の方は、砂糖の甘さは気になりません。揉み込んだ後に茹でてしまうため、味つけの邪魔にはなりません。

佐藤さんによると、鶏肉だけでなく、牛肉や豚肉も、同じようにして美味しくいただくことができるとのこと。
肉を家庭で美味しく料理する方法として、覚えておくと便利ですね。

次に参考程度に、料理研究家の有元葉子さんの、砂糖を使わない茹で鶏の作り方をご紹介します。

有元葉子さんの茹で鶏の作り方

最後に、参考のために敢えて、砂糖を使わずに「茹で鶏」を美味しく作る方法をご紹介します。

料理研究科の有元葉子がすすめる、茹で鶏の作り方です。

有元葉子さんは著書「1回作れば3度おいしい作りおきレシピ」の中で、次の4つのポイントをおさえると、しっとりジューシーで旨味たっぷりな茹で鶏と、濁りのないスープができるとおっしゃっています。

有元さんがすすめる茹で鶏の4つのコツ
  1. 決して煮立て過ぎず、ずっと弱火で静かに静かに茹でる。
  2. 加熱中に出るアクをまめに取る。
  3. ゆで汁に軽く塩味をつける。
  4. 茹で上がったら、ゆで汁に浸したまま冷ます。

有元さんは、茹で鶏に砂糖を使いません。

ちなみに有元さんも、先にご紹介した佐藤さんと同じように、鶏肉にヒタヒタの水・ショウガ・長ネギなどを加えて、茹で鶏を作ります。

佐藤さんの砂糖を使った茹で鶏のレシピと、有元さんの砂糖を使わずに塩味をつけるレシピ。
よろしければこの2つを、比較してみてください。
正直私には、あまり違いが分かりません。どちらも鶏肉が硬くなり過ぎず、美味しく仕上がると思います。

もしかしたら、砂糖を加えるか否かが重要なのではなく、茹で鶏は、火加減が大事なのかもしれません。
鶏肉を強い火で茹で続けるのは、絶対NG。
必要以上に加熱し過ぎない方がいいですよ。

関連記事

お弁当のおかず肉料理10品。運動会&お花見におすすめ。

お弁当のおかずにぴったりの、人気の肉料理10品をご紹介します。料理のプロや芸能人が考案したレシピで、冷めても美味しくいただける料理ばかりです…

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。112日分メニューまとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを112パターンご紹介します。112品すべてが、テレビで話題の人気料理をベースにしたお弁当。名店のシェフやレシピ本の…

塩麹の保存方法。開封後は冷蔵が基本!長期保存なら冷凍もおすすめ。

塩麹(しおこうじ)の保存期間について解説します。市販の塩麹は、開封前であれば、常温で保存できるものがほとんどです。常温といっても、直射日光の…

溶けたアイスのレシピ11品。余ったアイスは再冷凍ではなく料理に活用!

溶けたバニラアイスのリメイクレシピをご紹介します。溶けたアイスを何とか復活させたい!そんな時には再冷凍という手もあり、1時間くらい冷凍庫に入…

こんにゃくのダイエットレシピ。人気料理11品まとめ。

ダイエットにぴったりのこんにゃく料理の中から、人気レシピ11品をご紹介します。こんにゃくは低カロリーで低糖質なので、ダイエットに向いた食材で…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…

菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。

菜の花の人気料理と言えば、やはり、辛子和えは外せません。菜の花の少しほ…

高野豆腐の煮物。ジュワッと旨い!含め煮のシンプルレシピ。

高野豆腐の煮物の作り方をご紹介します。高野豆腐だけを使った、シンプルな…